2011年08月28日

奥多摩 のんきや

DSC_1527.jpg
奥多摩湖湖畔 国道411号沿い
『奥多摩湖 手打ち中華そば のんきや』
手打ちチャーシューメン 醤油 ¥850

というわけで、またしても恒例の恐怖の現場巡りということで、仲間内4人でもって、青梅の吹上トンネル・飯能の畑トンネルに検証へ。
どちらの場所もかなり近くて便利ですが、最初の某呪縛Fトンネルの方はあまりにも有名すぎてお客さんが多過ぎ、検証気分としては弱め。
飯能の方も団体客があり、もう少し静かな時期にしっとりと行きたかったですねぇ。
ということで若干消化不良のまま、その後奥多摩の氷川キャンプ場へ向かいまして、夜が明けてくる時間ですがしばらく野宿を。
このキャンプ場、ちょっと人が多いですがやっぱロケーション最高ですねぇ。

と、目が覚めたところで良い頃合いになったので奥多摩湖湖畔の有名なのんきやへ。
この奥地でなんと手打ちの日本そばと中華そばの両方を提供しており、席からはすぐそばの奥多摩湖を望む事ができます。
ちょっと山小屋風の店内、夏休みのランチピークとあって満席状態です。

まぁ観光地にありがちな素朴な醤油の中華そばだろうなぁ、と甘く見ていたのですが、出てきてみてびっくり。

かなりのトンコツが前面に出てきておりまして、結構な臭み。
こってりではなく、あっさりのまぁいわゆる豚骨醤油ですが、このニオイは人を選ぶかも・・・。自分は好物ですが。
本物の手打ち麺だけに不揃いな細縮れの麺。このもっちり感が実に味を出してます。
すばらしい湖の景色を眺めながらのラーメン・・・んー、こいつは観光地気分でよりおいしく感じる気がしますねぇ。
チャーシューの方は、昔ながらの煮豚タイプですが、豚のコクが出ていて普通に旨し。

というわけでとりあえず満足しまして、帰りはそのまま山梨を周って渋滞に巻き込まれて帰ったのでした。

77点

東京都西多摩郡奥多摩町原368-4
posted by teckl at 14:21 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京都下

2010年08月01日

町田 町田家

100719-230834.jpg
小田線町田駅南口徒歩10分
『町田 とんこつ 横浜ラーメン 町田家 本店』
キャベツラーメン かため こいめ 少なめ ¥750

相模大野での稲川淳二先生の怪談ナイトも無事に例年以上の恐怖の中終わりまして、せっかくなのでもう一杯食って帰る事にしました。

この町田、2002年当時にたまに食べにこさせていただいていたのですが、当時結構好きだった10・10家も無くなり、ぎょうてん家はありましたが業態もいろいろ変わったような様子。
町田本店はおよそ6年ぶり。ちょうどブログを開始した頃ですかねぇ。
そんな中この町田家は変わって無いみたいに見えますねぇ。高砂家系列伝統(?)の緑看板。

さて、とりあえずキャベツラーメンを・・。

豚骨メインのドロドロっとしたスープ。
だったはずが、あのケモノを感じる重いスープから、だいぶパンチを抑えた控えめになった印象ですねぇ。
やはり鶏油少なめにしちゃったのがアレだったのでしょうか。

キャベツがしなっと茹だっていて、まぁそれはそれでうまいんですが、思い出の中の町田家のイメージ、「ULTRA PIG BONE NOODLE」とはだいぶ違う感じです。

しかし酢とニンニクを入れるとまた状況が一変。
さすがは町田家というところでしょうか、ライトながらもケモノ感豚骨スープの威力、酢による切り返し、太めの酒井さんなど、しっかり底力は感じさせていただきました。
なかなかに満足でしたが、本来の力はこんなものじゃないはずだったので、またしばらくたってから検証に来てみたいと思います・・・。

76点

東京都町田市原町田3-7-2
posted by teckl at 15:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京都下

2008年08月11日

武蔵新田 ときん

ramen-diary-2008-08-11T13_11_23-1_edit.jpg
東急多摩川線武蔵新田駅徒歩3分 環八通り沿い
『武蔵新田 らーめん ときん』
角煮らーめん 生キャベツ 濃いめ ¥900

