2005年07月22日

有楽町 数寄屋橋ラーメン

image/ramen-diary-2005-07-22T13:18:08-1.jpg
『有楽町 数寄屋橋ラーメン』
のりラーメン ¥700

区役所を回ったりしてから現場に向かいます。

で、途中で立ち寄ったのがこの数寄屋橋ラーメン。
刀削麺荘の隣にあり、のりラーメンの写真の馬鹿馬鹿しさにつられて入店。
んー間違えたかな?
名前こそ地名を拝してはいるが、店内に入ると一瞬マジで固まっちまいました。
古ぼけた雀荘のような黄ばんだタイル、煤けた壁、椅子すら無い打ち捨てられたテーブル。何故かコカコーラの自販機もあるし。
で、その奥にようやくUの字テーブルがあり、くたびれたリーマンが数人。
もちろん誰一人としてしゃべる奴のいない、文句なしの殺伐空間。
しかもサービスとして麺類一杯につき半ライスか、「ひとくちビール」・・・!
この店いいっ・・・

で、ラーメンの方はかすかにカツオ節と甘みを感じるくらいのシンプル過ぎる醤油スープ。
自家製卵麺に、具は見ての通りのびっしりのりと、ほうれん草、チャーシュー、底の方にコーン。

ふむー、ていうかこれはもうラーメンを喰いに来るところというか雰囲気を楽しみに来るとこみたいなもんで、十分元が取れた気がしますよわたしゃ。
こことかこことかこことかの感想が皆一致していたのが笑えます。

【2006/07/05追記】
ここでも臨場感たっぷりの非常に詳しいレポートがありまして、久々に笑わせていただきました。トラバどもです〜。

42点

東京都千代田区有楽町1-2-7


posted by teckl at 12:47 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | edit | 東京23区(東部)
この記事へのコメント
ここのラーメンはじめてみました。
旨そうですね。
今度試してみます。
Posted by カモノハシの子分 at 2005年08月08日 21:44
どもです、ええっと・・・この店のラーメンは旨そうっていうか、なんて言いますか、非常に画期的なものだとは思われます。
味がどうとかいうよりも、店の雰囲気からなにから常識の打破を目指したのではないかと・・そういう意味では地下に降りてみる価値はあるかもしれないです(笑
Posted by てっくる at 2005年08月12日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ラー麺食い記
すきや橋ラーメン
Excerpt: モツ煮ラーメン (¥800)美味しさ: ★★ (モツは○)お腹壊し度: ★★ (平気)HP: なし住所: 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-2-7金田ビルB1電話: 不明営業時間: 11:3..
Weblog: ラー麺食い記
Tracked: 2006-07-02 21:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。