2012年07月29日

新松戸 山勝 角ふじ

2012-07-29 22.15.15.jpg
新松戸駅徒歩10分
『新松戸 山勝 角ふじ』
ラーメン 小豚 硬め 濃いめ ニンニク少し ¥850

ということで三郷市文化会館で20周年の初怪談ナイトをじっくり堪能。
演目まではまだネタバレできませんが、懐かしの名作怪談を楽しみまして、
帰りに乗り換えついでの新松戸でもう一杯食べていくことに。

駅から少し歩いて近くに壱寅家があって迷うも、せっかくの普段来ないエリアなのでこの新松戸の顔とも言うべき山勝 角ふじを検証。
いわゆる二郎インスパイアの中でも特に人気がある名店らしいですねぇ。

ということでやっぱり客層は若者メイン、無難に小豚の並を。
初めてだというのにいつものクセでかため濃いめコールをしてしまいました。

特にヤサイコール無しですが、山盛りモヤシの上に刻み玉ねぎと醤油ニンニク。ヤサイコールしなくて助かった…。
んでスープの上には背脂がぎっしりと。

さて、一口目。
背脂たっぷりの醤油、さすが、美味いっす…。
ニンニクと背脂でほどよくこってりしており、しょっぱさはちょうど好みぴったり、
スープの中でもタマネギが多くの割合を占めるのでこってりしつつも優しい甘みが出ていてあくまで食べ易いです。

そして小豚と言っても分厚めの豚が4枚。ラフテーみたいに脂肪分多めですが食いでがあって濃くて良し。
ゴワゴワの極太麺に、形の良い背脂片がガッツリ感とモヤシのヤサイ感。これはニンニクマシマシにしたかったすねぇ。

いやー、最近ガッツリ系は遠ざかってましたが、これは最後まで旨く楽しめました。
ううむ、噂通り素直にうまかった、、完食です。

88点

千葉県松戸市新松戸3-420-2
posted by teckl at 22:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2011年02月28日

小岩 一本氣

DSC_0237.JPG
総武線小岩駅北口徒歩3分
『小岩 極濃豚骨 一本氣』
一本気SP麺 ¥1000

その後、下仁田から一気に高速で東京まで帰ります。
って言うことで、最後はこの小岩でシメることに。
小岩は何気にラーメン激戦区になっているようですが、選んだのはこの一本氣です。
六角家で9年、博多一幸舎で1年修行されたご主人による極濃系豚骨ラーメンとの噂ってことで、これは美味そう・・。

どかっと並んだチャーシューの上にキャベツ、メンマ、味玉などが所狭しとぎゅうぎゅうに詰まっております。
さて極濃スープ。
むむ、コイツは・・・超濃厚にしてまさに家系の進化形。
単なる豚骨にとどまらず、骨髄まで溶け出した感じの、極濃の名は伊達じゃあありませんな・・。
麺こそ家系などとはだいぶ違いますが、素直にうめぇぇ、の一言です。。

ニンニク入れるとさらに最強に強まってまいります。
値段は少々張りますが、家系欲も満たされて、かつ豚骨ラーメンの骨髄エキスも味わえるという見事な一杯っす。
ハラヘリ状態だったらさらに強まっていたであろうことを考えると、ちょい胃袋が恨めしくもありますが、
こりゃまた食べに来たいところですねー。

84点

東京都江戸川区西小岩1-29-6
posted by teckl at 02:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2007年11月30日

館山 汐入

NEC_0560.jpg
『館山 汐入食堂』
五目ラーメン ¥700

突如思いたって千葉の奴らと房総へ心霊検証ツアーに行くことに。
まずは成田から御宿へ。部屋がアレゲなのにやたらと磯料理が豪華過ぎるという比類なき民宿「いどばた」で一泊後、
勝浦の廃ドライブインSUNで軽く流した後、さらに外房側を南下して千倉(南房総)にある稲川淳二先生ご用達の最恐の某巨大怨霊ホテルへ。一時間半ほど検証を敢行。ついに妊婦のシミのある検証部屋は見つかりませんでした。しかしまだ現時点では解析は済んでいないため、何かしらの霊障があるかもしれません。

気を取り直して館山の潮音海岸へ向かい、ビーチボーイズの潮音海岸で一息。もう5、6回目くらいになりますが、いつ来ても良いですぁ・・・

で、フラワーラインから館山市内に入るあたりでラーメン屋というか食堂を発見。
なかなか居心地のいいアットホームな店内は、いかにも地元民が家族とかで集いそうな落ち着いた雰囲気のお店でした。
シンプルな醤油にカマボコと味玉やらが色を添える。
横で見てたらカツ丼とかが普通にうまそうでした。

