2009年01月12日

熊本 桂花

090110-220911.jpg
JR鹿児島本線熊本駅から市電健軍町行き12分市役所前下車、徒歩4分
『熊本 桂花 総本店』
太肉麺 ¥850

続いては駅前から繁華街に出まして桂花本店へ。

お。こちらはターローとか生キャベツとか毎にトッピングができるらしいですな。

ポイントカードもあるし店員さんの数も含めさすがは本拠地。
こっち独自っぽいセット系メニューもいくつかありましたが、まぁターローにしか目もくれず。

で、出てきたその乳化した茶色のスープはまさにあの味のまま。
全く一緒、というよりはスープがより鮮明になっている気がします。
んー、しかしやっぱり刷り込まれた味はいいっすねー。

昔はじめて新宿で食べたときの学生時代の思い出の味から基本が変わらずにこうしてやっててくれるのは感無量というか、
いろいろ思うところがありますなぁ・・。

デフォルトなのか、麺がちょっとやわらかいですが、
やはりターローは最高の一言しか出ませんです。
んー、このためにやってきたようなもんです。うむ。
何より連続二杯目なのにこの威力を持っているのが間違いなくやりおるわ、というところで。

接客もプーアル茶も良いし、
こいつが深夜までやってるのはなかなか羨ましい感じがありましたですよ、と。

92点

熊本県熊本市花畑町11-9
タグ:熊本県 豚骨 桂花 日記
posted by teckl at 18:53 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 九州
この記事へのコメント
93年に部下である熊本大卒を連れて行ったら、感動していた。「本店より段違いに旨い。最早、お料理である!」と。ふーーーん、そうかね、知らん。
75年に初めて熊本生まれに連れて行かれて仰天したのだ。塩!メンカタ!
ターローがドコニアルノネエドコニアルノチュウモンシタンダヨネエってなっちゃった。
社員教育がチャランポランでマー油をろくすっぽ入れてこないことがある。
こうやって、潰れて行くんでしょうね。
Posted by taka at 2010年01月01日 18:43
どもどもです、
そういえば桂花のターローのサイズとかって、その時々で結構差がありますねぇ、、店員さんの気分次第なのでしょうか・・・
個人的には10年前くらいに末広町店でターローを食べたときの感動は忘れられないんですが、慣れちゃって感動が薄れ気味になってるのか、それとも本当にターローが弱まってるのかなぁ・・・
願わくば東京でもターロー増しさせて欲しいものです。
Posted by てっくる at 2010年01月06日 02:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。