2010年11月05日

東京ラーメンショー 北陸ラーメン博

2010-1103-162157988.JPG
田園都市線駒沢大学駅徒歩15分 駒沢オリンピック公園中央広場
『東京ラーメンショー2010 北陸ラーメン博 氷見ラーメンxなん・なん亭』
甘えびラーメン北陸2010 ¥750

続いて3軒目は個人的に気になっていた北陸ラーメン博の2軒のコラボ、甘エビラーメンを。
もう既にお腹が一杯になってきておりまして、小食の近頃としてはちょっと弱気にもなったりしたりするのですがもうちょっと頑張ろうかな、と。

さてこの甘えびラーメン、
薄味の魚介的白湯スープにエビがドカッと効いてとろろ昆布、モヤシ、シソミソ(?)、ナルト、ほぐしチャーシューなどなど。
全般的に薄味かなー、とか思ってたんですが、
この中のチャーシューだけに妙に味が付いておりまして、これを元に残りを攻めるという感じになりますかね〜。
丼には魚粉的なものが付いてまして、見た目通り変わり種が大集合してましてなんだかよく分からなくなってくる混沌の一杯。

うーん、なんとも言いにくいラーメンですが、ベタなラーメンの後だとかなり面白いと言えるかもです。
素で腹ペコな時に食べてみたかったなぁとか思ったりしつつ、なんとかもうちょっとだけ入るので頑張って行こうかな、と・・。

70点

東京都世田谷区駒沢公園
posted by teckl at 01:54 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | edit | その他

2010年11月04日

東京ラーメンショー 麺や庄の

2010-1103-154252803.JPG
田園都市線駒沢大学駅徒歩15分 駒沢オリンピック公園中央広場
『東京ラーメンショー2010 千葉道場三番勝負 麺や庄の』
幻の醤油らーめん ¥750

お次はやはり行列が少なそうな(笑)こちらの千葉道場三番勝負、日替わりの「麺や庄の」へ。
ここ、市ヶ谷だったりなのであまりレア度は無いのですが、
「幻の食材」とやらで煽られたので並んでみようかと。

で、幻の食材はなんぞや、と開けてみると「蝦夷鹿」でありました。
こりゃ確かになかなか喰えませんねぇw
鹿肉増しトッピングが200円でしたが、迷っているウチにスルーしてしまい。

で、早速食べようと思ってうろうろしている中で全然食べる場所が見つからず、気付けば時間が経ってしまい完全に麺が伸びてしまいました・・・。
鹿肉、ネタ的にはかなり面白いのですが、肝心のラーメンがせつなさに溢れる残念な見栄えに・・。
で、食べてみると・・・
んー、鹿本来の味は知らなかったんですが、まさにケモノベースの醤油スープといった塩梅。
蝦夷鹿肉自体はちょっとジンギスカン的な感じもしつつ、案外食べやすい感。でも苦手な人は苦手、みたいな気も。

醤油って感じより、動物系スープの方向に完全に押されちゃっているので、
確かにこういったイベント系の一発モノとしてはおもしろい一杯ですねぇ。
定番メニューにはさすがにアレかなぁ、と。
でもまぁ正直なところ、自分の不手際により伸びちゃってるのでノーコメントで・・・。

70点

東京都世田谷区駒沢公園
posted by teckl at 01:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

東京ラーメンショー 富良野 とみ川

2010-1103-154202478.JPG
田園都市線駒沢大学駅徒歩15分 駒沢オリンピック公園中央広場
『東京ラーメンショー2010 富良野 とみ川』
石臼挽き中華そば ¥750

今年で2回目の東京ラーメンショーが駒沢公園で11/3(水)から11/7(日)まで開催中。
ということで、朝10時からなのですが昼は混むだろうなぁ、とちょっと時間をずらして14時半くらいに歩いて向かいました。

