2004年09月01日

蒲田 くう快

image/ramen-diary-2004-09-01T02:04:39-1.jpg
JR蒲田駅西口徒歩7分
『蒲田 くう快』
ラーメン 味こいめ 麺かため 辛味少なめ ニンニク少なめ 味玉 替え玉 ¥850

リニューアル後、はじめて来てみた。
えーと、感じた点がたくさんありました。
まずシステム面として、一蘭・康竜方式を採用した点。好みを明確に書けるっちゅうのは良いことだとは思うんですが、いかんせんこの店内であの店員を呼ぶチャイムは必要ないんちゃんうん?って点。もちろん誰もつかっておらず、みんな直接替え玉を頼んでました。あれ使うほど殺伐な雰囲気にはなっておりませんので。
次にスープ。こいつは、以前と比べ、唐辛子とかニンニクが入って一瞬結構変わったように思えたんですが、やっぱり後半単調に感じてしまいましたなぁ・・
もっと、濃厚でしょっぺぇってくらいが一番好き。関東豚骨醤油って聞くとどうしても五右衛門とかを想像しちまうもんで。どうせならオーダーシートに『味超こいめ』とか入れて欲しいかと。
特に、替え玉をするときはスープの素とか置いといてくれないと、味が薄く感じてしまったり。
麺は以前より細&ツルツルになっており、こいつは評価できますな。どうせなら好みでもっと極細に出来たらおもろいかも。替え玉要員として。
味玉はここ最近では珍しくなった純粋な味付きたまごで、なんか懐かしくてよろし。
まぁいろいろあるんですが、スープの点、よろしくたのんますですよ。

59点

東京都大田区西蒲田7丁目


posted by teckl at 02:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年08月23日

蒲田 青葉 蒲田店

image/ramen-diary-2004-08-24T02:14:17-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩8分 工学院通り沿いスリーエフ先
『蒲田 青葉 蒲田店』
特製中華そば ¥850

すげー絶妙なところにあるもんで。
今までこちらには来たことも無かったんですが、こんなところにこの名店があったとはねぇ。
とか言って自分は飯田橋店しか行ったことのねぇなんちゃって野郎ですが、すみません。
でまぁ、この店、20時半に来たんですが、空いてるんですよこれが。あの青葉がですよ。
まぁ、空いてるって事は一般的にはあんまりよからぬように受け取られがちで、ここもそうなんかもーってちょっとゲンナリ気味で食してみたところ、こいつがやっぱり青葉なのでした。
一瞬、あ・・やっぱスープのバランスとかそれなりかも・・・とか思ったんですが、ベースがもう十分なほどうめぇんで、これでいつでもすぐ食えるとしたら実によろしい感じですと。
正直、煮玉子も飯田橋店と比べたらあんまり浸けてないのかどうか、イマイチ感があったんですが、チャーシューの脂身のところで十分挽回できたわと私の味覚は申しております。
一般人の味覚は知りません。
で、何度も言いますが、ここのレベルで並ばなくて済むなら実用度高いかな、と。多少遠いんで、結局使うかどうかは人次第、md次第ってとこですかねー。

68点

東京都大田区西蒲田5丁目
posted by teckl at 20:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年08月20日

蒲田 上弦の月

image/ramen-diary-2004-08-21T00:20:29-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩5分 インディアン裏・東急池上線線路脇
『蒲田 上弦の月』 
ラーメン大盛 のり増し ¥550 スーパードライ×2 ¥300

盆休み明け、ついに今日から我らが上弦様も復活となりました。
この店でスーパードライをちびちびやりながらマンガを読むのがしょっぱいリーマンのひそかな楽しみであったりするのですよ。
今日はやはり盆後の営業を心待ちにしていた上弦信者達が行列を作っており、いつもよりヒヤヒヤしながらビールをかっくらってマンガを読む。だがおかみさんは一向に動揺することもなく、普段と変わらぬ超丁寧な接客を続けている。
ラーメンがやってくる頃には二杯目に突入、今日も結構愉快になってしまい、ラーメンの印象があまりないんですが、それはそれ。
やはりここは麺固めにしない方がうまげな感じですな。
チャーシューも本日ラストに滑り込みで間に合いまして、このさっぱりめの肉片は二郎と正反対であり、そりゃまたうまいもんで。
これでしめて850円ですか。いい、実にいいですよ。

