2009年01月23日

神栖 くるまやラーメン

090103-224338.jpg
『神栖 くるまやラーメン 神栖店』
味噌ラーメン ¥600

五鉄は普通に美味かったんですが、やっぱり物足りない感が出てきてしまいまして、
帰り道にくるまやラーメンに突入。
こっちに戻ってきたらやはり一回は喰っておきたかったわけで。

いつも小見川店ばかりで神栖はどうかな、と思ったんですが、
やっぱりうめぇす。
昔から変わらぬニンニクたっぷりと味噌のコク。
二杯目でもこうもペロリと入ってしまうとは・・・恐るべしニンニクパワー。

そして友達はさらにそれを上回るニンニク増しをオーダー。
ちょっぴり試食させてもらったのですが、
こいつはすげぇっす・・・。
ニンニクの威力で何故か辛いというか、舌がピリピリしびれるくらいとんがったスープ。
写真を撮らなかったのが悔やまれるんですが、ニンニクだけでうっすら白っぽい味噌スープになっており、
多分ノーマルニンニクの3倍は優にあるんじゃないでしょうか。

いやぁ、世の中には上には上がいるもんですねぇ・・・。

84点
posted by teckl at 12:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年01月21日

鷺沼 じれっ亭

081229-233831.jpg
『鷺沼 ラーメン じれっ亭 有馬店』
のりラーメン 固め 濃め ¥750

溝の口から原付でふらふら帰ろうと思ってたら知らぬ間に246に入っておりまして。
ちょっとしたらすぐ見知らぬ家系とかあるんじゃないかなぁとか甘く見てたんですが、
こういう大きすぎる街道沿いには案外無いもんですなぁ・・・。ファミレスとかは結構あるんですが。
ってことで仕方ないんで結局この店の前までやってきていました。

テーブル席もあるので家族連れや飲み客が多いですな。

さすがに大桜ゆずりのマイルドこってり家系っぷりは健在。
うーん、いいっすねぇ。
濃いめがかなり喉を乾かせてくれますが、まぁ旨いんで文句はありませぬ。
緑製麺の中太麺は食べやす系。
チャーシューはちょっと・・・ですが、スープとかで全然お釣りが出ます。

あとここにキャベツがあったらどうなるのかなー、とか勝手な妄想をしつつ寒空の下を帰ったのでした。

84点
posted by teckl at 12:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年01月19日

武蔵新城 まき野

081229-191748.jpg
『武蔵新城 つけそば まき野』
特製つけそば あごだし豚骨 ¥900

溝の口へ買い物に行く途中、武蔵新城で寄り道を。
神奈川ラーメンウォーカーにちょろっと出ていたので素直に釣られにやってきました。
街道から一本駅側に入ったところで、一度通り過ぎてしまいました。

新しいだけあって木の香りが漂う清潔な店内。

さてあごだし豚骨とはどんなもんかな、と。

ん。
おぉ、
若干酸味のある強烈なアゴダシの魚介系豚骨のダブルスープ。
これがあごだしとやらなんでしょうか、予想以上にうめぇ。
大勝軒系あたりのがさらに進化した味というんでしょうか。
脂もなかなかのもんですが、豚骨の後に香る魚介の香りが猛烈に食欲をそそります。

うむー、速攻食い終わってしまい、大盛りにしてなくてかなり後悔系という・・。
チャーシューもガッツリ喰いごたえある肉厚。

これはまた来るしか。

90点
posted by teckl at 14:26 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年01月17日

博多 一蘭

090112-171924.jpg
『博多 一蘭 天神店』
ラーメン ¥690

だるまの後、胃が満腹感でやられる前にダッシュでこちらへ。
九州旅行の締めはいつも渋谷店でお世話になっている一蘭ですが、
やはり一度本場で食べてみたかったんですよねぇ。ミーハー上等であります。