出店も27ブースもあるっちゅうことで、そこまで混んでないんじゃないかなー、とか軽い気持ちで向かったのですが、
付いてみると見渡す限りの人だかり。はっきり言ってこれまでのつけ麺博も比較にならないほどの人であります・・。
ラーメンがここまで愛されているのを嬉しく思う一方で、1枚750円のチケットを買うだけでもさらに並ぶ必要があったりと、なかなか激しいスタートとなりました。

食べたいお店はいくつか決めていたのはありますが、とりあえず食べたかったので(失礼ながら)パッと見行列が少なそうな北海道・富良野のとみ川の列に並びはじめて見ることに。

んー、なかなか列が進まず・・・オフィシャルガイドブックを読み終わって50分ほどしてようやくありつける流れに。

こちら、富良野産小麦を石臼で挽き、地卵さくら卵を練り込んだという風変わりの自家製麺に、
無化調のすっきり節系醤油、三つ葉やネギ、味玉にチャーシューなどなど、
一通り良い感じに揃っております。

んー、苦労して並んだだけあって、しみじみうまいですねぇ・・。
不思議な食感のそばみたいな麺と、自然の味わいのスープ。
こうやって外で食べるのは本当に贅沢なひとときです。
あっさりして三つ葉が良いアクセントになりつつ、一杯目ということで味わう暇も無いまま速攻で食べてしまいました。

さて、まだまだ混みすぎてますが次へ行きますよ、と。

75点

東京都世田谷区駒沢公園
posted by teckl at 00:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2010年09月27日

宇奈月温泉 黒部

20100926_134652.jpg
富山地方鉄道宇奈月温泉徒歩6分
『宇奈月温泉 宇奈月グランドホテル お好み食事処 黒部』
ラーメン ¥800

密かに20年ぶりくらいの家族旅行に立山黒部アルペンルートエリアまでやってきまして、
トロッコ列車に乗ってみたり出張版おわら風の盆などなんかを堪能したりしながら夜は一人でしっぽり焼酎タイム。
で良い塩梅で酔っぱらってきたりしたので散策したらご丁寧なことにホテル内にラーメン屋さんが。
外の温泉街にも2軒ほど地元のラーメン屋さんがあったのですが、
こういういかにもな昔ながらの観光ホテルのラーメンって実は初めてかも・・・一度食べてみたかったんですよねぇ。

温泉ホテルにつきもののカラオケバーのグループ客も飲み疲れて寝静まった頃合い、
お隣のこちらはお客さんはゼロでもって、テレビやラジオがかかるでもなくひたすら静かです。
んー、たまには都会の喧騒を離れてシンプルにラーメンと1対1で向き合うっていうのも悪くないですねぇ。

カウンターではおかみさんが一人で丁寧に仕込みをしています。
メニューもひたすらシンプルにほぼラーメン・おにぎりのみ。

しばらくして出てきたのはシンプルな鶏ガラ醤油の中華そば。
結構縮れ麺がモチモチだったのは以外、実に王道の昭和の日本的ラーメンであります。
濃口醤油の色が濃いーく見えるのは富山ブラックを意識されているんでしょうか(違)。

と、添えられた刻みネギがシンプルな中にあって良い味を出しています。
東京とかだとアレに思っちゃうんですが、この温泉の落ち着いた環境で食べられるとどんなラーメンでもやはりうまいなぁ。。
最後はひたすらコショウで攻め続け、一滴残らずいただきまして部屋に戻って焼酎の続きを楽しんだのでした。

翌日は立山から黒部ダムまでケーブルカーやらトロリーバスやらを乗り継ぎ駆け足で観光。
ラーメンチャンスは少なかったですが、たまにはこういうベタな旅行もいいかもなぁ・・・。

72点

富山県黒部市宇奈月温泉267
posted by teckl at 23:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2010年08月17日

