2011年10月15日

川崎 玉 赤備

DSC_2263.jpg
JR川崎駅徒歩5分 銀柳街
『川崎 玉 赤備』
つけめん 並盛り ¥780

社員旅行でもって、箱根からのアサヒビール園でもって散々飲んだ後に、
毎年恒例の稲川座長の怪談ナイトのクラブチッタオールナイト公演へ。
腹は減ってないですがやっぱ一杯食べておかねばということで、怪演前にこの玉赤備へ。
あの浜川崎の有名店、玉の「三三七」に続く支店ということのようですな。
「三三七」が既に閉店しちゃってますが、こちらは夜遅くまでやっててくれるのは嬉しいですねぇ。

有料の玉ソースはとりあえず無しで、シンプルにつけ麺を味わうことに。

どろっとした豚骨魚介、最近はやりのドロドロ系にタマネギ、チャーシュー。
む・・・うまい
ドロドロなだけじゃなく、しっかり濃いめで納得です。
麺はもう少しかためがうまそうですが、なかなかのごつい喉ごしといいますが、これぞつけ麺って感じですねぇ。

特製薬味の「万能」ですが、ニンニクが効いて確かに万能に合いますなぁ…。
「三三七」の時のような衝撃は無いですが、これと言って弱点が見つからない見事なつけ麺で満足でした。
これなら中盛りにしておければ良かったなぁ…

84点

神奈川県川崎市川崎区砂子2-2-1
posted by teckl at 16:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 川崎

2011年01月06日

川崎 武松家

DSC_0122.JPG
JR南武線川崎駅東口徒歩12分 仲見世通り
『川崎 武松家』
武松スペシャル 並 固め 濃いめ ¥900

さっきは三三七で並を頼んでしまったのでもう一杯食わねば気がすまない、ってことで怪談ナイト怪演前に今回も武松スペシャルを食べにやってまいりました。

んー、寒くてビールが手がかじかみます。

うむ、いつもの濃厚、トロトロに乳化した野菜&豚骨っぷり、たまらないです。
が、今日はいつもと調理している方が違ったためか、醤油ダレが弱め。
ちょっと家系欲的には若干物足りなさも残りますが、
その一方で家系には珍しくチャーシューが柔らかくていけるのが良いですねぇ。
なんとか全部スープまでいただきまして、2010年の家系を締めくくったのでした。

ということでその後は友人と合流しまして、クラブチッタで座長の真冬の怪談を堪能したのでした。
今回の冬の部では懐かしの座長の体験談を中心とした怖い話セレクション的内容で、
朝5時半まで実に良い時間を過ごさせていただきました。
また来年も観に来たいですねぇ、えぇ。

75点
posted by teckl at 18:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 川崎

2011年01月05日

川崎 三三七

DSC_0119.JPG
JR川崎駅東口徒歩9分
『川崎 つけめん 三三七』
煮番搾り 味玉 並 ¥900

ついに当ブログも7年目の2011年に突入することが出来ました。
・・・ということでこれまでと変わらず適当にやっていこうと思っておりますが、
まだ去年の更新分が溜まっていたりしまして、まぁマイペースでやっていこうと思いますのでよろしくお願いいたします・・。

年末の稲川淳二の真冬の怪談ナイト@クラブチッタ川崎に初参戦。
つけ麺で有名な川崎・玉のネクストブランド店ですが、今日はついに営業中にやって来れました。

メニューの「一番搾り」は煮干しメイン、「煮番搾り」は鶏、魚介、野菜ベースの濃厚スープ。
となると濃厚を選んでしまうのが人間の性です。

さて・・・
・・ぬお、これはうまい・・。

超濃厚な鶏のこってりと煮干しの魚介スープ。
濃厚だけどしつこくなる直前の濃さで動物系のうまさが引き出されてます。

ゴツゴツの茶色がかった麺も歯ごたえたっぷりでもって、このどろっとしたスープに最高にマッチしております。
んー、並にして失敗したなぁ・・。

チャーシューも無駄なく、久々のダブルスープがとにかく旨い・・。
とにかく濃いのでスープ割りをしてもまだ満足が行く味わいで、ひさびさに旨いつけ麺だったなぁ、と。

値段が違うから並にしたつもりだったんですが、帰り際に見たら中盛りも同じ800円だったのね。。
とりあえずまた来るしかないと思いましたですねぇ、えぇ。

88点

神奈川県川崎市川崎区小川町9-7
posted by teckl at 13:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 川崎

