2007年03月18日

渋谷 牡励湯

070301_141054_ed.jpg
『渋谷 牡励湯』【閉店】
牡励天とカキ姫御飯 ¥1000

その別れは突然やってきました。
3/1が最終日という事を前日に知り愕然と。正直、渋谷の近場の中でも非常に空いている穴場でもあり、味の独自性も含めてかなり好きなお店でした。
長くお世話になりたいので敢えてたまにしか使わないようにしてたんですが、その結果が裏目に出てしまいました。

さて、まぁ言っててもしょうがないので最後まで楽しませてもらうことに。

やはり最後はあのヨモギを味わいたかったので、牡励天を。
店内に入ってみると、これまでにみたことない光景。全部の席にお客さんが座ってます(笑)
そりゃそうなんですが、なんとも最後にしてみんなが駆け付けたというのが、かなり自分みたいな隠れファンが多かったのかもしれないですね・・。

これだけの客を三人くらいで回してるとあって、さすがに時間がかかっちゃいましたが、泣いても笑ってもラストの牡励天。

ヨモギの天麩羅はやはり独特の風味で、美味いとしか言えませんでした。

10分たらずで食べ終わっちゃいましたが、ラーメン屋の帰り道にホントに切なくなるというのははじめてかも知れません・・。

やはりお気に入りの店はもったいぶらずに何度も通うべきなのかも知れませんです。

77点


タグ:渋谷 牡蠣
posted by teckl at 03:11 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。