2009年05月23日

鶴見 神家

090429-220911.jpg
『鶴見 とんこつラーメン 神家』
ラーメン 中 キャベツ かため こいめ 極太麺 ¥850

急に川福家が喰いたくなってしまい原付で向かうも臨時休みに・・・。
原付なので逆にチャンスととらえ、鶴見方面へ方向転換。

鶴見と言うより鶴見市場のもろ工場地帯のゴム通り沿いの中ほどに神々しいこの店が。
家系にしては珍しく極細・ちぢれ・ストレート・極太の4種類の麺構成。
食券が番号制で実にわかりにくいですが、
家系にしてはめずらしく、能書きがたくさん。
命のスープ・命のカエシ・・・さすがは神。
ニンニク臭満ちた店内は食欲を煽ってくれます。

デフォルトなのにかなりこってりした超動物系スープ。
豚骨と丸鶏のミックスに魚介成分も含まれているとのことで、
能書きは伊達じゃなく豚骨に様々な成分が入り交じった複雑で重厚なコクがあります。

家系には入らないかもですが、想像以上の野郎系スープ。
ふむー、こいつは味噌もいけるかも・・・。

ほうれん草代わりのチンゲンサイも面白いし、たまには芯のぶっといキャベツも暴力的でいいっすねー。

関東最強の丸高製麺オリジナルの異例の極太麺は・・・ちょっと小麦本来のクセが強く出ちゃってますかねー。
インパクトは確かに凄く、極太感とともに全体的にパンチ力はかなりのものですが、
それだけに後半ちょっと重く感じてしまうのもまた事実。
最初の方は素晴らしく美味いんですが、それだけにちょい残念。

ニンニク・紅ショウガ・酢を投入し、結局完食。
とりあえず並でストレート麺とかだったら結構変わるかな、と。

76点
タグ:豚骨 こってり 鶴見 神奈川県 家系
posted by teckl at 17:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。