2009年12月19日

秩父 とんぷう

091205-133438.jpg
『秩父 とんぷう』
あおさチャーシュー かため こいめ 替え玉 ¥1050

検証日記。
突発的に稲川淳二の恐怖の現場でおなじみの秩父湖まで心霊検証に行きまして。
深夜の吊り橋での検証もなんとか無事に終え、近くにテントを設営し寒さに震えながらスリーシーズン用の寝袋にくるまって夜を明かしました。
でせっかくこっちまで来たからにはラーメンも検証せねば、ということでこの秩父でも有名な、
石神さんの本に良く出ているこのとんぷうにやってきました。

とはいってもそこまでお店の事前調査などはしていなかったので、
よく分からないままに硬め、濃いめ、こってり、と伝えたところ、店主から
「こってりは初めての方はやめた方が・・・」
との忠告をいただいたので素直に従っておくことに。

で、出てきたのは・・・・デフォルトでパッと見、なかなかにこってりめの豚骨スープ。
食べてみると・・・・ん、、うまい!
ドロドロ濃厚でザラザラとドろっとした強烈な魚介豚骨醤油。
はっきり言って超濃厚でものすごい重くて旨い一杯です・・・。
珍しめのきくらげやらあおさが入って変化球なのかと思ったら、自分の好みにも直球で刺さってきやがりました。
麺は細麺で速攻替え玉を追加です。

チャーシューは結構なヤツが5枚くらいも入って、なにげに破壊力があります。
鰹節、サバ節、宗田節とやらのまぁ手間暇かけてそうな魚介系と動物系、さらに博多ラーメとのいいとこどりてな感じですねぇ。
タマネギもいい具合で味を締めてくださります。
難点としてはデフォルトのままでも相当なこってり感なので、この後に他を食べに行くとかは厳しいところがあるかもってくらいでしょうか。
いやー、でもこれはまた喰いに来たいです、えぇ。

88点
タグ:魚介 濃厚 こってり 日記 稲川淳二 埼玉県 豚骨
posted by teckl at 15:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。