65点

千葉県館山市沼1590
posted by teckl at 03:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2007年04月29日

船橋 阿修羅

070429_135658_ed.jpg
JR総武線船橋駅南口徒歩10分 千葉街道沿い
『船橋 拉麺 阿修羅』
あじ玉・チャーシュー胡麻らーめん ¥1050

かなり久々に、ラー友のネット設定がてら千葉のラーメン探訪にやってきました。

最近の千葉のラーメン事情は何も分からないので、完全にオススメに乗って連れていってもらうことに。
千葉のニューウェーブとしてかなり期待を集めているらしいこの阿修羅のウリは非常にユニークな胡麻ラーメン。
単純に聞いた時は坦々麺的なものを想像してたんですが、全然違いまして。

和風でまとめた醤油の中に、ほんのりと酸味がありゴマの香りがそいつらを包みこんでます。
正直これまでゴマには口に入れた後にザラザラ残る感というか苦手意識もあったんですが、こいつはゴマのイメージからは想像できないすっきりした後味に、麺がキリっとまとまり系。

うーん、言葉では難しい。食べてみてほしい。

84点

千葉県船橋市湊町2-7-3-101
posted by teckl at 13:56 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(2) | edit | 千葉県

2007年01月03日

小見川 くるまやラーメン

070103_001155_ed.jpg
JR成田線小見川駅徒歩20分 国道356号沿い アピオより佐原寄り、コメリ手前
『小見川 くるまやラーメン 千葉小見川店』
スタミナラーメン ¥787

正月も間もなく終わりっちゅうことで、山時代の仲間とアピオのバッティングセンターやら神栖のゲーセンやらダーツやらGoodyやらを楽しみまして、最後はせっかくだから、くるまやに行こうという展開に。

久しぶりのくるまや先生のニンニク味噌ですが、相変わらずの破壊力ですな〜。
いくら飲んでも飽きないというか、この豊かなコクの濃厚かつ芳醇かつニンニクまみれの味噌スープ。
いや〜、素晴らしいですわ。

80点

千葉県香取郡小見川町分郷60-1
posted by teckl at 00:11 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2007年01月02日

佐原 伝丸

070102_011457_ed.jpg
JR成田線佐原駅北口徒歩6分 国道356号沿い
『佐原 北海道らぁめん 壱鵠堂 伝丸 356号香取店』
伝丸味噌ラーメン 3ヘルツ ¥650

そして二次会は恒例ミナミボウルにて、その後三次会から昔のガキの使いでやっていた、「アイスコーヒーはどこまでアイスコーヒーなのか?」に対抗するものとして、すき家にて「3ゲーム大盛り」を敢行。かなりの殺伐とした空気となりかけました。
そしてこの四次会は伝丸にて「味噌ラーメン3ヘルツ」。ニンニクチップを投入しまくってもなかなか手強い相手。結構そこそこの味だった気がしますが、それどころではない我々。

結局五次会デニーズでは「あいちゅこーひーよっちゅ」でその場の空気が凍りつき、六次会はパティオで「〜でござるよ、ニンニン」、七次会のガストでいきなりの「明けましておめでとうございます」挨拶+「でござる」となった頃には、やる負荷よりも眠気と飽き気味だった可能性があるという噂。

あぁ年はじめから全然らーめん日記じゃないですな。

60点

千葉県香取市北2丁目
posted by teckl at 01:14 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2007年01月01日

佐原 一源

070101_210737_ed.jpg
JR成田線佐原駅北口徒歩4分
『佐原 食彩屋 一源 佐原店』
ラーメン ¥420

今年の初ラーメンは居酒屋ラーメンから。
毎年恒例のメンツで新年会です。それにしても佐原駅前がさらに変貌を遂げているのには驚きました。成田線がボックスシート無くなってたりするし。
でも昔タコスロを打ったパチ屋が変わらず営業してるのは嬉しいですね。

さてこの居酒屋ラーメン。値段的にみても業務用なんでしょうが、ひそかに美味くてまいった。つか、下手な店より美味いんでないの。
で、このあと新年早々アレゲな展開へ・・

66点

千葉県香取市北2-15-6
posted by teckl at 21:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2006年10月08日

小見川 壱番亭

061008_191415_ed.jpg
JR成田線小見川駅徒歩20分 パチンコダイナム向かい
『小見川 旨さ一番 ラーメン屋 壱番亭』
全部のせラーメン 味噌 ¥1200