さて、ちょろっと並んで客整理の店員さんにオーダー表を手渡しされました。
が、中にはいると例の味集中カウンター。

しかしさすがはラーメンの本拠地、値段も東京よりもちょっと安いですな。
ついでにのり(1枚)50円ってのは同じなんですな。やっぱネタじゃなかったようで・・・。

店員さんが威勢が良くて活気あるのがちょいと違う雰囲気ですが、さてさてどう来るんでしょうか。

パッと見、カウンターは同じですが、冷水機からちゃんと冷たい水がでるところがさりげなくワンランク上でしょうか。

で、出てきました。
ぉ・・・東京の各支店とはなんか違う・・・ような気がします。
若干味がクリアになっているような気もしますが、
やはり天神店で喰っているからというのもあるのかもしれないですねぇ。
胃がもう少し元気ならもうちょっと何らかの違いがわかったのかもですが、
今回はじっくり味わっている時間も無く・・・。
まぁ元々渋谷店でも一蘭は大好きなので当然うまいっちゃうまいんですが、
帰りのこととか気にせず秘伝のタレをもっと入れておけば良かったのかなぁ・・・と。
でも一蘭ってセントラルキッチンとかでスープとか一緒に作ってるんですかねぇ。

・・というわけで時間が来てしまったので、博多に戻りひかりレールスター経由で戻ったのでありました。
帰りの車内用にビールとか買い込んでたんですが、お腹がやばくて全く飲めんかったす・・・w

84点
posted by teckl at 16:11 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2009年01月15日

博多 元祖長浜屋

090112-162733.jpg
『博多 元祖長浜屋ラーメン 支店』
ラーメン ¥400

こむらさきの後、熊本からリレーつばめで博多に移動しまして。
帰りの新幹線までに時間がちょっとあったので、当然ラーメン屋へ向かいました。

最初に行くのは約10年ぶりくらいに一回だけ食べて衝撃を受けた元祖長浜屋。
今は本店が無くなっている?のかどうか、たしかに微妙に場所が変わっているような気もしなくもないですが、
気にせず10人ほどの列に並びました。

メニューが一つしかないので当然恐ろしいほどの回転率で速攻席へ。

替え玉・変え肉は当時は50円だったと思いますが、券売機で100円になっちゃってますねぇ・・。
まぁそれでも替え玉一つが恐ろしい量に見えますが。

やかんのお茶などは良い味出してますねー。
間違っても落ち着いて食べるようなところではなく、
喰うか喰われるか、殺伐とした雰囲気の中、大型テーブルでみんな相席でラーメンをかっこむ。
交わされる言葉は「生」とか、「固い玉」とかのみ。
うむー、これぞラーメン屋ですねぇ。

味の方は博多豚骨の最も純粋な?というか、無駄なところの一切存在しないあっさり白湯豚骨スープ。
最初食べたときから色々と食べてきてしまっているため、あの時の衝撃は無いですが、
底の方から沸き上がってくる美味さ、というんでしょうかね。
わかりやすい美味さではなく、何気なくうまいというか、なんとも表現できませんねぇ・・・。

クセが無いため万人受けするのでしょうか、
近所と思われるおばあちゃんが集団で来てたり、子供連れで来てたり、ものすごい信頼されてるんだなぁ、
とか思いながらも替え玉を我慢して次に向かったのでした。

82点
posted by teckl at 11:39 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2009年01月14日

熊本 こむらさき 本店

090112-124808.jpg
『熊本 こむらさき 本店』
王様ラーメン ¥600

天草では天草四郎メモリアルホールや各種天主堂などを廻りまして、夜は恒例の島スロを。
翌朝、天草半島から熊本市街に戻ってきまして、
せっかくなのでこむらさきも行っておくことにしました。
ラーメン博物館では印象が薄かったんですよねぇ。