普段あまり来ない場所ですが久々の原付ついでにやってきました。
蒲田のしんかでやられていたという本店。あそこ、蒲田時代に一回しか行けませんでしたが、かなり好きだったんですよねぇ。

さて、ちょっと狭い店内で暑いですが冷えたプーアル茶は嬉しいですねー。

濃厚な熊本マー油でかなりこってり目ですがしっかり豚の旨味が出まくっておりましてうめえっす。
味玉の染み込み具合と、生キャベツ感は素晴らしすぎ。
角煮については桂花とかのより染みこんでふにゃふにゃるのであのターローとは別物と思った方がいいですなぁ。

81点

東京都大田区矢口1-7-13
posted by teckl at 13:11 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京都下

2008年08月05日

西武柳沢 ピリカ

080727-205806.jpg
西武新宿線西武柳沢駅南口徒歩3分
『西武柳沢 北海道味噌 ラーメンピリカ』
みそコーンラーメン 餃子 ¥800

今年第一発目の『稲川淳二の怪談ナイト』は新作揃いで笑いあり、戦慄の恐怖あり、そして心霊写真コーナーも新作多数、ということで
大満足のうちに終わりました。次回は9月に行く予定であります。
で、せっかくなのでこっちの近くに住んでいる友人の案内でこの地元では知る人ぞ知るというラーメン屋・ピリカへ。

マスターが実に味のあるお方で和ませてくれるキャラクターですが、
そんなところとは裏腹にこの味噌、普通にうまいですよコレ。
しっかりとした味噌のコクと野菜の旨味が凝縮されて詰まってます。
これでわずか550円とか、めちゃめちゃお得に感じますです。

そして、なんといっても餃子が最高ですねぇ。250円とか、この値段で8個てw
間違えて2個頼んじゃったかと思いました。
絶対に安いのに外のメニューに値段が書いてないのも商売度外視という感じでマスターの人柄がでているみたいですねぇ・・・。
近所にあったら絶対に餃子をつまみにビールといかせてもらうとこなんですが、なかなか来れなくて残念なり。

83点

東京都西東京市柳沢1-1-3
posted by teckl at 12:44 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | edit | 東京都下

2008年08月04日

国分寺 らーめん 藤龍

080727-165511.jpg
JR中央線国分寺駅南口徒歩1分
『国分寺 らーめん 藤龍』
とんこつラーメンキャベツ のり 濃いめ 硬め ¥670

今年も稲川淳二先生のミステリーナイトツアー2008のルネこだいらへ。
ってことで電車で向かったので普段行かない中央線の国分寺駅前を探索。
このご時世に値段が家系のデフォルトで430円という異常とも言えるこの値段にビビりながらも、
いつものようにキャベツ・ノリで検証してみました。

うぬ、なかなかしっかり乳化した甘めの横浜とんこつ。
家系の中ではややマイルドながら、ちゃんとケモノ臭もしてます。
うむー、こいつは案外いけるんじゃないでしょうか。

ほうれん草がワカメに変わっていたり、
ノリはちっこいヤツだったり、
麺はちとコシがないペラペラいやつで少々残念ながら、この値段なら十分満足なレベルです。

家系を求めていくには少々物足りない感もあるかもですが、このサクっと食べられる手軽さはいいですねー。

74点

東京都国分寺市南町3-18-4
posted by teckl at 12:08 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京都下

2005年05月15日

狛江 和風らぁめん ぽんつく

image/ramen-diary-2005-05-16T02:03:32-1.jpg
小田急狛江駅徒歩8分 世田谷街道沿い狛江三叉路付近
『狛江 和風らぁめん ぽんつく』
きゃべつらぁめん 煮たまご 味濃いめ麺かため ¥900

喜多見駅前に期待して降りるも、駅前は閉まりまくっておるようで。
サミットが閉まるくらいだからそりゃしゃーないかなって一人納得してオリオンビール飲みながら世田谷街道をてくてくと歩く。。

狸小路に行こうか迷うが、店内が混んでいたのでこちらへ来てしまいました。
前回は醤油だったので、今日は味噌を。
ここの味噌は実にさっぱりとしていて、体に優しそうではあります。
味噌にはここのようなシャキシャキのキャベツが良く似合う。
がしかし、やっぱりどうにもコクが足りなくて、ちと薄っぺらく感じてしまいますなぁ。
和風の味噌というのはこういうのを言うのかもしれませんが、
味噌というと自分はくるまやみたいなニンニクガッツリ系を期待してしまうわけで、みたいな。
あとやっぱりも少し安けりゃいいなーとか思ってみたりしがち。
んー、こってり野郎じゃない人には良いかもしれませんです。

