2009年05月16日

渋谷 なかむら

090512-230615.jpg
『渋谷 つけ麺 なかむら』
醤油つけ麺 大盛り 中太ストレート麺 トッピング野菜 ¥820

道玄坂のクラブ・ラブホ密集地帯のど真ん中に先月オープン。
広々した店内に入ってビビりました。

噂には聞いてましたが、システムがあまりにもやすべえ。
720円で並・中・大の値段共通つけ麺をはじめとして、
半チャーシュー200円や全部載せ350円、辛味系のメニュー構成までほぼ一緒っすな。
どうみても系列店としかおもえないんですが、どこにもやすべえの姉妹店や出身とは書いておりません。
セカンドブランドだったらもうちょっと個性を出してくるはずだし・・・一体どんな関係があるんでしょうか・・・。
で、明らかな違いが、浅草開花楼の麺、との。

とりあえず見知ったメニューで頼んでみました。

ぬ、魚粉はまだしも、タマネギまではまだしも、この容器まで一緒っすかw
実にすがすがしいっす。

さてそのスープはと言いますと、予想通りの魚介・豚骨のダブルスープ。
どちらかと言えば豚骨感が若干弱め、酸味が強い感じでしょうか。
440gの浅草開花楼中太麺はツルツルシコシコ。うむ、こりゃまぁ確かに美味い。
まだいろいろ調整をしているのか、少し荒削りには感じますが魚粉タマネギで大満足してしまう庶民の自分です。

まぁここまで来るとインスパイアってレベルじゃないですが、
そりゃ普通に美味くて、空いてるから全然良いっす。

が・・・最も残念な点が一つ。
ん、カウンターに置いてある水が氷が入っておらずぬるい・・・。
んむ、ここはなんとかして欲しかったす。

が、まぁ店内は広々だし、まだお客さんも少な目で並ばなくてすみそうだし、
深夜1時までやっててくれてるっぽいし、こりゃこのエリアでは貴重な存在になりそうですなー。

85点
タグ:渋谷 つけ麺 醤油 魚介
posted by teckl at 17:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。