2009年06月13日

富山 大喜

090531-193407.jpg
JR北陸本線富山駅 市電南富山行き西町駅そば
『富山 西町 大喜 本店』
中華そば 小 生玉子 ¥750

能登半島では七尾でレンタカーを乗り捨てまして、ここからは周遊券の強みを活かして特急で移動を。
金沢から富山に移動、となるともちろん目的は最近流行りの「富山ブラック」。
その総本山とも言える西町大喜へ市電で向かいました。

現地に着くも、ちょうど縁日で入り口がまったく見えない状態になっており本店は諦めかけたんですが、
ここぞという時のGPSを発動させ、どうにか店を見つけだしました。

こういった有名店などのお約束、サイン色紙がたくさん貼られています。
で、中華そば系のみの超シンプルなメニュー構成。
ビールやら酒系も一切なしで、ラーメンだけに集中させてくれるっちゅうヤツですな。

中華そば小が普通サイズなので、生玉子だけを追加。

で。
・・・さすが富山ブラック、確かになかなかに黒い醤油スープっす。
テーブルにはコショーは置いていないですが、最初っから粗挽き黒コショウがかかっており、
その下に太くてコシのある太麺が詰まってくれてます。

さて、そのスープを一口・・・んー、しょっぺぇw
んー、このしょっぱさはトップクラス。
濃厚、っていうのとも違い、さらにがんこ系の塩辛いのとも違う、いわゆるシンプルに濃い口な醤油が口の中に攻めてきてくださいます。
んー、この俺の味覚をもってしてもしょっぱ美味いとは・・・。
チャーシューも実に肉肉しくてかみごたえがあり、下手なチャーシュー麺よりも肉を堪能できます。

確かにこのしょっぱさが病みつきになるっちゅうのも分かる気がしますなぁ、でも身体にはあまりよろしくないよなぁとか考えながら、
でもやっぱしょっぱいのが好きな自分ですので、負けちゃいけないっちゅうことで
水を飲みのみしつつスープまで完了。
んー、手強い相手でしたが、しかし飲みきりました。
達成感もひとしおでしたが、やっぱり自分はどうせ濃いなら家系の濃いめで塩分を摂取したいかも・・・。
ということでこの旅行の最終目的地である魚津に向かったのでした。

78点

富山県富山市太田口通り1-1-7
タグ:富山県 醤油 日記
posted by teckl at 19:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。