名古屋 喜多楽

100731-212153.jpg
地下鉄名城線東別院駅徒歩5分
『名古屋 喜多楽』
特製らぁ麺 しょうゆ ¥850

名古屋までタダで行けるっていうことで、日帰りではありますがちょっと乗っかって行きました。

用事も済み、さぁ飯でも食って帰ろうやってことでなかなか評判のよさげなこちらに。

今昔支那そばだと物足りなそうな気がしたので特製らぁめんを。
名古屋コーチンや奥美濃古地鶏とやらの動物系スープと、魚介節でダシの魚介系スープを合わせたというダブルスープは、さすがにうめぇっす・・。
上質な超和風ラーメンのお手本のような味で、一杯ずつ丁寧に仕上げているのが感じられるすばらしい味であります。

無化調の今昔支那そばの方も飽きが来ず、最後までしっかり味合わせていただきやした。
いやぁ近所にこういうお店が一軒欲しいですねぇ。

80点

愛知県名古屋市中区橘1-28-6
posted by teckl at 12:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2010年05月04日

名古屋 すがきや イオンタウン太閤店

DVC00594.jpg
名古屋駅徒歩4分 イオンタウン太閤1階
『名古屋 すがきや イオンタウン太閤店』
特製ラーメン ¥420

友人の付き合いで仕方なく日帰り名古屋に行くことに。
GWは混むだろうと徹夜で出発しましたが裏目に出まして東名で9時間ほどかかってしまいました。

休憩がてらにマックスバリューに来たところ、名古屋名物(?)噂のすがきやが。

白玉あんみつが200円、ソフトクリームMが90円とか軒並みガストの半額以下といった感じです。これはすげー。
スイーツとラーメンという組み合わせはいったいどんなものかと思いましたが、やはり子供達がメイン客のご様子。
家族連れやおばあちゃんなんかもいらっしゃっていて、これはオッサン二人で来ていいようなラーメン屋じゃありませんなw

さて、素ラーメンは290円でしたが、ちょっと奮発して特製ラーメンを。420円。

ちょっと幸楽苑的なのを想像してたんですが、む、こいつはゆるーい感じの超あっさり白濁豚骨スープ。
ほんのりカツオと塩気が効いた甘めのスープ。うむ、コクがw
けどこれはこれで、初めてなのに懐かしい感。
のびのびの麺もご愛敬。
レンゲというかスプーンがフォークみたいに先が割れてるヤツっす。
特製のトッピングはチャーシューと温泉玉子。
チャーシューは本当に業務用の例のお味です。
ラーメンこしょうを入れまくりでなんだかんだ言いつつも完食させていただきましたー。
こういう業務用のスープほどコショウが合うと感じちゃうのは自分だけでしょうか。

んー、この安さには素直に感服でした。
デザートも行ってみたかったなぁ。

72点

名古屋市中村区太閤1-19-24
posted by teckl at 18:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2010年04月25日

赤城高原SA上り おおぎやらーめん

100411_164140_ed.jpg
関越自動車道赤城高原SA上り
『赤城高原SA上り おおぎやらーめん 赤城高原SA店』
みそラーメンセット A ¥790

10年ぶりくらいのかぐら・みつまたスキー場で1年ぶりにたんまり滑って膝がガクガクに。で、帰りの渋滞に備えサービスエリアでまたもラーメンを・・。

こちらも予想以上にちゃんとした味噌になっていて、あっさりめの味は濃厚じゃないですが、普通に食べられます。

麺も太縮れの、それっぽいのでバターとかニンニクをガッツリ入れるとくるまやみたいに化けそうなとこですが、あいにくそれは無いんですよねぇ・・。

で、まぁそこまでは良かったんですが、このセットのチャーハンが・・・。
これぞSAという感じの、レンジでチン系のお味。あきらかに今炒めた感じじゃないなぁ・・・
・・・などと文句を言いつつも、結局胃袋におさまったのでまぁそれはそれというところですが、こういう非日常のラーメンもたまにはいいですねぇ。
どこのサービスエリアも昔の学食的なヤツから進化しつつあるんだなぁ、とかいろいろ思わされた今回の日帰りスキーでありました。