64点

東京都大田区西蒲田7丁目
posted by teckl at 23:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年08月19日

蒲田 ラーメン二郎 蒲田店

image/ramen-diary-2004-08-20T00:01:47-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩2分
『蒲田 ラーメン二郎 蒲田店』
ラーメン 焼豚 ヤサイ・味濃いめ ¥670

空席があったら入ろうと思い、しょっちゅう帰り際に様子をみていたのだが、ついにその時は訪れました。
久しぶりでニンニク少しで頼むのを忘れてしまい、濃いめを言うのにキョドってしまう。。むぅ、既に二郎軍のペースにはまっている。

で、待つこと8分、いつものように異様にデカイ奴が目の前に姿を現した。もちろんこれ、大盛でもなんでもありやせん。
箸を付ける順番を間違えたら即崩れちまうため、一瞬の油断も許されない。
まず上方のヤサイ(モヤシ群)を処理しているだけでもう既にこちらの戦力は大幅に削られてしまい、うどんなんかよりぶっとい麺は胃の中で更に増殖を続けていく。うぉ。
非常に味の分かりやすいスープはどちらかといえば結構好みなのであるが、さすがに後半戦、背油たっぷり・胡椒大量投入の中の肉片ともいえる焼豚部隊の猛攻により、微妙に夏バテ気味の我が軍は降伏より他に選択肢を無くしてしまったのだった・・。
油断したわ、ジロウ!

60点

東京都大田区西蒲田7丁目
posted by teckl at 23:15 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(1) | edit | 蒲田

2004年08月17日

蒲田 らーめん 旭屋

image/ramen-diary-2004-08-18T01:30:47-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩3分
『蒲田 旭屋』
塩らーめん 大盛 麺固め ¥750

一度食べただけですが、たまに無性に食べたくなったりしてちょこちょこ店の前に来るたびに閉まっていて、今日2年ぶりくらいに開いてる時間に来ることが出来ましたー。てか単にかまんたとかにいつも寄り道してるだけじゃんって話は無しで。
久々の雨だからか、21時閉店のちょい前に入ってみると、先客は1人のみ。
ふむー、今は流行ってないのかなーって思いながらも、こういった雰囲気は好きなんで、まんざらでもなかったんですが、閉店直前になってリーマン連れ・風俗系おねえさま・そのへんのオッサンがばたばたと入ってきて騒がしくなってしまいました。
肝心のラーメンはといいますと、やはり以前の山頭火風塩ラーメンの雰囲気は残っているんですが、どうも前食べたときより印象が薄くなってしまっております。
もちろんうまいことはうまいんですが、なんでしょうかねぇ、もう一つスープの深みが足りないというか、とんこつのクセが強いっていうか、前はむしろ山頭火よりもずっとうまくて最後まで飽きなかったような濃厚さがあった気がしたんですが。
今日のは後半スープ全部飲むのに飽きてしまった・・・うーむ。チャーシューはうまいんですが。
自分の記憶が当てにならないんでしょうか。
当時のラーメン日記を見てみると
『レベル高い
 
 81点』
とだけ書いてあるんですが・・。80点以上なんて普段まず書かなかったと思うんで。
まぁまだ評価してしまうには早いんかな、っつーことで、また検証に来ることにしまして。

54点

東京都大田区西蒲田8丁目
posted by teckl at 20:40 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年08月06日

蓮沼 インディアン

image/ramen-diary-2004-08-06T23:46:21-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩10分 東急池上線蓮沼駅徒歩1分
『蓮沼 インディアン本店』
半カレーライス支那そばセット ¥1000

つーわけで、酔っ払っている帰り道ですが今日の釣果をば。
ひょんな事から昼インディアンに成功したわけでありますが、眠いんで手っ取り早く感想を。
んー、この前の蒲田西口店よりはちょっと味わえた気もするけど、やっぱ味薄ーってのが正直なところ。
シンプルな魚介ダシに塩のみの支那そばはある意味潔いし、ここのカレーもやはり焦げる寸前的スメルですが、昼間なら許してやらんことも無いかと。
いかに長く続いていてもやはりそれなりに味を変えていかないならそれ相応かな、と。
あ、でもチャーシューはやはり別格で普通にチャーシューのみのがいいんじゃねぇかと。
そう思うやつもいるわけで。そらコロラドでテイクアウトしようとして断られるし、ラーメンダイニングじゃんけんなのにラーメンも出てこないわな。

