2011年06月08日

渋谷 銘店伝説

2011-0602-225633604.JPG
渋谷駅徒歩8分 東急本店 渋谷ドンキホーテ隣
『渋谷 銘店伝説 渋谷店』
井出商店 大盛り チャーシュー飯 ¥750

6/2、渋谷ドンキ脇に突如としてオープンしたこの銘店伝説。
最初ラーメン大戦争的なラーメンビルかと思いきや、1つの店舗で全国の様々な銘店の味を楽しめるというミニラー博的なお店のようで。
が、どれも1杯500円で妙に安いな・・、と思ったら、
「アイランド食品」という生ラーメンの通販会社のPRショップ、というのが真の姿でありました。
あの原宿にあったカップラーメンの専門店みたいなものですかねー。

お店は定期的に入れ替わっていくようですが、まず最初は、
埼玉「ぜんや」、喜多方「大みなと味平」、函館「麺や一文字」、
和歌山「井出商店」、京都「天天優」、横浜「くじら軒」の6軒。
おぉ、なにげにすごいラインナップですが、どれも「絶対味覚」を持つスタッフがラーメン店の店主指導の元開発した味とのことで。
あくまで元の味の再現、というのが安さの秘密ですかねー。

と言うわけで、まずははるか昔にラー博で食べたきりの井出商店の豚骨醤油に、プラス200円のチャーシュー飯を。
出てきたスープはなるほど豚骨醤油、なんだか乳化というか微妙に泡だっているのが気になりますが、結構雰囲気は出ている感じかもです。
本物よりもコク的な感じがかなり弱いけど、550円だと思えば十分でしょうかね。

醤油ダレは弱く、スープの甘さと口の中に残る調味料的な感覚が残りますが、こういうものだと思えばなかなかうまかったり。
独自の細麺になかなか合って、カップラーメンなんかよりはやっぱりうまいっす。
と、意外だったのがチャーシューなどはしっかりしたのが三枚入も。

本物のラーメンのような独特のクセというか、スープの重みなんかはあまり感じないのでラーメンマニアの方などにはナシでしょうが、
ワンコインでこれなら自分的には普通にアリですねぇ。
チャーシュー飯も200円と安いので、大盛り50円と合わせて計750円でしっかりお腹は満たす事ができました。
深夜3時までやっているというので、これから選択に困った時はたまに使ってみようかなぁ、とか考えております、えぇ。

70点

東京都渋谷区道玄坂2-25-7
タグ:渋谷 豚骨醤油
posted by teckl at 00:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 渋谷
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。