75点

群馬県利根郡昭和村大字森下字箱崎1650
posted by teckl at 23:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2009年10月27日

大つけ麺博 なんつッ亭

091025-201901.jpg
東京メトロ日比谷線日比谷駅徒歩1分 日比谷パティオ内
『日比谷 大つけ麺博 なんつッ亭』
青海苔つけ麺 味玉 ¥900

続いてはお隣のなんつッ亭へ。
古谷大将自ら店頭で指揮してお客さんとも気さくにやりとりされてます。

つけ麺なので茹で時間が若干かかりますが、こちらも10分程度で行けました。
自分の行ったタイミングでは最も行列してました。味玉を追加して900円。

六厘舎の反省を活かし、若干明るい席へ。
こちらは青海苔を主役に据え、麺の中に青海苔を刷り込んだ翡翠麺。
こりゃあユニークっすねぇ。

昆布・サバとカツオに豚骨のコクを合わせた和風豚骨とのことですが・・・
んむ、これは美味いっす。

なんつっぽいかはわかりませんが、麺の不思議な味わいとともに結構いけます。
時間が迫っていたのでやはりじっくり味わうことはできなかったんですが、
それでもやはりこいつも量少な目。
やすべえの大盛りの1/3くらいに感じます。
味玉はこのスープ・容器だとすぐに冷める事になってしまいちょっとアレだったかもなぁ、なんて。

80点

東京都千代田区有楽町1-4-1
posted by teckl at 11:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | その他

2009年10月26日

大つけ麺博 六厘舎

091025-200248.jpg
東京メトロ日比谷線日比谷駅徒歩1分 日比谷パティオ内
『日比谷 大つけ麺博 六厘舎』
つけ麺 ¥800

つけ麺だけの最大イベント、「大つけ麺博」が日比谷シャンテで開催中っちゅうことで、
すっかり夜になっちまいましたが超期待しながらやってきました。

むむ、完全屋外の出展ですか。
事前情報無しで屋内だと思ってたので薄着で大誤算。

何も決めてなかったのですが、見ると六厘舎がほとんど行列出来ていない・・・・。
まさかとは思いましたが、寒い真っ暗な中、10分ほど並びます。

で、出てきたのは・・・六厘舎らしからぬ真っ当な豚骨風つけ麺。
って食事スペースがほとんどライトが無いとこに座ってしまったため、
中身も良く見えないんですが実にインスタンツな味の印象・・・。
容器がプラスチックのアレなのはまぁ仕方ないんですが、
濃厚魚介豚骨どころか、魚介を一切使用しない乳化したさっぱり風味の豚骨スープ。

六厘舎的な特徴が完全に覆されたというか、この浅草開化楼(?)の細麺もなんだかありふれたものに感じてしまいます・・。

量が少ないのはまぁイベントなのでいいとしても、まったく予想しなかった展開に。
場所が場所だけに速攻で冷めちゃうので、スープ割りのポットなんかも欲しいところ。

まぁ単純にこんな夜遅くに真っ暗なところに座った自分がアレっちゃアレなのですが、
暗くて良く見えないってのは切ないもんで・・・。

チラシを良く見るとすべてオリジナルメニュー、と書いてあるので大崎本店の味を求めるのは酷だとは思いますが、
ちょっとこれで800円っていうのは正直がっかりっすねぇ・・・。
まぁ最強店だからこそできる冒険なのかもですが。

とりあえず1杯目、敢えて多くは語るまい・・・と

65点

東京都千代田区有楽町1-4-1
posted by teckl at 11:32 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(1) | edit | その他

2009年06月15日

魚津 はじめ家

090531-212156.jpg
JR北陸本線魚津駅徒歩14分 バイパス8号線青島西交差点
『魚津 吉村家直営店 北陸の虎 家系ラーメン はじめ家』
チャーシューメン キャベセン 濃い口 かため ¥790

