2012年07月29日

新松戸 山勝 角ふじ

2012-07-29 22.15.15.jpg
新松戸駅徒歩10分
『新松戸 山勝 角ふじ』
ラーメン 小豚 硬め 濃いめ ニンニク少し ¥850

ということで三郷市文化会館で20周年の初怪談ナイトをじっくり堪能。
演目まではまだネタバレできませんが、懐かしの名作怪談を楽しみまして、
帰りに乗り換えついでの新松戸でもう一杯食べていくことに。

駅から少し歩いて近くに壱寅家があって迷うも、せっかくの普段来ないエリアなのでこの新松戸の顔とも言うべき山勝 角ふじを検証。
いわゆる二郎インスパイアの中でも特に人気がある名店らしいですねぇ。

ということでやっぱり客層は若者メイン、無難に小豚の並を。
初めてだというのにいつものクセでかため濃いめコールをしてしまいました。

特にヤサイコール無しですが、山盛りモヤシの上に刻み玉ねぎと醤油ニンニク。ヤサイコールしなくて助かった…。
んでスープの上には背脂がぎっしりと。

さて、一口目。
背脂たっぷりの醤油、さすが、美味いっす…。
ニンニクと背脂でほどよくこってりしており、しょっぱさはちょうど好みぴったり、
スープの中でもタマネギが多くの割合を占めるのでこってりしつつも優しい甘みが出ていてあくまで食べ易いです。

そして小豚と言っても分厚めの豚が4枚。ラフテーみたいに脂肪分多めですが食いでがあって濃くて良し。
ゴワゴワの極太麺に、形の良い背脂片がガッツリ感とモヤシのヤサイ感。これはニンニクマシマシにしたかったすねぇ。

いやー、最近ガッツリ系は遠ざかってましたが、これは最後まで旨く楽しめました。
ううむ、噂通り素直にうまかった、、完食です。

88点

千葉県松戸市新松戸3-420-2
タグ:稲川淳二 千葉県 背脂 醤油 二郎
posted by teckl at 22:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。