47点

東京都狛江市岩戸南1-2-6
posted by teckl at 01:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京都下

2005年05月14日

狛江 江川亭 狛江店

image/ramen-diary-2005-05-14T02:04:27-1.jpg
小田急狛江駅徒歩7分 世田谷街道沿い狛江三叉路付近
『狛江 中華麺 江川亭 狛江店』
味付け玉子麺 太麺 ¥700

最近恒例になりつつある深夜の狛江下車。
今日は狸に行ってみようかと足を伸ばすと、江川亭がやってるじゃあないすか。
店内はちょっと一杯って感じのグループがちらほら。結構つまみ系が充実している様子で、カウンター席の方が肩身が狭いといいますか。
だるまのめに引き続き、こっちも新千円札未対応なのね。
店員の約一名が妙にテンションが異様に高く迎えてくれました。

さて、らーめんですが。
甘みのある背油しょうゆとんこつは好きな味っす。こういう味はやぱり太麺が合うねぇ。
また、デフォルトニンニクがいい味を出しております。明日が休みだったらもう五十円出して追加ニンニクするとこなんですが。。。
メンマも味がはっきりしていてなかなか。
惜しいのはトッピングが200円のばかりで高い事くらいでしょーか。トッピングワカメが200円て、どんな入ってんだと。
前は油麺ばかりが印象が残ってたんですが、たまにはこういったのも良いもんですな。

71点

東京都狛江市岩戸北3-23-13
posted by teckl at 01:13 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(4) | edit | 東京都下

2005年05月01日

狛江 札幌ラーメン 熊大路

image/ramen-diary-2005-05-05T23:46:51-1.jpg
小田急狛江駅徒歩7分 世田谷街道沿い狛江三叉路付近
『狛江 札幌ラーメン 熊大路』
みそラーメン かため ¥800

気付いたら今日も成城から歩いてますよ、えぇ。
せっかくだからこんな時間に開いていたここに来てはみましたが、うーむどうでしょ、こいつは。
きしめんみたいな麺ぽくもあり、それでいて深みは・・・
とか言える程正直覚えていなかったりするので、なんとも言えなくもあり、ちと残念。
とりあえず一言、ここはシンプルな味噌ラーメンですね。
他のところを見ていたら醤油がオススメとあったのでそちらを検証してみますかー

52点

東京都狛江市東和泉2-1-16
posted by teckl at 01:47 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(2) | edit | 東京都下

2005年04月23日

狛江 豚骨ラーメン だるまのめ

image/ramen-diary-2005-04-26T01:50:45-1.jpg
小田急小田原線狛江駅南口徒歩1分
『狛江 豚骨ラーメン だるまのめ』
だるまらぁ緬 かため 九条ねぎ のり(4枚) 替え玉 ¥800

終電に切なくなり途中下車。
店内の雰囲気は非常に落ち着いており、ぼけーっとできる。
非常に良心的な価格設定で、替え玉がなんと本場ゆずりの50円!!
しかしスープはいたって普通っていうか豚骨くささもまったく無い、
豚骨らしさすら微妙なお味。
具はすべて平均的と言うべきか。
とにかくコストパフォーマンスが良いっていう印象ではありました。

58点

東京都狛江市東和泉1-18
posted by teckl at 01:07 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(3) | edit | 東京都下

2005年03月04日

和泉多摩川 特一番

image/ramen-diary-2005-03-07T01:25:28-1.jpg
小田急小田原線和泉多摩川駅南口徒歩1分 和泉多摩川商店街内
『和泉多摩川 北海道ラーメン 特一番』
野菜らーめん しょうゆ味 大盛り ¥750

雪が降ってますが、今日はちゃんと営業してます。
今週は短かったんですが、なんか非常に疲れてるので野菜らーめんで癒される事に。
店内は親父さんと常連らしきおっちゃんのなんとも言えない雰囲気が。