62点

東京都大田区西蒲田7丁目
posted by teckl at 23:46 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | edit | 蒲田

2004年08月04日

蒲田 上弦の月

image/ramen-diary-2004-08-04T23:54:40-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩5分 インディアン裏・東急池上線線路脇
『蒲田 上弦の月』
チャーシューめん 大盛 味濃いめ ¥600 スーパードライ×2 ¥300

またまた来ちまいました。すっかり恒例のこの店ですが、今日はまだチャーシューが残っておりますた。
チャーシューめんが550円ですか。
壁に「食材原価300円、食材原価率66%」とか書いてありますが、これで良いんでしょーか?つーかその辺のボッタ店はどうなりますか?
いつもの様にドライを流し込みながらラーメン発見伝を読んでいると、売切れな筈の味付玉子を今日も貰ってしまいました。更に味の調節までしてくれちまいやがる。なんでこんな店がありますか?平和万歳ですか?さとうきび畑の完全版ですか?
あと、この店は麺普通がよろしいかなと思いはじめた今日の良き日。ねむい

68点

東京都大田区西蒲田7丁目
posted by teckl at 23:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月30日

蒲田 紅花飯店

image/ramen-diary-2004-07-31T23:36:32-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩7分
『蒲田 紅花飯店』
ランチセットA ¥730

久々のラーメンランチ。
街角の中華屋なわけですが。
こういう店に限って意外にうまかったりする。といいなぁなんて。
さて、でどうだったんかと言いますと、まぁ予想よりは上々でした。
麺にコシがあって、ほんのり甘いトリガラスープは昼間にちょうど良いかもー
真昼間から濃厚こってりニンニクのなりたけ野郎じゃ仕事に支障がないとも言えんしね。
それと、セットの半炒飯の方がむしろ旨かったかも知れないですな。普段食べ慣れていないだけとも言えなくも無いですが。

57点

東京都大田区西蒲田7丁目
タグ:蒲田 中華 醤油
posted by teckl at 12:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月29日

蒲田 天下一品 蒲田店

image/ramen-diary-2004-07-29T23:45:07-1.jpg
JR京浜東北線駅西口徒歩3分 エルニド奥・喜多方坂内向かい
『蒲田 天下一品 蒲田店』
ねぎラーメン こってり ¥750

あまり書く元気が無いのであります。
もうね、最近のヒキと言うか、6でも無駄というか、まぁ長い目で見りゃあ結構なもんだと思いますのに。
毎日そんなんで着実に納得がいかない感じの日々ですが、こんな時にラーメンなんか喰ってる自分。

えとですね、ここの天下一品はスープライスセットとビールの割引が無いのですね。むぅ。
ねぎラーメンなんて普通のメニウを頼んだはよかったが、正味の話が大盛のが顧客満足度は高かったと結論。九条ねぎはありがたがられるものかもしれんけど、上弦の月なら麺増し・海苔増しが出来て釣りが来てしまうんですか。
なんか今日は微妙に麺茹で過ぎだし。帰りに雨降り出すし。
とか何とか言っておきながら、やっぱここ旨いわ。もっとスープを入れれ。

70点

東京都大田区西蒲田7丁目
posted by teckl at 23:45 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月28日

蒲田 上弦の月

image/ramen-diary-2004-07-29T00:09:42-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩5分 インディアン裏・東急池上線線路脇
『蒲田 上弦の月』
らーめん 大盛 のり増し 味濃いめ 麺硬め¥550 スーパードライ¥150

また来ちまいました。実に面白みの無い展開。まぁ単に昨日読みかけていたラーメン発見伝の10巻が読みたかっただけな可能性もなんとやら。
つーか、この辺でこの時間までやってる店が少な過ぎですよ。マンガ喫茶はシャワー付き個室で朝まで2100円ちょいっていう優良店があるのに、実に勿体ない。
さて、この店、壁の蘊蓄を見ていると、麺は武蔵と同じ製麺所の大栄食品っちゅーとこらしい。普段麺はあんまり気にしたことないんでようわからんですが。
今日もやはり半熟玉子とチャーシューは売切れ。
なんでのり増し50円を追加してみた。
当たり前だがほぼ昨日と同じ味。さすがにこの味、毎日喰うのはなかなか厳しいものがありますな。1ヶ月毎日マックしか喰っちゃいけない米映画があるようですが、思ってるよりかなりハードとみた。
麺硬めにしたのを少々後悔しつつ、本日もマンガでドライをちびり。
これでも700円。
あぁ恐ろしや。

