2006年08月06日

新島 羽伏浦海岸

060806_085338_ed.jpg
『新島 羽伏浦海岸』

翌日。
今野宿を終え、帰り支度をしております。

で、当初の目的の新島心霊検証ですが、まぁ結論から言うと収穫はまずまず、といった具合でありました。

検証に向かう我々に対して、まるで行く手を阻むかのように道路の真ん中でピクリとも動かずにこちらを睨みつけるヒキガエル。
我々の行動を見透かしているかのように奇妙な言葉を投げかける牛乳せんべい屋のご主人。

赤ん坊を洗う女性の霊が目撃されるという十三神社では大量の若者の出現により池周辺の霊達もタジタジなのか、少々控えめになっちまいましたが、軍艦ラッパが聞こえるという海軍墓地では、昼間の状況が一変。
昼間ちゃんと直したはずの活けてあった花が倒れていたり、怪しげな発光体らしきものがデジカメに写り込んでいた、などといったかたちで。

結局「それ」がなにものであったのか謎を残したまま、後ろ髪を惹かれる思いで島を後にしたのであった・・・

東京都新島村


タグ:新島 稲川淳二 日記
posted by teckl at 08:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 離島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。