2010年06月16日

学芸大学 やまねこ軒

100608-232333.jpg
東急東横線学芸大学駅東口徒歩1分 モンゴメリ裏手
『学芸大学 盛岡じゃじゃ麺専門店 やまねこ軒』
じゃじゃ麺 中 サービス価格 チータンタン ¥600

この学芸大学駅の超駅前に盛岡じゃじゃ麺専門店がちょい前に出来ておりました。
盛岡三大麺と言えば「わんこそば」、「冷麺」、そして「じゃじゃ麺」。
こりゃ珍しいなー、とか思いつつも来るのが遅くなってしまいました。

現在6月末までの期間限定で中盛りが500円らしくかなりお得。
麦とホップ中ジョッキが280円だったりつけもの盛り合わせが280円、
結構安く使えそうですねー。

盛岡じゃじゃ麺は初めてなので素直に食べ方のマニュアルを見てお勉強。
自分も「ジャージャー麺」だと思ってたのですが、「じゃじゃ麺」と別物だったんですね・・・。

さて、出てきたそいつは真っ白な麺の上に肉味噌と生姜がドカッと乗っかっており、とりあえずまぜまぜしてみます。
平打ちの太麺はふにふにして不思議な食感。
きしめんみたいですが、なんでしょう、こりゃ不思議な味・・・でなかなかうまい。

で、薦めに従いラー油と酢を追加でまぜまぜ、まさに油そば的ですがあちらよりさっぱりしているので全然しつこくない感じでありますねぇ。


で、後半は若干の麺を残してチータンタンを。
生卵を入れてかき混ぜたところに店員さんにたっぷりの熱々スープを注いでもらいます。
もちろん味が薄くなっちゃうのでまたも味噌を入れてもらい、玉子が絡んでこれまたつけ麺のスープ割りとも違う不思議な風味のスープになってくれました。
こいつはラー油、塩、コショウで味付け、好みに応じて肉味噌の追加なんかもできるので、濃いめ好き野郎も満足。
チータンを飲まないとじゃじゃ麺を喰った事にはならない、との教えを読みましたが、こりゃー確かにコイツで締めねば的な素晴らしいアイデアっすねぇ。これで100円は安い。

ラー油や酢、肉味噌など、自分好みに味付けできるっていうのも最近の流行りとも通じるところがあるし、さらっと食べられちゃうてヘルシーそうなので、こいつはまた大盛りとか行きたいですねー。
まぜそばブームの中、再評価されて欲しいですなぁ・・・。

80点

東京都目黒区鷹番3-1-4
タグ:学芸大学 東横線 じゃじゃ麺 盛岡
posted by teckl at 11:05 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東急東横線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。