65点

東京都大田区西蒲田7丁目
タグ:蒲田 醤油
posted by teckl at 23:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月27日

蒲田 上弦の月

image/ramen-diary-2004-07-28T00:28:45-1.jpg

JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩5分 インディアン裏・東急池上線線路脇
『蒲田 上弦の月』
らーめん 大盛 味濃いめ 麺固め¥500 スーパードライ¥150

すげぇ。
安すぎる。
普通に二郎に勝るのではないか。
ちゅーか、今日びスーパードライ350ml缶が150円て。
売れれば売れるほど赤字って奴ですか。
学祭のボッタビールの半額。発泡酒でも頑張って150円だったというのに。
・・えーと、まぁそんなわけなんですが、ただ安いだけじゃなく、店の女将さんの接客が丁寧過ぎる!
食べ終わって帰る客に「ありがとうございました」以外に「お忘れ物ございませんか」とか、「おやすみなさいませー」って。
閉店前で偶然余ってたからって客全員に煮玉子までタダでくれちまうもんですか?
ラーメン屋でこの値段だったらもっと殺伐としてるもんなんじゃないんですか。Uの字テーブルの向(ry
で、更にラーメンの方はなかなかなんですよ。
例えるならばちょい豚骨を少なめにした家系と言ったところですか。
これでこの価格・・さては、資本主義崩壊を目論む反社会的組織に違いない。腹が減っていたので油断していたらドライのたった二本で酔っ払ってしまったじゃないか!まだ火曜だと言うのに帰りが非常に愉快だ、どうしてくれる!!

68点

東京都大田区西蒲田7丁目
タグ:蒲田 醤油
posted by teckl at 23:28 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月22日

蒲田 ラーメン炎月

image/ramen-diary-2004-07-23T00:18:56-1.JPG

JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩2分 らーめん二郎向かい
『蒲田 ラーメン炎月』
炎月焼ネギラーメン トッピング野菜 ¥700

二郎で食べようとするも行列、しゃーないんでこちらに冷し中華を食べに入ったが、売切れらしい。
ってなわけで、コイツに決定。
今日も注文してからかなり長めに待たされ、出て来たそいつは見た目なかなかの充実感。
が、食べて切なくなりがちな普通の薄味系醤油ラーメンであった。
というのもこの店、辛メニューで売ってるので、その他のメニューはちょっと軽視してるんでは?
期待の焼ネギも、まぁたまに入れ放題として置いてある焦がしネギというか、簡単に言っちまうとあんまり好きな感じでは無さそうだった。
チャーシューも見た目はかなり良さげ、んだけど中身は中国とかでよくあるアレの香りがして。まぁ野菜がキャベツで意外に一杯入ってはいたが。

47点

東京都大田区西蒲田7丁目
タグ:蒲田 醤油
posted by teckl at 23:27 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月21日

蒲田 和鉄

image/ramen-diary-2004-07-23T00:00:00-1.JPG
JR京浜東北線蒲田駅東口徒歩2分 みずほ銀行裏
『蒲田 和鉄』
和鉄つけそば 大盛 ¥850

そして現実へ・・
今日は開いてるうちに間に合いました。青葉に感銘を受けて始めたとされるこの店。
感想ですが、んー、結構青葉っぽいとは言えますが、やはりというか、所々で青葉っぽくなさが感じられました。
なんかこう、あと一歩再現出来てない感じ。
スープのあの魚介ダシはちょっと弱めで、この辺はケチらずにガンガン行って欲しく候。
とか言いながらもスープは飲み干しますが。
そんなこんなで気が付いたら誕生日だったりした蒲田の夜であり、散々呑んで帰ったら川崎駅で人身事故でありました・・

62点

東京都大田区蒲田5丁目
タグ:蒲田 つけ麺
posted by teckl at 20:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月14日

