2009年06月23日

武蔵小杉 然

090612-114332.jpg
『武蔵小杉 自家製麺 然』
特製つけ麺 ¥1000

第五番目の我が子がついに出産出来まして、念のため病院に再検査に。

腎臓の方にはまだ2個ほどいるようですが、
潜血反応も無くなり当面大丈夫そうということであの恐怖から解放されたところでせっかくなのでご近所のこちらに。
ラーメン的には若干不作地帯の小杉に突然オープンして半年ほどのこちらですが、
11時半の開店直後からお客さんが続々とやってきます。

土佐の宗田節やら指宿山川の鰹節やらが誇らしげに置いてある通り、魚介メインの雰囲気が。

並でも300グラムほどで結構ありそうです。12番の極太麺。
海苔舟に載った魚粉が明らかにそっち系ですね。
で、食べてみると意外に油たっぷりの和風魚介豚骨。
濃厚、ってほどでもなく、ちょっと酸味がある感じで最近の流行よりはマイルドな味わいかも。

自家製麺だけあって麺は表面がツルツルのつけ麺的には結構長めの極太ストレート麺。
んー、慣れていないのもあってちと長くて喰いにくい気も。
味がちょい薄いかなぁ、とか思ってたら味ましのタレがありなかなか気が効いてますねぇ。

魚介的にはもう少し強くてもいいかなぁ、というのもあるんですが、
魚介を効かせすぎるとまさに流行のまんまの味になっちゃうし、意図してやられてそうですねー。

炙りチャーシューは味付けが薄いかなぁ・・・肉単品的にはうまいんですが、この魚介スープにはちょっと違うような気も。
なんだかんだで並の300グラムが予想以上に多く、特製にしたのもあってかなり満足。っていうか大盛りにしなくて良かったす・・。
んー、こういうのが小杉で喰えるようになったとは、ふつーに大満足です。

夜は味噌専門店になるみたいですが、どんなもんなんでしょうかねー。

85点
タグ:武蔵小杉 東横線 魚介 新丸子 つけ麺 結石
posted by teckl at 12:05 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。