2011年08月28日

奥多摩 のんきや

DSC_1527.jpg
奥多摩湖湖畔 国道411号沿い
『奥多摩湖 手打ち中華そば のんきや』
手打ちチャーシューメン 醤油 ¥850

というわけで、またしても恒例の恐怖の現場巡りということで、仲間内4人でもって、青梅の吹上トンネル・飯能の畑トンネルに検証へ。
どちらの場所もかなり近くて便利ですが、最初の某呪縛Fトンネルの方はあまりにも有名すぎてお客さんが多過ぎ、検証気分としては弱め。
飯能の方も団体客があり、もう少し静かな時期にしっとりと行きたかったですねぇ。
ということで若干消化不良のまま、その後奥多摩の氷川キャンプ場へ向かいまして、夜が明けてくる時間ですがしばらく野宿を。
このキャンプ場、ちょっと人が多いですがやっぱロケーション最高ですねぇ。

と、目が覚めたところで良い頃合いになったので奥多摩湖湖畔の有名なのんきやへ。
この奥地でなんと手打ちの日本そばと中華そばの両方を提供しており、席からはすぐそばの奥多摩湖を望む事ができます。
ちょっと山小屋風の店内、夏休みのランチピークとあって満席状態です。

まぁ観光地にありがちな素朴な醤油の中華そばだろうなぁ、と甘く見ていたのですが、出てきてみてびっくり。

かなりのトンコツが前面に出てきておりまして、結構な臭み。
こってりではなく、あっさりのまぁいわゆる豚骨醤油ですが、このニオイは人を選ぶかも・・・。自分は好物ですが。
本物の手打ち麺だけに不揃いな細縮れの麺。このもっちり感が実に味を出してます。
すばらしい湖の景色を眺めながらのラーメン・・・んー、こいつは観光地気分でよりおいしく感じる気がしますねぇ。
チャーシューの方は、昔ながらの煮豚タイプですが、豚のコクが出ていて普通に旨し。

というわけでとりあえず満足しまして、帰りはそのまま山梨を周って渋滞に巻き込まれて帰ったのでした。

77点

東京都西多摩郡奥多摩町原368-4
タグ:奥多摩 稲川淳二 醤油 チャーシュー 日記
posted by teckl at 14:21 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京都下
この記事へのコメント
恐怖と言うか心霊スボットですか…
気をつけて下さいね
自分は一度連れて来た事があるので
本当にヤバいと感じたら頭の中を無にして
足早にその場所から離れて下さいね
考え方の問題ですが…
霊感が強い人と居ると中途半端に強くなるらしくて?
と 言いながら殺人現場の前に住んでる俺w

とりあえずラーメン美味しそうですね。
Posted by アパパネ at 2011年08月31日 21:35
どもどもです、
アパパネさん、経験されてましたか〜!
自分も一度やばいというか説明がつかないことがあったりしましたが、なぜだかそれ以来ハマってしまって各地の恐怖の現場巡りが密かなライフワークになってしまいました・・。
殺人現場の前に住んでるって・・・それはなかなかキツイっすねw

あ、とりあえずラーメンはほんと絶品でした。
あんなロケーションで食べられるラーメンはなかなか無いですねぇ。
Posted by てっくる at 2011年09月07日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。