さて、どうやら旭川ラーメンと言うことで、まずは醤油から攻めないと失礼でしょうな。
スープは甘みのかなり強い醤油味で全体的に懐かしい味が漂っておりました。
かすかに魚介のダシが入ってるのは気のせいなんでしょーか。
麺がコシがあり、こういう中華屋さんの中ではうまいと言えますな。
とろけきったキャベツも個人的にはよろしいかと。
これは味噌を挑戦せねばなるまいと思ったりしました。
まぁ近いんでまた次回。

60点

東京都狛江市東和泉3-11
posted by teckl at 23:41 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | edit | 東京都下

2005年02月22日

和泉多摩川 らーめん 福洋

image/ramen-diary-2005-02-23T03:22:46-1.jpg
小田急小田原線和泉多摩川駅南口徒歩2分 和泉多摩川商店街内
『和泉多摩川 らーめん 福洋』
日替り定食(たんめん・ライス) ¥600

特一番を試してみようと来てみたのは良いが、下調べなどしておらず見つからず。。
(後で調べたら定休日だった・・)
仕方なく奥にあった沖縄料理うりずんでソーキそばろうとしたら、店内には楽しげなグループ客。雰囲気的に体が拒否。むぅ。
で、最後の頼みがこちらでありました。

まぁ多分殺伐とした普通のラーメンが出てくるんだろうなー、とか思ってたら意外にも店内は妙に小綺麗。
営業時間の案内なのか、
【5:00〜1:00 終電の頃】
という表現に、オヤジに対して急に親近感。
さらに見れば日替わり定食の案内の下にわざわざ
【漬物のサービスなし】
と書き入れるというその正直な仕事っぷり。よい。

で、タンメンはどうだったかっていうと、
まぁ見ての通りタンメン的塩野菜ラーメンでありました。
家系ばっかりのくたびれた日々の合間にこういうもありかも、とか思ったりした火曜日の夜。

57点

東京都狛江市東和泉3丁目
posted by teckl at 22:49 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | edit | 東京都下

2005年02月20日

立川 北海道らーめん 味源

image/ramen-diary-2005-02-23T03:04:43-1.jpg
JR南武線・中央線立川駅北口伊勢丹そば
『立川 北海道らーめん 味源』
札幌らーめん 辛し明太子セット ¥900

実家から立川まで。はるばるやってきたわけですが、
せっかく来たのだからといつもいつもの展開ですよ。
やっぱり家系が食べたいなぁとScopeで検索をかけてみるも、どうもいいのが見つからない。
てゆーかやっぱり携帯でgoogleはめんどいので、
行き当たりばったりで行くことにしてこの店にたどり着いた具合。

さて、せっかくランチの時間帯に来たからと、味噌のセットを頼みました。
眠いので結論から言いますと、まぁ喰えるけどわざわざここで・・って感じですか。
特段おもしろいといった感想は出ませんでした。
普段は気にもしない店員の接客がうんたらとか、餃子に最初っからタレが入ってて、
タレの素セット一式が置いてないから好物の酢を入れる余地すらないのとかはともかくとして。
なんかこう、微妙にもったいない気分で戻ったのでありました。

50点

東京都立川市曙町2丁目
posted by teckl at 12:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京都下

2005年01月16日

狛江 和風らぁめん ぽんつく

image/ramen-diary-2005-01-17T04:04:33-1.jpg
小田急狛江駅徒歩10分 世田谷街道沿い狛江三叉路付近
『狛江 和風らぁめん ぽんつく』
きゃべつらぁめん 太麺 濃いめ 固め ¥800

なんとなく、ぷらっと多摩川を渡ってラーメンへ。
で、狛江のプチラーメン激戦区へ。この辺は路駐ばかりで非常に羨ましい限り。
クルマありゃーぱーっと行けるんですが。
さて、せっかく来たので江川亭とかじゃちとつまらん&お腹の調子があまりよろしく
ないっちゅうことで、この一風変わった和風らーめんへ。
店内は客は一人のみ。混んでるよりこういうのが密かに好きだったり。

さて、ラーメンですが、想像以上に和風スープで、非常にあっさりめ。
鰹出汁に柚子が少々入っているシンプルな構成で密かにうどんっぽい感じが胃にやさしくて良い感じ。
麺はツルツルとしていて、たまにはこういうのもいいですな。
個人的にかなり好きなキャベツですが、こいつはこってりのとんこつとかにしか合わないんかな、とか思ってたんですが、これまたよく茹でてあって単品で十分旨いっす。
他の客が頼んでいたあぶりチャーシューとかも店内煙まみれになるほどで、これは味噌とかで頼んでみたかった。
非常にバランスが取れた一軒だと思います、えぇ。
たまにはこっち来てみることに致します。