蒲田 らーめん一番 蒲田・区役所前店

image/ramen-diary-2004-07-14T23:42:26-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅東口徒歩5分 駅より環八合流地点
『蒲田 らーめん一番 蒲田・区役所前店』
ラーメンと餃子セット トッピング味付玉子 ¥440

香花に行ったつもりが、閉まっていたためなぜかこちらにいやがりました。
この店、なんとデフォルトのびっくりらーめんが180円!!
餃子とセットでも350円!
味玉なんて、70円!実に中途半端で素晴らしい!!
ここ数年で、はっきり言って一番安い!その辺の下手なカップラーメンより安い!あのポポ地下ラーメンよりも安い!蒲田スゲー!たまんねぇ!

んでその味は・・一言で言えばラーメン館・日高屋よりも少しまずい!
具体的に言うと、後半餃子のタレをトポトポ入れるくらいまずい!
でも安い!中ジョッキ頼んでも楽に800円切るくらい安い!
こんなに安いのに、チラシ持っていくとさらに30円安くなっちまう!
やっぱ蒲田凄すぎるよアニキ!!!

43点

東京都大田区蒲田5丁目
タグ:蒲田 醤油
posted by teckl at 23:42 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月13日

蒲田 つけ麺大王 東口店

image/ramen-diary-2004-07-13T23:45:37-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅東口徒歩1分
『蒲田 つけ麺大王 東口店』
野菜つけ麺 ¥500(普段は¥800)

歓楽街をふらふらとラーメン屋を探して歩く。しかしこういう時に限ってつけ麺大王しか見つからぬ。何故か蒲田には大王の系列が多いみたいだが、正直、ちっとも食い気をそそられなかったもんで。
が、そんな考えも迫り来るポン引き達の攻撃でもうタジタジ。ついには大王に屈する事に。
どうやら日替わりが正規メニューよりも異常に割安であったので、ここはひとつ、素直に従いましょうや。
店内は大音量で演歌が流れ、客はこの立地にふさわしく、みな香ばしい雰囲気を漂わせている。言うまでもないが、店員さんは怪しげな日本語。
・・で、何故か異様に早くその野菜つけめんはやってきた。
お、500円にしちゃーなかなかうまいじゃないか。はっきり言って全く期待などしておらんかったので、無性にお買い得感。
野菜の具の部分は、その辺の中華屋で言うところの野菜炒めがつけダレの中にどっちゃりと入っていて、まぁラーメンとしての完成度は知らんが、野菜炒め野郎の私としては気に入った。
大王、使えるじゃん!

ま、日替わりじゃなかったら頼みませんが。

63点

東京都大田区蒲田5丁目
タグ:蒲田 つけ麺
posted by teckl at 23:45 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月08日

蒲田 インディアン 蒲田西口店

image/ramen-diary-2004-07-09T23:58:48-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩5分
『蒲田 インディアン 蒲田西口店』
支那そばと半カレーライスセット ¥1000

武田流古式カレーライス。ここよりも美味しい店があったら教えて欲しいとまでの自信。
そのカレーに何故か支那そば。
これはただ事ではない感じである。
本店は50年近くやっていて、この界隈では結構有名らしく、非常に期待しつつ、ほとんどの人が頼むという半カレーセットを頼む。
麺が伸びないように、という事で、まずは支那そばが到着。
む、実に色が薄い。
魚介系とは書いてあったが、ここまで薄いとその辺の野菜スープとかとあんま変わりませんな。
で、案の定、無茶苦茶味も薄い。
どうしたらここまで薄く出来るんだ、とか思ってみても、それはカレーとのバランスを考えられているからこそらしい。
で、半分ほど食したところで、ついにカレーがやってきた。
ぬ、コイツは見たとおり濃厚もいいとこ。
果たして味は・・・んー、これ、カレーなんですか?確かに豊潤というか、コク豊か。
だが、それはそれでひとつで完成されちまってて、支那そばをカレーのスープがわりにすると最強、ってなうたい文句とは違く感じた。
というよりも、支那そばのあまりのあっさりさと、カレーのドロドロ具合が、んー、何て言えばいいんですか、まぁあまり食い合わせがよろしくないかなーと。これで値段が800円くらいだったら評価も変わっていたんですが。

