2010年06月20日

赤坂 最強ラーメン烈伝 ど・みそ

100619-133003.jpg
東京メトロ千代田線赤坂駅徒歩1分
『赤坂 赤坂サカス 最強ラーメン烈伝 ど・みそ』
特製みそらーめん ¥800

お次はど・みその特製みそを。
むむ、今度もすごいボリューム。
トッピングも大量ですが、100円トッピングとか頼んでいないのに味玉までまるごと入っております。
味自体はもっとド濃厚な味噌かと思ってたのでちょっと拍子抜け。
本店はまだ食べられていないのでアレですが、ここで食べる分には普通に王道味噌のように感じちゃいました。

その他には新潟なおじのドロドロ米粉スープ、成田代表の麺屋青山の豚骨魚介、麺や七彩の喜多方塩冷やしなど、一通りちょっとずついただきまして、それぞれめっちゃ特色ある味が楽しめてかなり楽しかったのですが、個人的な好みで言えば、やはりつけめんTETSUと麺屋青山の濃厚豚骨魚介が結局今の一番好みかなぁということになりました。
あとベーシックめな醤油があまり無かったのが、普段ラーメンを食べない人には取っつきにくいところがあったのかもしれませんねぇ。まぁ普通の醤油だったら東京ならどこでも行けちゃうわけですが・・w

この2巡目で一応全店制覇ということにはなったのですが、みんなでワイワイやりながら時間をかけて味わっていたら、お腹一杯になってしまい、結局3杯目には行けませんでした。

しかし今回は総じてボリュームや会場設備などの面で結構良かったなぁ、と。
トイレの案内が無い事や水が無いのはしょうがないとしても、やっぱりあんまり並ばなくても済んだのが良かったのかも・・。
んー、前期の方も行きたかったですねぇ・・。

70点

東京都港区赤坂5-3
posted by teckl at 11:56 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 赤坂

2010年06月19日

赤坂 最強ラーメン烈伝 長尾中華そば

100619-123710.jpg
東京メトロ千代田線赤坂駅徒歩1分
『赤坂 最強ラーメン烈伝inサカス 長尾中華そば』
肉そば黒津軽 ¥800

赤坂サカスで6/27までに期間限定で開催中のイベント、最強ラーメン烈伝 in サカスの後期にやってきました。
今回は個人戦ではなく高校時代の部活の仲間内5人でもって再会ついでに9店制覇に行ってみようかと。

こちらのイベントですが、TBS前の広場に仮設店舗がずらっと建ち並び、800円の共通食券を購入してそれぞれの列に並ぶシステムです。
このタイプのイベントは平日の方が混雑するのか、土曜の今日は比較的空いてまして、ほとんど列に並ばなくて済むので良い感じでした。というよりもワールドカップ日本戦で外出していないのかも知れないですが・・。
ラーメンイベントというと、前のつけ麺博の、量が少なくて食べる場所が云々とかが思い出されるところですが・・・食べるための屋内スペースがあったり、1杯毎のボリュームがあったりとなかなか改善されているようです。

さて津軽煮干しで有名な長尾中華そばですが、
一口目から強烈な煮干しのダシが口の中にやってきました。
非常にすっきりした醤油スープで、浅草開化楼の麺と相まってなかなかに美味いんですが、煮干しが強烈すぎて個人的にはちょっと苦手かも。
煮干しはなかなか臭みというかクセが強いのでお好きな人にはたまらないでしょうねぇ。
それと、一杯目からあっさりに行ってしまったのはちょっと作戦ミスでした・・。

で、他のみんなが頼んだ希須林の辛担々麺や魂麺の鶏白湯、大喜のあっさり塩とりそば、つけ麺TETSUの濃厚ダブルスープなど、一口ずつでしたがそれぞれに非常に個性的でまぁはっきり言って美味くてという塩梅でありました。

70点

東京都港区赤坂5-3
posted by teckl at 19:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 赤坂

2005年08月11日

赤坂 鴨シャブ竹亭

image/ramen-diary-2005-08-21T03:48:24-1.jpg
東京メトロ千代田線赤坂駅2番出口徒歩3分 赤坂2丁目交番手前 山王流そば
『赤坂 鴨シャブ竹亭』
鴨らーめん ロース 追加麺 ¥2205

北海道から戻りたてですが、兼ねてから行きたかったこの鴨ラーメンに友人と共に出陣。
18時の開店を待って入店すると、とてもラーメンを置いているようには見えない、竹をベースにした高級感あふれる店内。ラーメン野郎なんかが来てしまっていいもんでしょうか。
ラーメンの丼も八角形の底の深いもので、こりゃすべてがこれまでと違いますねぇ。
鴨らーめんにはモモとロースがあって値段が倍くらい違いますが、ここはロース行っとくしかないでしょう。