おすすめの王様ラーメンでも600円は安いっすなぁ・・。こっちの相場はみんなこんなもんなんでしょうか。

壁には無数のサイン色紙がありますが、さてお味は。

超白濁した豚骨スープは結構塩気が強く、熊本ならではのニンニク油が抑え目なのか、黒くないですねー。

確かにうまいけど、非常にさっぱりしていてちょっつインパクト弱めかも。

キクラゲがコリコリと合っているのでキクラゲ増しにしたいところで。

ニンニクチップとのバランスなど、確実に上質な一品だと思うのですが、
自分的にはもっとこってりギタギタなやつに慣れてしまっているので、
若干あっさりしすぎかなぁ、というのも実感としてはありましたー。

74点
posted by teckl at 11:26 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年01月09日

日吉 武蔵家

081228-231818.jpg
『日吉 武蔵家 日吉店』
ラーメン 中盛り キャベツ のり かため こいめ ¥850

2008年最後の武蔵家納め。
桜家もラーメンどんも休みだからなのか、
今日は寒い中結構並んでますねー。
いつ来ても営業してくれてるのは嬉しいっす。

んー毎度の事ながらうめぇ、としか書けないっすねぇ、すみません。

しかし1年間ほんとにお世話になったもんだなぁと思いましたねぇ、えぇ。
まぁスープのブレが時間帯によって激しかったり、
学生さんが食べ終わっても集団で粘っててうるさかったり、
微妙にぬるくて勢いの弱まった冷水器に何人も並ばされたり、
チャーシューがちとアレゲだったり、
無料ライス攻撃により無駄にカロリーを投入されたり、
まぁいろいろありますが、
今の自分にとっては日頃のストレス解消の場であり、何よりの癒しの場所でもあるので
足を向けて寝れませんなぁ、と。

90点
posted by teckl at 11:14 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年01月08日

向ヶ丘遊園 大桜

081228-000439.jpg
『向ヶ丘遊園 大桜 登戸店』
のりラーメン 中盛り 濃メ 固メ ¥850

酔っ払い日記。
久々に学生時代のサークルの仲間内でもって登戸で忘年会をやりまして、
いい具合に頭がぐるぐる回ってきた頃合いで気づいたら大桜の前にいるといういつもの展開に。
たまには雪濃湯とかその他もろもろの新店も行きたいもんですが、習性ってのは恐ろしいですねぇ・・。

さてこの日のスープの調子はどうだったのかと思うんですが、
べろんべろんだったもので全然記憶に残っていない中で、
「やはり最強」、という一言だけが記録に残っておりました。
うむむ。

88点
posted by teckl at 14:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年01月07日

恵比寿 北斗

081224-150418.jpg
『恵比寿 らあめん 北斗 恵比寿店』
排骨味噌らあめん ¥950

久々の恵比寿麺チャンス。
と言ってもこの辺ももうネタ切れになってきているので、5年前に新橋で食べて以来のらあめん北斗へ。
あの時は酔っぱらっているのもあってか実に印象に残りにくい業務用的味噌だった記憶が。
ということでどっちに転んでもいいように比較的珍しめの排骨味噌を。

モヤシ・キャベツ千切りの上にパーコーが結構な量で乗ってますな。

パーコーはその名の通り、カラっと揚がった豚ロースでサクサクであります。
果たして味噌に合うかどうか不安でしたが、かなり腹ペコだったのでちょい辛味のある肉が旨いっす。

その他はごくごく普通の味噌ラーメンでしたが、ここにおろしニンニクとかをちょろっと入れたら化けそうかなー、
とか思っていたら会社から呼び出しをくらったのでダッシュでかっこんで戻ったのでした。

76点
posted by teckl at 11:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年12月30日

中目黒 フジヤマ製麺

081222-234503.jpg
『中目黒 フジヤマ製麺 中目黒店』
フジヤマ油ソバ 大盛り ¥950

東横線が混みすぎていたのでたまらず避難。
かなり寒くてビールって感じでもなかったのでホッピーセットをやりながら油そばを待ちます。
んー、これ400円はなかなか良い感じです。
半分飲み屋なので豊富なつまみがあるんですが、今日は麺だけで。