まぁたまにはっちゅうことで、千葉の実家に戻ってまいりました。

さてこの店、業界最大手のダイナムが参入してきた事によって、ともえやアップルなどの既存の小見川的パチ屋がしのぎを削りまくっているというこの恐るべき場所を狙って出来たラーメン屋。ホントパチ業界の移り変わりは早いもんです。
で、こちらはくるまやに似て非なる味。というか、大衆寄りの標準以上な味から歩み寄りをみせているような、否の打ち所のない万人向けの味といった印象。
ちゅーか日本語明らかに変。
なんか酔っ払っているのでなんとも評価に困りますが、とりあえず文句はないですな。

で、ニンニクを大量投入したら結構くるまやっぽくなったけど、それって結局くるまやの幻想を追い掛けてるのかもしれんですな、と。
やっぱあのニンニク味噌が身の丈にあってるのかもしれんです。パチンコワコーしかり。

69点

千葉県香取市本郷722-1
posted by teckl at 19:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2006年08月17日

小見川 くるまやラーメン

060817_013522_ed.jpg
JR成田線小見川駅徒歩20分 国道356号沿い アピオより佐原寄り、コメリ手前
『小見川 くるまやラーメン 千葉小見川店』
スタミナラーメン ¥787

やべぇっす、お盆進行のクソ忙しいさなかのド平日ですが、利根ライナーで千葉に戻ってきちまいました。天文部的会合。
佐原の356沿いの飲み屋に合流し、しばし飲んでから佐原のあたりを見渡すも、ラーメン屋全然やってねぇ。
51号沿いの八つ葉に向かうもやはりやってねぇ。

というわけで、絶好のくるまや的材料が揃ったので、閉店ちょいまえにやってきました。
久しぶりの再会ながら、やはり唯一神・くるまやは望み通りのものを与え賜うた。
ニンニクの激しいジャンクな味噌スープ。
時代を超えて、いつまでも変わらないこの味にもうタジタジですよ。
いくら飲んでも飲んでも飲み足りないこの神聖なる御味噌スープ様にしばしの別れを告げ、比類なき今宵の宿・ガストの駐車場へと向かったのであった・・

80点

千葉県香取郡小見川町分郷60-1
posted by teckl at 01:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 千葉県

2006年07月30日

市原 飛天屋

060730_170219_ed.jpg
JR内房線五井駅 市役所通り飛天坂そば 市原市役所より徒歩13分
『市原 ラー麺 飛天屋』
チャーシューワンタンラーメン 餃子 烏龍茶500ペット ¥700

はるばるやってきた地どりラーメンがスープ切れで閉店との展開。うぬ、確か20時まで営業してるっちゅう話だったんすが・・

で仕方ないので他に店は無いかな、と見回すとすぐ近くにこのお店。
店内に入るなり、チケットを買って下さい、との。はて、券売機がないなあとか思っていると、券売機はジュースの自販機で、烏龍茶ペットボトルにラーメンのチケットが付いてます。
うわ。
さらに餃子までサービスですか。なんちゅう太っ腹ぶりっちゅうか、こりゃ地どりを殺りにきてますか。
などとくだらない事を考えながら、出てきました飛天様。
む?
・・・
ほほぉ、これはなかなか個性的な麺でいらっしゃいますな。
このひょろっとしていてぷちって言うなんとも言えぬ驚愕の触感。
んー、これはインパクトの面では地どりを遥かに超越してますな。

ここに詳細に述べるのは憚られるのですが、ググったら素晴らしいエントリがあったのでトラバさせてもらいますー。

55点

千葉県市原市根田3-12-2
posted by teckl at 17:02 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2006年06月20日

本八幡 魂麺 まつい

image/ramen-diary-2006-07-02T16:19:56-1.jpg
JR総武線本八幡駅南口徒歩5分 
『本八幡 魂麺 まつい』
太魂 味玉 のり ラーメンビール ¥1350

ついにみなし機最終日。
普通に仕事をしながらも、いてもたってもいられなかったので、たまらず行ってきてしまいました、聖地本八幡のパール。
当然ながらバーサス、パルサー等は触れませんでしたが、シーマスター、疾風の用心棒、大江戸桜吹雪といった学生時代にお世話になった彼等に再会出来てなかなかの収穫でしたでしょうか。