52点

東京都大田区西蒲田7丁目
posted by teckl at 20:58 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(1) | edit | 蒲田

2004年07月07日

蒲田 ラーメン炎月

image/ramen-diary-2004-07-07T23:10:16-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩2分 らーめん二郎向かい
『蒲田 ラーメン炎月』
トッピング東京 ¥800

なんか最近チャーシューをバーナーで焼くのが流行ってるのだろうか。あと、一蘭のようなのれんも。作ってるところをのんびり見れるのはまぁ悪くはない。
しかし、なんか回転が悪いというか、10分くらいしてから自分の麺が投入されたんですけど・・てか遅い。
これで美味く無かったらどう書いてくれよう、とか書きつつ、ようやくやってきたその坦々麺はと言いますと、ん〜、なんか前に田町の韓国料理屋で食べたカルビ麺に実に近い感じですな。トッピング東京とは、東京坦々麺に、おすすめ煮タマゴ+ニラ。
坦々にありがちな単調なボソボソスープではなく、ちゃんとニラ玉子とじの甘みと肉の旨味が、モンゴルか何処かでナンバー1という一味唐辛子に消されてはおりませぬ。恐れていたほどでもなく、結構食べやすい。
こいつは坦々麺というよりチゲ鍋の残りダシといった方が近いでしょ。
据え置きの水がぬるかったりしたとこから、ヤバげな予感がしていたんだけれども、どうやら取り越し苦労のなんとやらだったようで。

66点

東京都大田区西蒲田7丁目
タグ:蒲田 坦々
posted by teckl at 23:10 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

2004年07月06日

蒲田 ラーメン くう快

image/ramen-diary-2004-07-06T23:22:02-1.jpg
JR蒲田駅西口徒歩7分
『蒲田 ラーメン くう快』
ラーメン中盛 麺固め 味濃いめ ¥700

くう快、帰りの度に何とも気になってしょうがないので、とりあえず視界に入った店から潰して行くことに。
蘊蓄書きには「正統派関東豚骨醤油。混じり気のない、シンプルな味」、とあるが、実にそのとおりでした。
問題なのは、わたしに取ってこれらが決していい意味でうまいっちゅー評価をするとは限らんっちゅう事ですな。
スープの混じり気のなさは、味が単調になりやすく、言ってしまえば半分くらいで飽きちまいました。
個人的にはキャベツとかドカンと入れたいな、と。
おろしニンニク入れれば何とか味の変化はついたけど、そんなんではなくてやはりちょっとは複雑なくらいがちょうどよいですな。
しかしながら決して標準よりレベルが低いとかは思うわけではなく、単に最近行ってる店のレベルが全体的に上がってきているからしょうがないのかな。
あぁまだしばらく禁らーめんは出来そうに無いな・・と思ったりしてみた帰りの南武線。
蒲田攻略はまだまだ長そうですな〜

54点

東京都大田区西蒲田7丁目
posted by teckl at 23:22 | 東京 🌁 | Comment(6) | TrackBack(1) | edit | 蒲田

蒲田 喜多方ラーメン坂内 小法師 西蒲田店

image/ramen-diary-2004-07-06T00:01:48-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩4分
『蒲田 喜多方ラーメン坂内 小法師 西蒲田店』
喜多方焼豚ラーメン ¥780

いよいよ蒲田編。
てなわけで、まずは安直に表側から攻めていきます。この店、チェーン店としても久々なのだが、未だに正式名称が坂内なのか小法師なのかよう分からんです。店内でも統一取れてないところがまた凄いですな。
さてラーメン。
はっきり言って、麺とスープ自体は特筆すべきところは無い。つーか、正直なところ、中縮れの麺とあっさり過ぎるほどの醤油スープは、コクとか深みとかは無いに等しく、まぁ自分の好みでは無いっす。
しかし。
この店の本体はそんなもんではなく、あの溢れるばかりのチャーシューにあるってわざわざ言うまでもないですか。見方によっては気持ち悪いほどの量。脂肪の周りは桂花のターローにも似てて、肉の旨味が凝縮してる。コレ最強。
んで、今日はあんまり腹へって無かったのも相俟って、最後は気持ち悪くなったのであった・・。
でもうめー

68点

東京都大田区西蒲田7丁目
posted by teckl at 00:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 蒲田

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。