2010年03月22日

鹿児島 こむらさき

100319-133805.jpg
『鹿児島 ラーメン専門 こむらさき 天文館本店』
ラーメン ¥950

小室哲哉先生のソロコンサートが九州の3カ所しかないっちゅうことで、ついに鹿児島へ上陸。
とは言っても半分は観光なので、しっかりと鹿児島ラーメンも楽しんでいこうかな、と。

まず最初は有名なこちらへ。あの熊本のこむらさきとは無関係でありますな。
昭和25年創業でもう60年ということらしく・・・。
鹿児島ラーメンの特色である漬け物もしっかり出てきます。
メニューはデフォルトで鹿児島黒豚入りのラーメンとチャーシュー無しのみ。
さすがは代表店だけあって無駄のない大量生産。12食〜連続生産のロット方式みたいです。

椎茸や細切れになったキャベツで甘く純和風っぽい薄目であっさりの豚骨スープ。
そして麺、白くそうめんみたいにフニフニで不思議な感触だなぁ、と思ったらどうやらかんすいを一切使用しない蒸し麺だったようで。
麺に弾力がないのでかなり戸惑いましたが、黒豚チャーシューはさすがに旨い・・・。
自分的になんとも表現しにくい不思議なおいしさでしたが、常連さんを見ていると地元の方々に愛されているのは良く分かった気がしましたです。
腹もこなれたところで桟橋から桜島へ・・・。

76点
タグ:鹿児島 豚骨 日記
posted by teckl at 13:11 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集
この記事へのコメント
ソーメンラーメンだったらマルタイの棒ラーメンで十分かな。実際食べましたが価格の割りに満足度低。スープもマルタイさんので十分かな。地元の人はこうゆうのが好きなのかな?昔のラーメンって感想です。とんこつをイメージしてたのでちょっとがっかりでした。
Posted by (。-`春´-)ンー  at 2011年02月22日 00:40
どもどもです、
こちらのラーメン、自分もソーメンみたいでかなりびっくりしました。うまい、と言うよりはびっくり、な感じに近いと言いますか・・
東京などと比較しても、値段も高めでぶっちゃけ何度も行くかと聞かれると、、、ですが、あれだけ地元の方が並んでたっていうことはやはり根付いてるという事なのですかねー。
しかし地方によってこういう多様性があるのがラーメンの面白いところだなぁ、と思いますねぇ
Posted by てっくる at 2011年02月22日 02:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。