2011年09月30日

琴浦 すみれ食堂

DSC_2118.jpg
JR山陰本線浦安駅徒歩10分 国道9号そば
『琴浦 すみれ食堂』
チャーシューメン ¥750

境港の後は米子を回り、ついに最終日鳥取砂丘方面に向けて戻ることに。
鳥取と言えば牛骨ラーメンが最近じわじわとご当地ラーメンとしてメジャーになってきているようで、
銀座にも香味徳が進出したらしいのですが、自分は未食。
ということでベタに香味徳の本店、赤碕店の前まで行ってみるも、あいにくまだ開店手前。
このためそのちょっと先のこちらの「すみれ食堂」さんにやってまいりました。

瓦屋根の民家の一部を利用した、実にアットホームな家庭的雰囲気で、
食堂と言うだけあって、おでんやおにぎりなどもサイドメニューになっております。店内は確かに牛のニオイ。
朝10時にもかかわらず、地元の年配のお客さんなども続々とやってきてます。

さて、待ちに待った牛骨チャーシューメン。
牛骨スープですが、一口目から牛特有の香りと旨味が甘く口の中で広がる、なんていうかいわゆる牛テールスープ的な上品さもあり、優しく後を引くスープ。
牛だけに油もそこそこ出てまして、あっさりでもなくこってりでもなく、中間的なマイルド感です。
味濃いめ野郎にはちと薄めにも感じますが、ラーメンというよりは、どこか昔懐かしくほっこりしちゃう味ですなぁ。
んー、さすがは創業50余年、これは素直においしかったす。チャーシューも絶品。
あとおでんの玉子なども試してみましたが、こちらは朝の仕込みから時間が経っていなかったのでこちらはあまり味が染みておらず残念だったのが心残りでありました。

79点

鳥取県東伯郡琴浦町大字浦安189
タグ:鳥取県 日記 牛骨
posted by teckl at 14:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。