出てきたのはネギ・チャーシュー・メンマ・ナルトくらいのシンプルな油ソバ。
ぶっとい自家製麺をワシワシといただきます。

味は油の香ばしい醤油ダレで、魚粉やらマヨネーズやらジャンク的要素は無しなので単調になりがちかな、と思えば全然飽きずにいけますな。
うむー、普通に旨い。
これまでの経験をいかして酢とラー油を投入してみるも、やはり合いますです。
あとはカウンター席とかを作ってくれれば一人でも気軽に入りやすいんですがね〜。

77点
posted by teckl at 06:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年12月29日

秋葉原 北かま

081221-193131.jpg
『秋葉原 つけそば 北かま 秋葉原末広町店』
得のせつけそば カレーつけだれ ¥1070

DELLのファンレスのネットブックであるmini 9の事前準備のため、
秋葉原にメモリやSDHCカードなどを買いに行きました。
相当安く手に入りまして、ホクホクしたところでここはまぁラーメンを喰っていこうかと。

じゃんがらが相変わらずの行列のため、末広町方面をふらふらしていたらジョナサンの交差点の方にありました。
元は横浜の弘明寺でその後神保町へ移転した店の支店だそうで。
が、ここは立地的になかなか大変なのか、先客は2名ほど。

ぱっと見、あびすけ系の豚骨魚介つけ麺ですかね。
とは言えしょっぱなからカレーに釣られてしまいました。

麺は当然のように太麺のもっちり系。
カレーつけダレは当然旨いに決まっているのですが、
特にチャーシューのトロトロさ加減はやばいですなぁ。

全体的に実にバランス良く文句のつけどころの無い好きな系統の味ですが、
個人的にはより荒っぽくした感じのあびすけの方がとんがってて好きかなぁ。
ってまぁカレーなんでなんとも言えないですがw

しかし秋葉でこのレベルのつけ麺が喰えるのは実に貴重なので、
これからたまに使ってみようとか思いつつ、あきばおーで愉快なUSBグッズを衝動買いして帰ったのでした。

80点
posted by teckl at 17:36 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2008年12月28日

日吉 武蔵家

081218-002318.jpg
『日吉 横浜ラーメン 武蔵家 日吉店』
ラーメン 並 かため こいめ キャベツ のり ほうれんそう ¥800

たまには喰いに来ねば、と。
雨が降って寒いからか、今日はめちゃ空いてますな。並びたくなかったので良い感じです。

先週くらいから食べ過ぎのクセが戻ってきてしまっているので、とりあえず中盛りもライス無料の誘惑も断ち切り。
カタコトの店員さんが入ったようですなぁ。

まぁそんなことは関係なく、やっぱりうめぇっす・・・。
スープの濃度もほどよくどろどろで良い感じ。
日頃のストレスも飛んでいきますなぁ・・・

黙々と一瞬で食べ終わってしまいましたー。
あぁもう一杯喰いたいな・・・w

88点
posted by teckl at 20:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年12月27日

元住吉 正直食堂

081214-232102.jpg
『元住吉 肉屋がはじめた定食屋 正直食堂』
春雨ヌードル ¥550

肉屋が母体となっているというこの定食屋。
近所ですがはじめて行ってみました。
砂時計で時間を見ながら手元のコンロで鍋を作っていくシステム。
このアイデア、客の回転はあまりよくなそうですが、結構おもしろいですなぁ・・・
普段低カロリー食として春雨ヌードルはいただいてますが、やっぱり火を通して熱々だと一段と旨し。

値段安い割に野菜たっぷりでかなりヘルシーげでいい感じっす。
まぁラーメンというより野菜中心の鍋なのですが、
カロリー超過してしまった時など、たまにはこういうのもいいっすねぇ、えぇ。

