2010年07月30日

相模大野 壱六家

100719-161204.jpg
『相模大野 横浜ラーメン 壱六家 相模大野モアーズ店』
ラーメン 醤油 硬め 濃いめ トッピング4点セット 味玉 もやキャベ ウズラ のり ¥800

稲川淳二先生の季節になったってことで、
シーズン一発目の相模大野へとやってまいりました。

と、その前にお楽しみの家系検証と行っておこう、と。
10・10家とか相南家とかがん家とかいろいろありそうだし、ってことでほとんど事前調査無しで行ってみたのですが・・・休日の変な時間帯だからか、軒並みやっていなかったり閉店していたり・・。

というわけで結局駅前モアーズの壱六家へ。

お、トッピングが4点で200円は素直に嬉しいお値段ですねぇ。

で、スープ・・・
むー、大森店なんかとは全然比べものにならない感じのアレですな。
ペラい、と言ったら失礼かもしれませんが、豚骨がさらっとしてて
乳化してますが醤油は感じない定型スープ。
天一にも通じるようなトロトロ感も。うーん、昔の大船で食べて感動したようなのとは完全に別物ですなー。

家系として構えてしまうとアレかもですが、まぁそれでもうずらやノリなど個々は悪くないし、営業時間の長さなどは嬉しいのでもうちょっとスープが変わってくれると嬉しいですねぇ。

壱六家オリジナルのアイスも気になりますが、結局スープまで飲み干したらすっかりお腹一杯になっちゃいました。

65点
タグ:家系 相模大野 小田急線 稲川淳二
posted by teckl at 14:01 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集
この記事へのコメント
どもです^^;

壱六家ってついに独立開業システムを開始しましたね〜、花月みたいな・・・。

これで味が落ちなきゃいいんですけど。

そういえば六厘舎、閉店ですってね〜^^;
Posted by よういち at 2010年08月06日 14:43
どもどもですー。
壱六家、こうして花月的な方向にシフトしていくんですかねぇ・・・
昔食べた時の感動が未だに自分の中に残っているので、そういうのを大事にしてくれると嬉しいんですが・・・

六厘舎は・・・残念ですがもっと広い場所に移転してあまり並ばなくなってくれたらいいですねー。さすがに2時間並びは厳しいので・・w
Posted by てっくる at 2010年08月09日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。