65点

東京都狛江市岩戸南1丁目
posted by teckl at 21:09 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | edit | 東京都下

2004年07月25日

稲城 とんでんかん 稲城店

image/ramen-diary-2004-07-26T07:05:47-1.jpg

JR南部線矢野口駅徒歩15分くらい 府中街道沿い
『稲城 博多長浜 とんでんかん 稲城店』
半熟味付け玉子ラーメン(バリ固) ¥720 替え玉(ハリガネ) ¥120

調布の花火大会かどうか知りませんが、友人とふらふらとラーメン屋探しをしていたら、もろ渋滞に巻き込まれましたよ、えぇ。
そしてなんか結局ぐるぐるとこちら側に来ちまったわけですが、これだけ待たされたわけですから、それは美味いわけですよ。
久々になんでんかんでんに行ってみたいなーって思ってたところにとんでんかん。うーむ、いいんでないですか。
久々の王道のとんこつですが、頼んだのはふつーに半熟玉子。はじめのバリ固は、正直、あんまり固くはなかったが、それでもいい味出しております。
ちょちょーっとスープのタレを垂らして、ニンニクを絞ったら、あらま、実にえぇ感じです。
替え玉のハリガネが極端に固くなった感じはすれど、やっぱ男ならこの程度がちょうどいいってなもんで。そこに紅ショウガドバドバですよ。
もう一発替え玉したかった感じもありましたが、すでにスープの大半が無くなっており、この辺で勘弁してあげました。

68点

東京都稲城市矢野口
タグ:南武線 豚骨
posted by teckl at 22:05 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 東京都下

2004年07月01日

町田 町田家 本店

image/ramen-diary-2004-07-01T01:42:28-1.jpg
小田急線町田駅南口徒歩10分
『町田 町田家 本店』
ラーメン中盛り 味付玉子 味濃め麺固め ¥780

・・えぇーっと・・とりあえず、帰れませんでした・・
ってなことも漫喫から速攻ネタに変えられるところはBLOGって便利ですな・・。
いや、まぁ別に狙ったわけとか、そんなわけは無くて、気が付いたら相武台とかそんな場所にいてしまったわけでした。
そんなことより、思いがけず久々の町田家再開となったわけなんですが、はっきり言って酒がまわってあんまり喰えませんでした。。。
スープとか麺は最高なモノを持ってると思ったりもしますが、そんなことは酔っ払いにとってはなんの効力も持たないってことが証明されちまいました。
えぇ、中盛りとか頼んでおいて結構残しちまったりしたわけなんです・・。
あぁ実にもったいない。
入る前から、あぁ多分今は喰えないだろうなぁ、なんてわかってたことが、より残念度を増しておりました。
とりあえず、そういや今ってド平日なんですな・・・とか考えてるうちは大丈夫ですか?

65点

東京都町田市原町田3丁目
posted by teckl at 01:42 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京都下

2004年06月24日

立川 らーめん 立川や

image/ramen-diary-2004-06-24T00:54:28-1.jpg
JR中央線立川駅南口徒歩1分
『立川 らーめん 立川や』
とんこつスープ らーめん 大盛 ¥700

大学周辺で呑みまして、気付けば久々の乗り過ごし&ラーメン&マンガ喫茶の3連コンボ。
えーと、今日ってド平日なんですが・・・もはや確信犯ですか?
酔っぱらい過ぎて気持ち悪いながらも、終電で放り出されたから仕方ないっちゅうことで、駅を出て一番最初に目に付いた当店に行ったのでした。
で、正直あまり味とかは覚えてないんですが、太麺に結構濃厚で普通に空腹だったら結構好きな味だったかと。
で、ラーメン日記とは一切関係ないんですが、ここの近くのマンガ喫茶ははっきり言って今までで最高の設備でしたな。
タオル、サンダルが基本装備、さらにPCスペースもほぼ個室で足も伸ばせて歯ブラシまで無料・・・ってこれだけ揃って千円ちょいで済んでしまったっちゅう。んで次の日会社に遅刻しそうになっちまったっちゅう。

62点

東京都立川市柴崎町3丁目
タグ:立川 豚骨
posted by teckl at 00:54 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京都下