2010年10月27日

川崎 武松家

2010-1008-232256719.JPG
JR南武線川崎駅東口徒歩12分 仲見世通り
『川崎 武松家』
武松スペシャル 濃いめ かため ¥900

更新をすっかり忘れちゃってましたが、
10/08の深夜、稲川淳二先生の怪談ナイトのメイン公演である川崎クラブチッタにて開催されました。
今年度は仕事を切り上げられたので23時、無事川崎に到着。
何も食べていないので超ハラヘリ状態でしたが、雷家にもつけめんの三三七も店の前までいくも既に閉店・・。
さまよい歩きましてダメもとでこの武松家へ。
23時閉店との情報を得ていましたが・・・来てみると25時までに延長していたようで・・この時ばかりはらーナビなどを信じなくて良かったなー、なんて思ってみたり。

さて、かなり久々ですが、当然武松スペシャルです。
ぬ・・・。
んー、こいつはマジでさらにうまくなっておるです。。
トロトロに乳化してずっしり重厚なスープ。

昔のうまかった頃の壱六をさらに進化させ、もはや別格の感さえあります。
豚の旨さが凝縮しまくりのケモノ的濃厚スープ。
んー、これぞ(直系じゃない)家系の完成形って勝手に思わせていただきます!

深夜公演の前なのでニンニクは我慢しつつも、ノリ、うずら、半熟玉子、チャーシューと、
どんぶりは小さめだけど、極上の一杯で、これはもう満足という他ないですねぇ。
川福家の閉店は非常に残念ですが、また川崎には喰いに来ねばならんようです。
あぁ最近の壱六家もこうなってくれればなぁ・・・。

ってことで、大満足した後は稲川座長の怪談を朝までじっくり堪能させていただきまして、
かなり大満足の良き思い出となりました。

93点

神奈川県川崎市川崎区砂子2-8-5
posted by teckl at 14:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 川崎

2008年06月13日

川崎 川福家

080601-194037.jpg
JR川崎駅徒歩9分 京急川崎駅徒歩4分
『川崎 川福家』
ラーメン 濃い口 かため のり キャベツ 青菜 ¥740

一仕事終えたのでUSB万歩計などの買い物ついでにチャリってやってきました。

ダメもとで店の前を通ったのですが、定休日が日曜から月曜に変更の張り紙が。
ついに日曜も営業するようになったみたいですな。すげぇ嬉しいです。

お、並がこの時代にまだ590円ですか。
中盛り以上の誘惑にかられるも、量より種類ということで同じ料金でトッピング3つを選んでみました。

うぬ、やばい、さらに美味くなっている・・・。

吉村家ゆずりのこってり脂・濃厚な豚骨とシャープな醤油のキレの文句の付けようのないバランス。
酒井製麺も何故にここまでウマイんかな、と疑問になります。

うーむ、美味すぎて表現に困りますな・・・。
キャベツがヘナヘナなやつですが、でも50円だと思うと全然おk。

あ、スモーキーなチャーシューは特になしで。
とかあーでもないこーでもないと言っていたら、
スープが最後の一滴まで無くなっていて刻みしょうがを入れるタイミングを逃してしまいました。

95点

神奈川県川崎市幸区幸町2-690
posted by teckl at 10:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | edit | 川崎

2008年04月28日

川崎 武松家

080420_2057~001.jpg
JR南武線川崎駅東口徒歩12分 仲見世通り
『川崎 武松家』
とんこつラーメン 濃いめ 固め のり ¥800

よういちさんから家系の新店情報をいただきまして、
川崎までひとっ走り。
飲み屋街の仲見世通りで途中迷いながらも、ギリギリ。
20時45分、ラスト豚骨のみというところをなんとか入れてもらえました。

丸鶏白湯というのも気になりますが、まずは一番ノーマルから。

おぉ。
クリーミーかつミルキーな濃厚家系スープ。
一口食った瞬間に、バランスが素晴らしい事がわかりすぎてしまいました。
んー、ギリギリ食えたこともあって、こいつは旨すぎてます。
通常の家系とのちがいは、壱六家系特有のうずらと、珍しくメンマが入ってました。

