2010年04月04日

学芸大学 ちょろり

100317-013052.jpg
『学芸大学 台湾スープ伝統継承の味 香湯ラーメン ちょろり』
香湯五目麺 大盛り ¥900

帰り道、めぼしいお店がどこも満席だったので目黒通り側へと歩いてきました。
学芸大学、というよりは目黒通り沿いの、この深夜の時間帯では唯一営業している貴重なお店であります。

名前からも分かるとおり、渋谷の喜楽で修行されたとのことで、ちょっと期待しちゃいますな。
恵比寿店同様に帰り道に一杯やっていくリーマン達でにぎわっております。

あいにくワンタンは品切れ。
見た目も恵比寿店やかおたんラーメンみたいに揚げネギたっぷりで色鮮やかな五目達。

おやっさん一人で切り盛りしているので、350円の缶チューハイを常連さんがセルフっぽく勝手に取りに行ってたりw
さて、五目麺の焦がしネギ醤油スープですが、想像通り甘くて優しい懐かしい味わいです。
たっぷりの野菜達もなかなか安定したレベルでもって、あっさりながらボリューム的なものも申し分なしげ。
中でもこのおなじみのインゲン、本当にスープに合います。

ちょっと意外なのは醤油だけじゃなく、味噌や塩もありますねー。
ほっと一息したいときにいい感じに使える昔気質のお店でありました。

76点
タグ:学芸大学 目黒通り 醤油 台湾ラーメン
posted by teckl at 19:42 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。