鴨ってそういやほとんど食べたこと無かったですが、こいつがそれですか。
ちょっと炭で炙ってあるという鴨ロースは鶏肉のようでいてそうではない、薫製のようなスモーキーで絶妙な食感。噛みしめるたびに旨味が染みだしてくるようであります。うむ、うまい。
スープは透き通るような醤油で、鴨のダシ?が染みこんでおり、三ツ葉、山椒などの絶妙な取り合わせで、これはもう和風の中で最強のラーメンスープと言っても過言ではないでしょう。
もちろん最強に強まった極細麺ともマッチ。
さらには替え玉ならぬ「追加麺」、これがまた旨かった。
普通替え玉をしたら味が変わらないか薄まるため、後半に飽きーが来てしまうモノだが、ここはそこをちゃんと押さえており、ニラとニンニクチップを同時に入れることによって1杯目と全然違った味を醸し出しているっていう塩梅。ううむ、すげぇ・・。

その他にもデフォルトがきちんと煎れたほうじ茶だったり、鴨味ごはんだったり、ご主人が気さくにいろいろ裏話をしてくれたりと、こりゃ値段にも納得ですよ。和風好きなら絶対オススメであります。

87点

東京都港区赤坂二丁目13番13号 アープセンタービルB1F
posted by teckl at 18:10 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | edit | 赤坂

2005年07月26日

赤坂 ラーメン屋 秀

image/ramen-diary-2005-07-31T23:50:48-1.jpg
東京メトロ千代田線赤坂駅5a出口徒歩3分 氷川公園先
『赤坂 ラーメン屋 秀』
とろ玉 カタ こってり 替玉 替九条ねぎ ¥1250

豊洲生活も残り二日。
世間的には台風が上陸しているみたいですが、こんな早くあがれるなら途中下車しとくしかないっちゅうパターンじゃないすか、これ。

さて、今回は黒玉(黒ラーメン+玉子)っちゅうにんにくを焦がしたマー油系のラーメンにしてみよう、とオーダー。
上品な極細ストレート麺に、これでもかというくらいの濃厚こってりなドロドロスープ。んめぇ!それにしても替えねぎの量、多!
あと、とろ肉っぽいチャーシューが五片強と妙に多いんですけど。
ふーむ、これは台風で客が少ないから余らせてもしょうがないからサービスしてくれてるのに間違いないわ、とか勝手に一人で解釈してささやかな幸福感に浸りつつ、ふと思う。・・なんかマー油にしては全然黒っぽくないなー、本場のマー油ってこんなわかりにくいくらいこっそり隠し味で入ってるもんなんかなーなんて。
で、レジで言われたのが「とろ玉」という。
あの、「くろ玉」だったんですけど・・・まぁ美味いから許す系で。

73点

東京都港区赤坂2-17-58
posted by teckl at 20:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 赤坂

2005年06月15日

赤坂 らーめん 山王流

image/ramen-diary-2005-06-16T01:19:34-1.jpg
東京メトロ千代田線赤坂駅2番出口徒歩3分 赤坂2丁目交番手前
『赤坂 らーめん 山王流』
キャベツらーめん 固め 濃いめ ¥780

雨降りしきる中ですが、「一杯やってかない?」と誘い来る刺客を適当にあしらいつつ徘徊していると偶然家系を発見。家系食べたいと思ってはいたけど、なーんも下調べもしてないのにコイツはツイてますよダンナ。

てなわけで、普通にキャベツらーめんを頼んでみました。
キャベツ単品180円とは結構高いが、味付玉子が150円てのを見てなんとなく納得。
っていうかこの辺じゃ当たり前の価格帯なのかもしれぬ。

 (キャベツ×2+味玉) > せい家のラーメン

ってーことか・・うぬ。

まぁそんな事はどうでも良くて、この店のラーメンはどうだったかってーと、はい自分のモロ好きな系統の豚骨醤油です。濃厚なコクのスープにチー油少々。六角家っぽいというんでしょうか、美味い。
麺は中太の加水率高め、ツルツルしてちょっと柔らかく感じました。「仕様書発注の独自麺」らしいが、も少しボソボソでも良い感じっす。てか麺の仕様書って何ですか?
キャベツは言うまでもなく、肩ロースチャーシューは主張が弱めで典型的な家系と言った具合。
えーとなんかまとまりませんが、また来るであろう事は予想がつきますな。
家系なのにカレーラーメンがあったのでー。

73点

東京都港区赤坂2-13-13
posted by teckl at 22:45 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | edit | 赤坂

2005年05月07日

赤坂 赤坂一点張

image/ramen-diary-2005-05-08T00:15:42-1.jpg
東京メトロ千代田線赤坂駅1番出口徒歩4分 田町通り オリエンタルパサージュ横
『赤坂 赤坂一点張』
ネギ味噌らーめん 麺かため ¥800

早上がりということで、敢えて赤坂に降りてみました。
リーマン街赤坂もGWって事なのか、ほんとに人がいなくて、かつて無い程の活気のなさ。
で、適当にぷらぷら歩いていると見たことのある店名が。
外観はとてもラーメン屋とは思えない木造のオシャレ系ですか。まぁ気にせず入る。