ついに最終目的地へやってきました。
魚津から20分ほど歩いて8号バイパス沿いに神々しく輝く家系の看板。
家系御三家免許皆伝店の「北陸の虎」と言われるこちら。
やはりお客さんがひっこりなしにやってきます。
やっぱ美味いモノはどこでも共通なんですなぁ・・・。

ここまで来て酒井製麺の文字を見るとなんか戻ってきたような気になりますな。

とりあえず「キャベセン」なるトッピングを頼んでみたのですが、キャベツの千切りでしたか。

・・・お、あの醤油が攻めてくるような味は健在。
でも富山ブラックの後なのでむしろ味が薄く感じちゃいます。
スモークチャーシューの味は共通で旨し。
チー油も若干ライトめですが、パンチの効いたスープの底力と酒井の太短い麺との最高の相性。
うむー、ちょっと薄いとは言えやはり美味いですわ・・・。

生姜とラーメン酢を入れると別モノに変身。
今日3杯目なんですがスープがみるみるうちに無くなってきます。

うむー、美味かった・・・。これでもう少し醤油が強ければ文句なしだったんですが・・・。

ということで魚津駅から帰りも特急北陸で速攻で上野に着いてしまったのでした。

84点

富山県魚津市吉島67-1
posted by teckl at 12:35 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | edit | その他

2009年06月13日

富山 大喜

090531-193407.jpg
JR北陸本線富山駅 市電南富山行き西町駅そば
『富山 西町 大喜 本店』
中華そば 小 生玉子 ¥750

能登半島では七尾でレンタカーを乗り捨てまして、ここからは周遊券の強みを活かして特急で移動を。
金沢から富山に移動、となるともちろん目的は最近流行りの「富山ブラック」。
その総本山とも言える西町大喜へ市電で向かいました。

現地に着くも、ちょうど縁日で入り口がまったく見えない状態になっており本店は諦めかけたんですが、
ここぞという時のGPSを発動させ、どうにか店を見つけだしました。

こういった有名店などのお約束、サイン色紙がたくさん貼られています。
で、中華そば系のみの超シンプルなメニュー構成。
ビールやら酒系も一切なしで、ラーメンだけに集中させてくれるっちゅうヤツですな。

中華そば小が普通サイズなので、生玉子だけを追加。

で。
・・・さすが富山ブラック、確かになかなかに黒い醤油スープっす。
テーブルにはコショーは置いていないですが、最初っから粗挽き黒コショウがかかっており、
その下に太くてコシのある太麺が詰まってくれてます。

さて、そのスープを一口・・・んー、しょっぺぇw
んー、このしょっぱさはトップクラス。
濃厚、っていうのとも違い、さらにがんこ系の塩辛いのとも違う、いわゆるシンプルに濃い口な醤油が口の中に攻めてきてくださいます。
んー、この俺の味覚をもってしてもしょっぱ美味いとは・・・。
チャーシューも実に肉肉しくてかみごたえがあり、下手なチャーシュー麺よりも肉を堪能できます。

確かにこのしょっぱさが病みつきになるっちゅうのも分かる気がしますなぁ、でも身体にはあまりよろしくないよなぁとか考えながら、
でもやっぱしょっぱいのが好きな自分ですので、負けちゃいけないっちゅうことで
水を飲みのみしつつスープまで完了。
んー、手強い相手でしたが、しかし飲みきりました。
達成感もひとしおでしたが、やっぱり自分はどうせ濃いなら家系の濃いめで塩分を摂取したいかも・・・。
ということでこの旅行の最終目的地である魚津に向かったのでした。

78点

富山県富山市太田口通り1-1-7
posted by teckl at 19:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2009年06月12日