長多屋製麺のところもこのスープにはまことに合いますなぁ・・・。

店主も非常に接客の気持ちの良い方で、開店したばっかりなので一人で切り盛りしている様子。
閉店前でいろいろ品切れちゃってて申し訳ないので余っていたうずらを3個サービスしてもらっちゃいました。
もうしばらくしたら深夜営業も始めたいとのことで、今はとにかくみんなに知られるようにがんばってます、とのこと。

銀柳街から結構奥の方で立地は決して恵まれているとは言えませんが、川崎に根付いてほしいお店でした。
また行きます。

90点

神奈川県川崎市川崎区砂子2-8-5
posted by teckl at 10:14 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(2) | edit | 川崎

2006年04月23日

川崎 中華そば いまむら

image/ramen-diary-2006-05-03T00:45:08-1.jpg
JR川崎駅徒歩0分 川崎駅ビルBE地下1F ラーメンSymphony内
『川崎 中華そば いまむら』
こってり並 のり ¥850

せっかくの休日、引きこもってエヴァをぶっ続けで観ていたら、段々つらくなってきたので、ちょっと外に出てみることに。
原チャでちょろっとやってきました。
なんとなくこってりな気分だったので、いまむらに。
背脂魚介醤油という風味みたいです。
油が予想以上に入ってまして、こってりのちょい下のちょってりでも良かったかなー、とか。
チャーシューは良いんですが値段的にモヤシだけなのはちょっと寂しいです。
後半、背脂の塊がでかくてちょっとしつこいかもしれませんねー。まぁもちろん完飲させていただきましたですが〜。
次はどこにしようかなーっと。

65点

神奈川県川崎市川崎区駅前本町26−1
posted by teckl at 20:04 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 川崎

2006年01月29日

川崎 なんつッ亭 参

image/ramen-diary-2006-02-20T06:01:23-1.jpg
JR川崎駅徒歩0分 川崎駅ビルBE地下1F ラーメンSymphony内
『川崎 なんつッ亭 参 川崎店』
ねぎちゃーしゅー麺 大盛 ¥1080

さて先月オープンしたての川崎ラーメンSymphonyですが、今さらながらようやく来ることができました。
本丸亭とか、めじろとか、気になる店はありますが、やはり最初はここになってしまうでしょ。ミーハーですから。
で、行列は15人ちょっと。
これは結構いいんでない?とか思ってたら、あら、店内の行列の方が多いでやんの。
まあしょうがないので、一人でSH902iをいじりながら待つこと40分ほど。

ようやく来ました、コイツ。
うむ、旨い。
とりあえず文句は言いようがないなんつの味です。あの独特のマー油とんこつ、麺もちゃんとしっかり芯が通っててスープに絡みます。
ネギは別皿で出てくるのですが、ちょっと多いかな。チャーシューだけでいいかも。
もちろん0円の生にんにく絞りも投入してやり、最後の一滴まで堪能いたしました。

その後はせっかくなので久々のモナコにて、思い出のクランキーコンドルで遊んで1/400で帰りましたー。。

73点

神奈川県川崎市川崎区駅前本町26−1
posted by teckl at 20:33 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(3) | edit | 川崎

2005年12月29日

川崎 天下一品

image/ramen-diary-2006-01-23T07:08:46-1.jpg
JR京浜東北線川崎駅徒歩6分 銀柳街通り
『川崎 天下一品 川崎店』
肉味噌カレー醤こってり麺 大盛り ¥880

船橋で飲みまして、終電ギリギリでなんとかここまでたどり着きました。
てか、正確に言えばたどり着いてはないんですがー。
で何故か天一。
この時間、ひさびさの川崎で何にしよう、と思ったら天一が浮かんで参りました次第。
結構酔っぱらっていたので、勢いでカレー醤をオーダー。
お。
こいつがなかなか。
別にカレーじゃなくても天一はもちろんこってり具合が最高なのですが、これはあのこってりの中にカレーの風味がほんわりとしてて新しい感じであります。
胃も満足したところで、例によってマンガ喫茶に行きましたー。

69点

神奈川県川崎市砂子2-6-11白鳳ビル1F
posted by teckl at 01:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 川崎