で、帰りは久々になりたけでギタってみたくもあったんですが、超らーめんナビを検索しますとあの魂麺まついがすぐそばじゃないですか。
券売機を見ると噂のラーメンビールもありやがったので、当然オーダー。
む、ビール酵母が口のところに塗りたくられてます。
ラーメンと相性が良いビールみたいなのですが、なるほどかなり甘くてやわらかい喉越しの素晴らしいビールですなー。普段は発泡酒ばかりなので、どんな種類かは分かりませんが、これその辺のラーメン屋にあったら頼むかも。家系だとスーパードライって感じで、こちらは魚介鶏ガラスープに合いそうなイメージ。

さて、ラーメンですが、麺が中太にしては妙にシコシコしてまして、うむ、マジ美味いです。文句なし。
真っ当な鶏白湯のスープはほとんど初めてでしたが、まさかここまでだとはねぇ。白濁したスープに、魚介の絶妙なバランス。
渋谷のはやし的なイメージで、この優しい味のまま、最後の一滴までペロリですよ。
この麺にしてこのスープ。こりゃ〜全メニュー試してみたいなー、と。
はぁでも遠いですねぇ・・・せめてパールが元気でやっててくれれば。。

77点

千葉県市川市南八幡3-6-17-102
posted by teckl at 23:12 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2006年05月07日

小見川 実之和食堂

image/ramen-diary-2006-05-15T11:47:15-1.jpg
JR成田線小見川駅徒歩5分 小見川中央小学校裏
『小見川 実之和食堂』
カレーラーメン ¥530

地元のこのお店。
高校の時までずっと住んでましたが、正直ここ今回が初めてであります。近くの黒部川沿いの団子屋のラーメン、パン屋のカップラーメンなどは食べてた記憶がありますが、軒並みのれんをおろしていそうな雰囲気。ううむ寂しいものですなぁ・・。

さてさて、最近よく雑誌等に露出してきているここのカレーラーメン。なんと50年以上もここでカレーラーメンを出し続けていて、おそらく日本最も早い店かもだとか。先日は馬場のかれー麺実之和に行きそびれてましたが、まさかここの出身だったとはねぇ。

さてそのラーメンですが、スパイシーでとろみのあるカレースープに、細めのストレート中華麺がうまく絡みます。どちらかといえばそば屋のカレー南蛮的なイメージでしょうか。
具はねぎと豚の三枚肉が入った素朴なもので、派手さはないですが、最後まで飽きのこない味。
空海とかのそれとは対極的な感じもありますな。
これで530円とは、いやはや恐れ入りました。しかもなにげに23時近くまで営業してるみたいだし。やるな小見川。いや香取か(笑)。

66点

千葉県香取市小見川町小見川857
posted by teckl at 12:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | edit | 千葉県

2006年01月03日

小見川 くるまやラーメン 千葉小見川店

image/ramen-diary-2006-01-24T04:56:56-1.jpg
JR成田線小見川駅徒歩20分 国道356号沿い アピオより佐原寄り、コメリ手前
『小見川 くるまやラーメン 千葉小見川店』
ねぎみそラーメン ¥735

そして性懲りも無くまた来ちまいました。
今日もやっぱり地元の友達と来たんですが、この二人で集まるとなんとなくくるまやに来なきゃいけないような感じになってきているのがいい感じであります。
正直、あまり腹は減ってなかったのではありますが、このニンニクの香りをかいだ瞬間にそれも吹っ飛ぶってもので。実にわかりやすい展開。
んー、このねぎみそもうまいです。
見た目はその辺のねぎ味噌ラーメンとあんまり変わらないんですが、なんでこんなにうまく感じてしまうんでしょうか。
これは渋谷とかに来てくれたら毎日でも食いたしって思うのですが、やっぱり街道とかバイパス沿いで食べるからうまいのかな、っていうのもありますので、また次回食べられる事を期待しつつ、帰省ラーメンは一旦終了となりました。

73点

千葉県香取郡小見川町分郷60-1
posted by teckl at 17:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2006年01月02日

小見川 くるまやラーメン 千葉小見川店

image/ramen-diary-2006-01-24T04:54:15-1.jpg
JR成田線小見川駅徒歩20分 国道356号沿い アピオより佐原寄り、コメリ手前
『小見川 くるまやラーメン 千葉小見川店』
スタミナラーメン ¥787

帰省した時はここに来なければはじまりません。
ここに来るとどうしてもあのワコー時代を思い出してしまいます。
朝一からのニューパル・ダイバーズ・ビガー・アラジンマスター・アレジン・エキサイト等のモーニング・・・本当にいい時代でした。
他にも夢屋のクランコ、マルキのC51・・・ってこのまま行くと完全に別の日記になりそうなので、このへんで・・