珠洲 見附茶屋

090531_135856_ed_ed.jpg
能登道路穴水ICから車で1時間くらい
『珠洲 見附海岸 見附茶屋』
能登岩のりラーメン ¥750

その後福井の東尋坊を廻ってから加賀温泉大聖寺の安宿で一泊しまして、翌日は北陸エリア最強のB級スポットとの呼び名が高いハニベ厳窟院を視察。
残念ながら毒入りカレー地獄やストーカー地獄など無くなってしまってましたが、げに恐ろしき地獄の数々を堪能した後は、能登半島の千里浜を通って珠洲市の見附島(軍艦島)で有名な見附海岸へ。
能登っぽいラーメンがあったので検証してみる事にしました。

岩のりラーメン、それ自体はオーソドックスな醤油ラーメンの上に岩のりが大量に載ったもので、まぁ良くあるといえばありそうな感じっす。
が、なんと言ってもこの窓際で軍艦島の海岸を眺めながらのラーメンってのも乙なもんでありました。
どうせならもう少し海鮮・磯系とかでやっちゃって欲しかったなぁ・・
とか思ったんですが、そもそもここって能登牛ずくしの能登丼1,800円が有名っぽいので、わざわざラーメンは食べなくてもいいのかなぁ、というのもまた。

70点

石川県珠洲市宝立町鵜飼1-38
posted by teckl at 14:40 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | その他

2009年06月11日

米原 伊吹家

090530-124513.jpg
『米原 手もみラーメン 伊吹家』
みそキムチラーメン ¥650

金曜の業務終了後、上野から寝台特急北陸でいきなりの北陸旅行へ。
金沢に朝6時についてからレンタカーを借りて何故か関ヶ原方面へ。
目的の伊吹山ドライブウェイが軽自動車なのに3000円という暴挙に我慢が出来ず、
結局「関ヶ原ウォーランド」という実にナイスなスポットだけ見てから、国道365号沿いを通って再び福井方面へ。
偶然通りがかって「家」の文字を見つけたので入店。まさかこんなところで家系っすか(喜)。

が、あの豚骨醤油というよりは味噌メインらしいので、素直に店の人おすすめの味噌を。
ついでにメニュー構成になぜかキムチが目立っていたので家系としては珍しいみそキムチ。
ダメもとで言ってみましたが、こいめ・かためなどはやっておらんとのことです。

お、想像以上に油たっぷりで濃厚っす。

家系的味噌、というよりは弱豚骨性の濃厚味噌。
モチモチの太麺にワカメ・キムチ・ネギでもう家系とは言えないですが、濃くて結構好きな味っす。
これ、普通にうまいかも。味噌にキムチってかなり相性良いんすねぇ。
スープまでさらっと完食して、敦賀の原子力館やらに向かったのでした。

78点

滋賀県米原市村居田834-6
posted by teckl at 12:02 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2009年02月19日

赤湯 龍上海

image/ramen-diary-2009-02-19T11:30:28-1.jpg
山形新幹線赤湯駅徒歩20分
『赤湯 赤湯ラーメン 龍上海 本店』
赤湯からみそラーメンラーメン ¥780

福島の峠を越え、蔵王の樹氷へ向かおうとするも途中路面凍結のため断念。
雪国はちゃんと調べてからじゃないと駄目っすなぁ・・・。
というわけでかみのやま温泉の100円の公衆浴場でひとっ風呂浴び、
ようやく胃がこなれてきたので山形県一有名な龍上海へ。

一昨年の新横浜ラーメン博物館以来です。
本店というのでどれだけ大きいものか想像していたんですが、
円形テーブルにみんな相席して座るタイプの懐かしい中華形式っぽいですな。
さすがにここまで来るとラーメン野郎だけじゃなく、地元のおばあちゃんもからみそを頼んでます。

さて、ひさびさのからみそ。
もちもちの太縮れ麺にピリっとくる辛味噌。
コクがあって芯からあったまります・・・。
辛味噌がどんどん溶けていくと、どんどん辛く、けどうまい。
複雑に絡み合って表現できない味わいですなぁ・・。