70点
posted by teckl at 16:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年12月26日

自由が丘 博多吉もん

081217-000807.jpg
『自由が丘 九州ラーメン 博多吉もん』
得吉ラーメン バリバリ 替え玉 はりがね ¥880

最近寒くてなまってきてたので、その運動不足を解消しようと自由が丘から歩いて帰ることに。
いちばんやのすぐ奥の方に見慣れない店を発見。らーナビにも出ていない新店でしょうか。
ちょい先のまるきんラーメンと競合しそうな雰囲気ですが、とりあえず検証を。

あまり臭みのない博多豚骨白湯スープ。
見た目よりもあっさりで飲み屋帰りにさらっと喰うタイプですかね。

替え玉が一蘭の半替え玉くらいの量に見えますが、これはラーメンダイエッターへの気遣いでしょうか。

あまり特徴のつかみづらい印象ですが、角煮の柔らかさはうまいっすねー。
と、後半のニンニク・紅ショウガ増しはやっぱ最高でした。

ニンニククラッシャーを毎回洗って欲しい、タレの素を置いて欲しいとかはありますが、
リーマン達が次々と吸い込まれてきているのを見るとこれは普通に使いやすい豚骨ラーメン屋なんだなぁ、とか思いました。

72点
posted by teckl at 12:16 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年12月25日

駒岡 心家

081214-185040.jpg
『駒岡 横浜家系ラーメン 心家』
ラーメン のり かため こいめ ¥700

21時閉店で幾度と無く失敗していたこの店ですが、ついにやってこれました。
家系の中でも実に明るく清潔感あふれるこのお店。
あのまこと家出身ということですが、さてさて。

初回なのでシンプルにのりだけで行ってみました。

おぉ、これぞ家系というビジュアル。

見た目だけじゃなくバランスも最高でありました。
味の濃さ、スープのコク、チー油っぷり、酒井の噛みごたえ・・・うむー、旨いっす。

自分の中で家系としてのひとつの完成型といいますか、
まぁ自分の中の家系像にも大桜やら武蔵家やら壱六家やら吉村家やらいくつもあるのですが、
それらの中で最もニュートラルに近い方かなぁ、と。

平均的なだけに突き刺すようなクセとかはないですが、普通に安心できる一杯といいますか。
んー、せめて中盛りにしておけばよかった・・・。

87点
posted by teckl at 10:59 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2008年12月24日

武蔵小杉 餃子の王将

081213-205047.jpg
『武蔵小杉 餃子の王将 武蔵小杉店』
王将ラーメンセット ¥913

ちょっと前に某飲酒の内容で半年ほど営業停止になってしまって残念だったこのお店。
再開してくれたのでどんなもんかと友人と向かってみました。

ぬぬ、予想外にすげぇ並んでます。
あんな風に報道されたからどうかなと思ったんですが、やっぱ庶民に人気あるんですねぇ。

ようやく案内され、試しにビールを頼んでみると
「本日はお乗りものはバイクや自転車ではないでしょうか?」
との。
おー、年齢確認とかだけじゃなくてちゃんと自転車まで確認とは、、ちゃんとしてますなぁ・・。

さて、まぁ餃子屋なもんで普通に餃子メインで大分詰め込んだところでラーメンセットへ。

王将は店舗によっていろいろメニューが変わるもんで、さてここの王将ラーメンは・・・
豚骨・・・とのことですが、むぬぅ、コヤツは・・・。
シンプルな醤油の東京ラーメンにしとけば良かったかなぁ・・。

ん、餃子とか野菜炒めとかは安くてうまいっすよ、えぇ、それはもう。

48点
posted by teckl at 11:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年12月23日