で、昼食札を取っての隣のくるまやでのスタミナラーメン。
今思えばあれが自分のラーメンの原点だったような気がします。
あの頃は外食だったら何を食べても美味かったっていうのもあるかもしれませんが、それでもあのニンニクたっぷりのくるまやは最高のご馳走でした。

そして、今でもくるまやはやっぱりあの頃と変わらず自分のラーメンのうまさの基準みたいなものになっちゃってるのかもしれません。

80点

千葉県香取郡小見川町分郷60-1
posted by teckl at 21:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2005年11月12日

東船橋 ニューラーメンショップ かいざん

image/ramen-diary-2005-12-19T05:43:22-1.jpg
JR総武線東船橋駅 中野木交差点南側
『東船橋 ニューラーメンショップ かいざん』
かいざんラーメン こいめ かため ¥700

ちゅーことで、だんちょうてーの後、もちろんここはハシゴラーメンを。
いつものパターンでは、2件目は・・てな具合ですが、今日はどうでしょか。
正直、さっき替え玉を頼んでいたのですが、それはそれとして。
このかいざんですが、ラーメンショップ系ながら、行列が絶えない名店らしいです。そういや良く雑誌とかに出てますな。
店内は良くありそうな街道沿いのそれですが、とりあえず店名を冠したかいざんラーメンを頼んでみます。チャーシュー、ネギ、ワカメがトッピングされてます。
スープですが、シンプルな豚骨醤油に、背脂がちょいっと入った関東風とんこつっぽいです。昔平井の五衛門とかでよく食べた好きな味。
てわけで、自然と喰えてしまいました。
あー千葉もいいわ・・

68点

千葉県習志野市谷津6-21-4
posted by teckl at 21:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | edit | 千葉県

本八幡 八幡だんちょうてー 弐LDK

image/ramen-diary-2005-12-19T05:12:18-1.jpg
JR総武線本八幡駅南口徒歩15分? 市川ICそば
『本八幡 八幡だんちょうてー弐LDK』
みそらーめん 替え玉 ¥1050

久々のラーメン遠征@千葉編。つっても実家方面ですが。
とりあえずほとんど未食な地域なもんで、ラー友に適当に連れてってもらいますと、
そこは元かっぱの、「だんちょうてー」っちゅう風変わりなお店。
どうやら永井荷風の断腸亭から来ているらしい。ふーむ。永井荷風自体ほとんど知らんですが。
さてそんなことよりここのラーメンですが。
一口喰ってびびりました。旨!細い麺のくせして、ほんのり香る魚介のダシとともに、この濃厚味噌に実に合いやがってますよ。
白髪ネギとゴマの風味、チャーシューもなかなか。あまり期待してなかっただけに、こいつは上機嫌になりまして、調子に乗って替え玉。次もあるのに、。
とか思ってたら、替え玉しちゃうとアレですな。最後の方くどいっちゅうか。
正直、友達の食べてたつけ麺のあの濃厚スープ、アレにはヤラレました。FRIDAYに次ぐうまさでして。
それにしてもこの辺、ラーメン屋ばかりでホント羨ましい限りですな〜。

74点

千葉県市川市南八幡2-16-16
posted by teckl at 20:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 千葉県

2005年03月12日

館山 くるまやラーメン 館山北条店

image/ramen-diary-2005-03-14T00:56:15-1.jpg
JR内房線館山駅西口徒歩8分 館山港北条海岸沿い
『館山 くるまやラーメン 館山北条店』
スタミナ 大盛り ¥850

なにやら研修旅行が鋸山の方でありまして、そのまま帰るっちゅうのは芸がない、
ちゅーことで、せっかくだから南下。
ビーチボーイズの潮音海岸まで5年ぶりくらいに寄ってきました。
もうあの頃の面影は無くなってきてしまってますが、ここ、何度来ても落ち着きます。外は花粉まみれですが。

で、せっかく館山まで来たことだし、なんか無いかなーと海沿いを歩いていたところ、
くるまや発見!!
そういやもうここもずっと喰ってなかったので、迷わず入店。
海を見ながらなつかしのスタミナラーメンを注文。
ん〜美味い、最高!!この味噌ですよ。
大量のニンニクが投入された味噌に、このもっちり太麺は、もはや最近のニューウェーブラーメンとか、原材料は利尻産のなんちゃらとか言っても到底及ば無い世界を創造していますとか勝手に書き殴ってみたくもなります。
未だに変わらぬ味にうれしくなりながら、多分次に喰えるのはだいぶ先になるんだろうな〜と感傷に浸りながらのんびり戻ったのでありました。

