2009年02月28日

平井 本家大黒屋本舗

090215-195648.jpg
『平井 本家大黒屋本舗 平井店』
大黒麺 200g ¥700

亀戸の後は、以前住んでいた墨田区の小村井・東あずまエリアを経由して平井などを巡り街の移り変わりに感傷に浸りまして。
なんだかんだで7年ぶりの平井。
結構お気に入りだった蔵前橋通り沿いの熊本ラーメン系・ひごもんずの場所に話題の店が。

昼は松戸の名店・中華蕎麦とみ田系の濃厚魚介とんこつ、夜は二郎インスパイア系の角ふじ系になる二毛作店。
なんていいますか、さすがに流行ってますねー。
ぶっちゃけ、どちらも行ったこと無いので、非常に楽しみです。

とりあえずまだ胃に残っているので大盛りとかは避けてデフォルトの大黒麺を。
む、何もコールしてないのにモヤシの山が。
スープは二郎系よりも甘めの背油醤油、というかでっかい背油の粒が大量にガツガツ入ってます。
ベースのスープはこってりってほどじゃないのにヘヴィーな威力。
ここまでの背脂の塊ははじめてかも・・。
んー、しかし美味いっす。デフォルトのままでなかなか濃いめのガツン系の味付けで、ゴツゴツした極太麺とマッチして確かに旨し。
ニンニクの醤油漬けを入れたり、結構アレンジもいけそげですな。

とりあえず礼儀としてなんとかスープまで全部行きましたが、これで200gの並ってマジなんすかね。
・・・と、思ってたらお隣さんが大盛りのヤサイ増しを頼んでおりまして、ひょいっと目をやると・・・
ラーメンとは別皿が出されてきており、なんだろなー、とか思ってたら高く積みあがったヤサイを皿に雪崩を起こしながらこんもりと取り分けてもうひと山。
しかしまだヤサイの地層は崩れずという・・・。

うーむ、こういう事ってあるんですねぇ、とか思いながら懐かしの新小岩に移動し、
比類無き立ち飲み屋「でかんしょ」やレトロパチスロ屋「ガスティ」に寄って帰ったのでした。

82点
タグ:平井 二郎 総武線 ニンニク 日記 豚骨醤油
posted by teckl at 12:23 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。