と、ここで連れのラーメン野郎はノーマルの赤湯ラーメンを頼んでおり、こちらは醤油。
こちらは辛味噌から一転してかなり甘くてはっきりした味。
野菜とホタテですかね〜。
そこにノリとまざってこちらも相当なレベルっす。
ん、っていうかぶっちゃけ醤油の方が美味い・・・w
んー、こっちをフルで食べたかったなぁ、
とか思いながら酒を買い込み一人3300円の妙に安い米沢のホテル平成へ向かったのでした。

79点

山形県南陽市二色根6-18
posted by teckl at 11:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2009年01月16日

博多 博多だるま

090112-164657.jpg
地下鉄七隅線渡辺通駅徒歩3分
『博多 博多だるま』
ラーメン650円

元祖長浜屋のあっさりの後は今度は超こってり豚骨へ。

天神からちょっと離れたところにぽつんとあるちょっとしたプレハブ的店内には芸能人の色紙がずらりと。
正直、旅行に出発する直前に同僚に教えてもらってはじめて知ったんですが、やっぱ超有名なんですかねぇ。

さておすすめっぽいトロ肉もためしてみたいところでしたが、時間も胃袋も迫っていたのでここは我慢。
一番ノーマルメニューのラーメンは、脂が浮き出て煮詰まったような想像通りのこってり豚骨。
長浜屋とは対照的で、茶色く濁った重厚なスープにあの豚骨臭もしっかりきやがってます。
んー、こいつはいけます。
極細麺もするするっと。

確かに濃厚こってりだけど味の方はそこまで濃くないので、
そこまでくどさも無くて、普通にこってり豚骨としておいしゅうございましたー。
家系野郎としてはもっと味も濃厚でも全然いけたんですがねぇ。

さて、まだもう少しだけ時間がありますな・・・と。

84点

福岡県福岡市中央区渡辺通1-8-26
posted by teckl at 12:00 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | edit | その他

2008年11月19日

西那須野 宇都宮餃子館

081103-164044.jpg
宇都宮線西那須野駅徒歩5分くらい
『西那須野 宇都宮餃子館 西那須野店』
昔風支那そば ¥500

いきなりのスーツ旅行も塔のへつりから大内宿、那須岳などへふらふらと。
そして那須高原の街道沿いに突如現れた日本唯一・戦争博物館などを検証。
戦時中の兵器やら最後の日本兵・横井さんのリアルな人形などなどかなり勉強になりつつ、行き当たりばったり旅行を堪能いたしました。

んで栃木と言えばということで締めに餃子を食べたいという健全な観光客パターンでいってきました。

このお店、宇都宮まで行かなくても栃木県内にいくつか点在している餃子チェーン店のようですな。
10種類近くの様々な餃子達。
スタミナ健太餃子・ニラ餃子・シソ餃子・激辛餃子・ニンニク餃子やらといろいろ試してみましたが、
自分的にはシソ餃子が一番気に入りました。

で。
らーめん日記ですからここで終わりというのもアレなので、
一番無難そうなノーマルラーメンをおそるおそるオーダーしてみました。

してその味は・・・まぁ昔風なのでこういう感じだろうなぁというそのまんまの感想でして、
鶏ガラダシの業務用プロ仕様に近いスープ。うむ。いかにも。

ラーメン的見地からは特に感情はありませんが、
やっぱり餃子って素晴らしいなぁ、とか思いながら大渋滞の東北道をゆっくり帰ったのでした。

54点

栃木県那須塩原市新南163-35
posted by teckl at 12:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2008年08月23日

式根島 上山食堂

200808231315000.jpg
『式根島 中華 上山食堂』
味そラーメン¥600

式根島に上陸しまして、泊海水浴場や中の浦海水浴場でのシュノーケリング、地鉈温泉、足付温泉などを楽しみつつ、かなり腹ヘリ野郎になってきたので腹を満たしにやってきました。
昔ながらのたそがれ系の佇まいで、おっちゃんおばちゃんが実にいい味を出してます。
「味そラーメン」というメニューを見た瞬間にこいつに決めてしまいました。
他にも「冷し中か」なるものも。