80点

千葉県館山市北条2292
posted by teckl at 17:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

2004年09月11日

行徳 らあめん葫

image/ramen-diary-2004-09-11T02:18:03-1.JPG
東京メトロ東西線行徳駅徒歩20分 西友より徒歩2分団地前
『行徳 らあめん葫』
らあめん しょうゆ 半熟卵子 ¥683

続いてはにんにくですよ。えぇ、これはもう。
こんな微妙に分かりにくいマンションの一角にあるわけですが、しかしこれまで来たラーメン街道のどの店より客が入っている印象。
まぁでもそんな期待しないで行ったわけですが、コイツがまた。
うめぇ!
一口目で分かっちまいましたですな。はっきり言って、私好みですよ。
デフォで固めの太麺に、野菜をたっぷり煮込んだ豚骨スープの旨みと、ニンニクチップとおろしニンニクのこの憎いまでのコンビネーション。
あぁもう。勘弁して下さい。もう一個ニンニク入れたいんですが。
それでいて、この価格。
おかわりしないわけにはいかないこの麦茶。
常連客の馴れ合いっぷり。(いい意味で)
店員のハチマキっぷり。

これぞ、求めていた理想のラーメン屋的姿と言えるんではないんでしょーか?
少なくとも私はヤラレました。頼むから、登戸あたりに来なさい。そしたらニンニク3個は入れるから。後生だ、頼む。

80点

千葉県市川市新浜1丁目
posted by teckl at 02:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 千葉県

南行徳 めん組

image/ramen-diary-2004-09-11T01:46:58-1.JPG
県道6号 市川・浦安線 東京メトロ東西線南行徳駅徒歩15分
『南行徳 本節鰹だしらあめん めん組』
ねぎみそらあめん ¥800

ちょっとした用でちょいと千葉に寄りまして、帰り際ラー友に連絡したところ、捕まっちまいましたので急遽ラーメン検証の旅っちゅう事になりまして。
とりあえずラー友の未検証店という事でこちらにやってきました。
どうやら鰹ダシをメインにしているらしい。入口にみそ始めましたっていう貼紙があったもんで、ついこちらにしちまいました。果たして魚介系の味噌味とはいかに?とか期待したんですが・・
んー。普通に味噌っている感じで、鰹ダシっぽさはなんとやら。普通に普通の味噌なんですがー。
・・まぁ普通に考えて、味噌と魚介系なんて合う訳無いよなー、なんて思いつつ、良く考えたらみそを始めた、とはあっても味噌に鰹ダシを合わせてある、とは書いてなかったわけで。つまり宣伝文句にはなんら問題も無いわけで。
ラー友の醤油を食べたらもちろん普通に魚系として普通に食える味だったわけで。

50点

千葉県市川市相之川3丁目
posted by teckl at 01:47 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | edit | 千葉県

2004年08月28日

本八幡 こってりらーめん なりたけ

image/ramen-diary-2004-08-29T13:57:54-1.jpg
JR総武線本八幡駅北口徒歩3分
『本八幡 こってりらーめん なりたけ 本八幡店』
醤油味玉子らーめん ¥700

数年ぶりに、高校時代の山岳部の先生と、後輩とで呑んできました。
本八幡ってのは先生のお気に入りらしく、街全体が総武線特有の香ばしい雰囲気。店のオヤジとの間で日々繰り広げられる人生劇場的立ち飲み屋がひしめき合ってたり、サイゼリヤの1号店の記念碑(店はもうありません)があったりで、そんなちょい裏路地の店でホッピーを初体験してきました。白ホッピー、うまかったっす。
さて、そんなこんなで後半になるといつものように記憶が無くなりがちで、気が付くと3人でなりたけにおりました。
何を頼んだかは写真にしか残っていなかった次第。
なので、たぶん背脂ギタギタで頼んでもないかもしれません・・・妙に喉が渇いたし、やっぱ美味かったとは思うんですが・・。そもそもなりたけをギタで頼まないなんて、なりたけ様を冒涜する行為とは思いつつ、酒の力には叶わなかった、と・・。
あぁまだまだ全然なりたけ野郎には近づけなそうです・・。

68点

千葉県市川市八幡2丁目
posted by teckl at 21:14 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 千葉県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。