2004年08月19日

蒲田 ラーメン二郎 蒲田店

image/ramen-diary-2004-08-20T00:01:47-1.jpg
JR京浜東北線蒲田駅西口徒歩2分
『蒲田 ラーメン二郎 蒲田店』
ラーメン 焼豚 ヤサイ・味濃いめ ¥670

空席があったら入ろうと思い、しょっちゅう帰り際に様子をみていたのだが、ついにその時は訪れました。
久しぶりでニンニク少しで頼むのを忘れてしまい、濃いめを言うのにキョドってしまう。。むぅ、既に二郎軍のペースにはまっている。

で、待つこと8分、いつものように異様にデカイ奴が目の前に姿を現した。もちろんこれ、大盛でもなんでもありやせん。
箸を付ける順番を間違えたら即崩れちまうため、一瞬の油断も許されない。
まず上方のヤサイ(モヤシ群)を処理しているだけでもう既にこちらの戦力は大幅に削られてしまい、うどんなんかよりぶっとい麺は胃の中で更に増殖を続けていく。うぉ。
非常に味の分かりやすいスープはどちらかといえば結構好みなのであるが、さすがに後半戦、背油たっぷり・胡椒大量投入の中の肉片ともいえる焼豚部隊の猛攻により、微妙に夏バテ気味の我が軍は降伏より他に選択肢を無くしてしまったのだった・・。
油断したわ、ジロウ!

60点

東京都大田区西蒲田7丁目


タグ:蒲田 二郎 京浜東北線
posted by teckl at 23:15 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(1) | edit | 蒲田
この記事へのコメント
トラックバック失礼します
ホームの二郎がことごとく夏休みの為半ばしょうがなく初めて蒲田店で食べたのですが野菜が多くて感動しました。
また行ってみたいなと思っております
Posted by からあげ男爵 at 2004年08月20日 22:28
トラックバックどうもです!
おぉ、すさまじいまでのジロウっぷりですね!
大豚がほぼデフォルトですか〜!?
ちなみに私は過去三田本店でも敗北を喫してしまったジロリアン見習いにも満たないショボい野郎です。。
二郎系はまだ大して行ったことないんですが、機会があれば是非目黒店と対戦してみたいと思います
Posted by てっくる at 2004年08月21日 02:29
俺のホームは赤羽だなあ。
是非とも管理人さんに食ってみてもらって、
検証して頂きたいものですよ。

あの何ともいえない、一度食ったら麻薬のような
病み付きっぷり。

あー、だめだ。食いたくなってきた。
明日仕事にも関わらず。週末まで我慢か・・・
Posted by 土屋 at 2004年08月23日 23:50
どもー、赤羽、そっちへ行くついでがあれば是非検証してみますですよ。ただし普通盛り限定の日和見主義ですが。
どうもジロウには人心を惑わす力があるみたいですな・・・
冠アニキ然り。
Posted by てっくる at 2004年08月24日 02:12
豚がよくなった、川崎。関内、大野とか。あそこは二郎、ここは大もう別物,比較しても仕方がない・

あらさがせば、川崎は甘いし、関内はしょっぱい。大野は遠いってとこかな、野菜も増して繰んないよ、最近


連れは旧町田の常連でしたが、ご存知のように
今は無く、仕方なく長島さんのとこ来たのですが「しかたなく」は長島さんに失礼でした。
今じゃ大の大ファン

つきに1,2度しかこれないことを悔やんでおります
Posted by 連れは長津田からきます at 2005年04月14日 17:41
関内はしょっぱいってところにちっと興味あり。
それにしてもたまに無性に喰いたくなりますね、ジロウ。どうせ喰いきれないんだけれども・・・
Posted by てっくる at 2005年04月16日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

からあげ男爵Blog
ラーメン二郎蒲田店
Excerpt: つけ麺大盛り豚のせヤサイニンニクアブラトウガラシ。 油そばが売り切れていたのでつけ麺にした。 ヤサイコールしたところ予想以上に野菜が多い、下から麺をほじくりだそうとすると上に乗っている野菜..
Weblog: からあげ男爵Blog
Tracked: 2004-08-20 22:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。