さてラーメンですが、野菜たっぷりでなかなか味噌のコクが効いていて濃厚な味そ味。
家庭的な味で、正直こういうの好きですなぁ・・。
細ストレート麺はちと柔らかめですが、まったりとしたその店内で島時間を満喫させていただきやしたー。

70点

東京都新島村式根島
posted by teckl at 19:11 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | その他

船上 さるびあ丸

200808230112000.jpg
『船上 さるびあ丸』
カップヌードルカレー ¥200

夜行フェリーさるびあ丸で伊豆七島の式根島への途中にフェリー内の自販機にて。
やっぱこういう場所で食べるラーメンってのは無条件で美味いもんでありますなぁ・・
結構食べたんですが、焼酎をちびちびやってるとなんか止まらなくなってきやして、結局醤油のカップヌードルも行ってしまいました。
酔っぱらいにとってのカレー最強。
ってことで一瞬で平らげてしまったのですが、
酒が進み、油断していたらカップヌードル(醤油)とシーフードヌードルの空容器が転がっていたのでした・・
ううむ恐ろしい事もあるもんですね・・

75点

伊豆七島航路
posted by teckl at 13:28 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2008年08月15日

自宅 モンスタージャージャー麺

080805-003306.jpg
『自宅 モンスタージャージャー麺』

前回ちょろっと紹介させていただいた「モンスタージャージャー麺」ですが、
幸運なことにいただきものをしてしまいました。
ってことで早速作らせていただきます。
作ると言っても麺と具材を茹でただけなんでラ王とかとほとんど変わらないんですが。

で。
味は見た目通りに濃厚・チョイ辛の肉味噌達で、こいつマジふつーに美味いっす。
味が自分向けにしてくれたのかと思うほど普通に濃いめなのでビールにかなり合います。んむ。
スーパーに行くのとか面倒だったので何も具を入れなかったのですが、
しっかり挽き肉やらが入っており、ぐちゃぐちゃに混ぜてみるとそのへんのまぜそば的に楽しめます。
まぁちと寂しくはあるのですが。

麺は加水率高めのモチモチめ、かつ自分でやったので当然好みの硬めの中太麺に。
これ、ちゃんとした人が作ったらさらに別物に化けるのかもしれないですが、
まぁ自分的に最もポイントは作るのが超楽なことですな。
湯を沸かして40秒茹でるだけ。すばらし。

別にまわしもんじゃないですが、
これ、もちっと安ければ普通に家に置きたいとこだなぁ・・・

72点
posted by teckl at 13:34 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他

2008年08月12日

河口湖 バーミヤン

080803-022846.jpg
富士急行河口湖線河口湖駅から車で3分
『河口湖 バーミヤン 河口湖店』
バーミヤンラーメン 餃子 ¥608

さて、いよいよ夏本番ってことで、
検証のため、深夜の山梨県・富士の樹海にやってきました。
樹海自体は数年前の検証時に一度怪奇現象に遭遇してましたのでその時のリベンジです。

とその前に腹ごしらえをということで、河口湖畔周辺を走るもどこのラーメン屋も開いておらず。
くるまやラーメンも無くなってしまったんでしょうかねぇ・・。
てなことで選択の余地もなくこのバーミヤンにお世話になりに来ました。

基本メニューのバーミヤンラーメンは、シンプルな甘い鶏ガラ醤油のドシンプルなヤツですねー。
可もなく不可もなく、
コショウを入れると結構いけるところは基本をおさえた定番なやつでありますな。
餃子・深夜料金を含めてもこのお値段、悪くないです。まぁ幸楽苑寄りの方が好きではありますが。

それなりに満たされたところで富士風穴方面へ向かったのでした。

67点

山梨県南都留郡富士河口湖町船津392-5
posted by teckl at 13:05 | 東京 🌁 | Comment(3) | TrackBack(0) | edit | その他

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。