印象ですが、あっさりめのサッポロ味噌らーめんですな。
濃過ぎず薄過ぎず、味噌本来の味わいってゆーかかなりシンプルなスープに、
中太のもちもち麺。
ここは一つニンニクを入れて景気を付けたいところだが、置いておらず断念。
・・と思ったら揚げニンニクが150円でトッピングなんですか。
いや、ここはニンニクを置いてれば10点くらいUPするかもしれんのですが。
 まぁ久しぶりにシンプルな味噌を食べた気がします。
客の少ない中で、ラジオから流れる巨人−楽天戦に耳を傾ける。
たまにはこういうのもありかもしれんですな。

55点

東京都港区赤坂3-7-9 一点張ビル1F
posted by teckl at 21:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 赤坂

2005年02月23日

赤坂 ばんちゃんラーメン

image/ramen-diary-2005-03-03T02:38:08-1.jpg
東京メトロ千代田線赤坂駅1番出口徒歩7分 一ツ木通り・みすじ通り間路地
『赤坂 ばんちゃんラーメン』
梅干しラーメン 大盛り ¥950

何故かハングル料理屋が溢れるこの通り。
よくラーメン雑誌で見かけるここの梅干しラーメンが異様に旨そうだったので、
探し歩いてやってきました。
さすが赤坂、店の前には「梨元勝御用達」とかなんとか煽ってやがります。

店に入るとシャネルおばちゃんとなにがしかの俳優がばんちゃんと談笑中。
雰囲気自体はよさげです。
頼んだのは当然紀州和歌山産の南高梅ラーメン。
見た目はなかなかだが、思ったよりすっぱくない。
ふつーのトリガラ・サバ・昆布の醤油スープの細麺に、梅干しが入っているだけという印象。
これだけ食べると何の変哲もないラーメン。ふむ。
もっと強烈なすっぱ系ラーメンだと思ったんですが。
梅増しとかやってほしぃかもー。

53点

東京都港区赤坂3丁目
posted by teckl at 21:06 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | edit | 赤坂

2005年02月15日

赤坂 屋台の味 赤坂ラーメン

image/ramen-diary-2005-02-17T00:42:20-1.jpg
東京メトロ千代田線赤坂駅2番出口徒歩4分 外堀通り沿い
『赤坂 屋台の味 赤坂ラーメン』
赤坂小町 濃味 ¥800

約二年ぶりくらいにこちらへやって来ました。
今は近くて遠い存在になってしまった麻布ラーメンの面影を求めて、
っちゅうのはまぁ半ば嘘の可能性がありますが、
定期券購入を祝ってこっちの方面を開拓しておこうかと。

むちゃくちゃ狭い椅子に座り、芸能人のサインなぞを眺めながら待っておりますと来ました、小町。
麻布ラーメンの豚骨醤油を期待して頼んだのにこちらは醤油のやや強めな、
家系とはちょっと方向性の異なるスープ。
うーむどの辺が小町かは分かりませんが、まぁまぁ喰えるかな・・
場所柄か、ちと高いのは気になるところ。
スペアリブラーメンなんて、1350円ですか。
食べてみたいけど、麻布2杯+キャベツとか考えたらやっぱ無理す

62点

東京都港区赤坂2丁目
posted by teckl at 22:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 赤坂

2005年02月07日

赤坂 ラーメン屋 秀

image/ramen-diary-2005-02-08T23:35:20-1.jpg
東京メトロ千代田線赤坂駅5a出口徒歩3分 氷川公園先
『赤坂 ラーメン屋 秀』
とろ肉チャーシュー麺 替え玉バリカタ ¥1150

今日は仕事がおそろしく早く終わってしまったので(当社比)、
まぁいわゆる寄り道をする余裕があるわけです。
で、とりあえず適当に赤坂なんぞをふらつけばなんとかなるだろう、
と安易な考えでふらついてみました。
すると、よく俺の様なモンが来ていいんでしょうか、
オサレなカフェっぽい有名店が現れました。
なんか女性スタッフだけだし、べたついたスポーツ新聞どころか女性誌までラックに完備。
うむ、こいつはカッコばっかの店だな・・・と窺いつつも一番のオススメのとろ肉をオーダー。

さて味は・・・・

・・・うめえ。うめぇっすよアニキ!
無化調、無添加でここまでやりますかアネキ!!
この煮詰まりまくって血液がどろどろになりそうな超濃厚こってりとんこつスープ、
細麺と絡み合う絶妙な背脂達。
たとえテーブルの水が氷入ってなくてぬるかろうと、生姜が補充されてなかろうと、
最近の中ではじゃんがらのぼんしゃんと並び最強レベルであります。
とろ肉自体は珍しいものではありませんが、ありがたく確実に最後の一滴まで飲ませて頂きました。
この油の量、確実に寿命が縮みそうですが。
ん〜赤坂いいですなぁ。

81点

東京都港区赤坂2丁目
posted by teckl at 19:57 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 赤坂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。