2005年04月13日

川崎 空也 KO−YA

image/ramen-diary-2005-04-16T23:45:40-1.jpg
JR京浜東北線川崎駅徒歩5分 TSUTAYAそば京急川崎駅徒歩2分
『川崎 空也 KO−YA』
味噌らーめん 大盛り かため ¥750

疲れた時には味噌にんにくですよ、えぇ。
たまにはシンプルなのもいいんじゃないですか。
ここのニンニク味噌はいつ喰ってもうめぇもんです

70点

神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-2
posted by teckl at 23:50 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 川崎

2004年11月26日

川崎 らーめん 雷家

image/ramen-diary-2004-11-30T00:45:18-1.jpg
JR京浜東北線川崎駅東口徒歩6分
『川崎 らーめん 雷家』
ラーメン中盛り 濃いめ固め キャベチャ ¥800

微妙に家系ラッシュであります。
うまい。基本はすべておさえられている感じです。
写真右下にかすかに見えるキャベチャがトッピングでない事にはビビりましたが、個人的には川崎家より好み。
とりあえずも少し目立たせるのと、近くに移動してくれれば通うところなのですが、
まぁこのくらいがラーメン屋の社会的立場なのでしょうかねー。

70点

神奈川県川崎市川崎区小川町
posted by teckl at 20:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 川崎

2004年10月18日

川崎 らーめん じゅういち楼

image/ramen-diary-2004-10-18T23:36:38-1.jpg
JR京浜東北線川崎駅東口徒歩9分 ラチッタ奥 市電通り沿い
『川崎 らーめん 十一楼』
スペシャルらーめん ¥700

久々のモナコのコンドルの様子を見に行きまして。前まで来たのだがシャッターがおりている。ぬ、ついに時代の波には敵わなかったか・・。
とか思いをはせていると、定休日の貼り紙。まさかこの辺りで定休日とは・・しかしちょっと安心したりして。

さてさて、またしても六角家の姉妹店、雷家とやらを探してやってきたのですが。全然見つかりやがらねぇ、とか思ってたら予想通りの閉まってるっていう展開に。
見ればなにやら昨日と同じ景色。むむ。
せっかくこっちまで来てしまったので、意地でラーメンを喰って帰ることに。 店構えはなかなか味のある黄昏系である。看板は出ているのにやってるかどうか確認してしまったではないか。
厨房はファンキーなねえさんが一人で切り盛り。いいねぇこういうの。
とりあえずスペシャルとやらを頼んでみる。
はっきり言ってこの時点で全く期待はしてませんですが。
で、どの辺がスペシャルだったかと言いますと、その濃厚な油たっぷりスープと異常なまでの椎茸がそれだったようで。
コイツなんですがね、意外にも旨いんだ。うむ。
なかなかここまで椎茸が入っているラーメンはそんじょそこらには無いですよ。それがなりたけであろうと。えぇ。
麺はありがちな中太ストレートの中華麺ながらも、さらに例のマコーミックのコショウ。コレ。
いやぁ椎茸、なんかうどんを喰ってるような気にもなりそうになったりしながらも、たまにはいいもんですな。
まぁしょっちゅうは喰おうと思わねえけど。
こうしてスープの最後まで椎茸さん達を楽しむ事が出来たのでありました。

62点

神奈川県川崎市川崎区小川町
posted by teckl at 22:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 川崎

2004年07月01日

川崎 空也 KO-YA

image/ramen-diary-2004-07-01T23:38:40-1.jpg
JR京浜東北線川崎駅徒歩5分 TSUTAYAそば京急川崎駅徒歩2分
『川崎 空也 KO-YA』
味噌らーめん 大盛り 麺固め ¥750

てーことで、飯田橋・江戸川編も終わり、ついに蒲田・川崎編に突入です。
手始めに川崎から攻めてみようと。
でですね、この店はやっぱあれですね、味噌がうまいですね。
ん〜、今酔っ払ってこれ書いてるもんですが、確かうまかったと思うんですよ。
えぇ、デフォルトでこの味噌、やっぱうまいっちゅーか、ニンニク入れたいっちゅうか、今頭がまわってないもんで、すみませんです、はい。
とりあえず、まぁどうせまたすぐ来るんだし、えぇかーって思ってたりしますね、はい。

67点

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
タグ:川崎 味噌
posted by teckl at 23:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 川崎

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。