渋谷 乱世

081212-233627.jpg
『渋谷 ラーメン大戦争 乱世』
カレーつけ麺 ¥850

武蔵家でも寄って帰ろうかな、というところで同僚から声をかけられ急遽乱世に変更を。

辛味噌味や「らんせ1/2」なるものが新メニューになっておりましたが、今回もカレーの魅力には勝てず。

この大戦争ビル、時間帯により人の波が激しいようで。
梵天やまっち棒が満席の場合は上階に上ればいいんですが、3階あたりになるとそうも行かず。
かといってそのまま降りるのもなぁ、というもんで。
このビル、外から様子がうかがえないんで、
グループだと混んでても引き返すのが難しいんですよねぇ、えぇ。

そのあたりうまい方法は無いもんでしょうかねぇ、
とよそものの自分が考えたりしながらも、いつも通りカレースープを堪能させていただきました。

80点
posted by teckl at 15:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年12月22日

五反田 かづ屋

081212-180826.jpg
『五反田 支那ソバ かづ屋 五反田店』
つけソバ 大盛り ¥760

久々の大崎の帰り道はもちろんラーメンを。
このために野菜豆乳ジュースで調整という密かな努力でちょうど腹ぺこです。

数年前この近くで働いていたことがあったので、
五反田のこっち側の店はここでだいたいそろうかな、と。

前回目黒本店では自分的に物足りなさがのこってしまったので、この五反田店ではつけソバを検証してみました。

ん、ほのかな魚介の香るさっぱり醤油。
麺も程良い芯の残る細麺で、これは意外っす。いけました。

大盛りと言っても250グラムくらい?のほどよさで大食いの人には物足りないかもですねぇ。
クセになる味ではないですが、シンプルな構成もたまには良いなぁと。

味濃いめ野郎にとっては、薄目の支那そばよりもこっちがいいっすねぇ・・。

と、道路の向かい側に沖縄そば屋を見つけたので次回のお楽しみにしておきます。

76点
posted by teckl at 11:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年12月21日

渋谷 櫻坂

081210-153729.jpg
『渋谷 中華ソバ 櫻坂』
つけソバ 並盛 ¥750

いつものところなのでさらっと。

仕事柄、中途半端な時間に来ることの方が多いんですが、
15時とかに来て満席なラーメン屋ってなかなかないですよねぇ。

でまたまたつけソバ。
たまには塩でも・・・と思ったけどやっぱりできないんですよねぇ・・・。
以前は塩とかの方が推してたような気がするんですが、いつのまにやらつけ麺が店公認のイチオシになってるみたいですなー。
まぁユーザの声を反映してるのはいいことなんで、今後もつけ麺系統をもっと広げてもらえるとうれしいなぁ、と。

88点
posted by teckl at 02:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年12月20日

渋谷 小川節

081209-233840.jpg
『渋谷 小川節』
半チャーシュー 味付玉子 ¥900

渋谷の中でもかなり好きなお店だったらーめん専門店小川。
閉店にショックとか思ってたら先月11月28日にリニューアルしていたようです。

待望の新店ということで衝動を抑えられずに昼間に続けてこちらにやってきました。
閉店ギリギリの23時半。
お客さんは上々です。

卓上のニンニク・コショウなどはなくなり、過剰なノリノリなども無し。
調味料も無し。シンプルイズベストですか。
完全に別物なのかな・・・。
期待に胸がおどります。

一瞬二郎かと思うほどのデカチャーシュー。

強烈な節とニンニクのインパクトの煮干しニンニク醤油。
んー、デフォでニンニク結構入ってますね。

チャーシューは以前のモノががっつり大きくなった感じで、あの口の中でやわらかくほぐれていく旨さは健在。
チャーシューのデカさに反して、麺は結構普通というか少なめに感じます。替え玉は無しのようで。
味玉は普通ですが、
もちもちの木、というか節骨麺たいぞうみたいな濃さの節が最後まで飽きさせないスープは飲み干さざるを得ないでしょうなぁ・・。

んー、今度もいいっすねー。
ニンニク的に昼間には来づらいですが、正直うめかったっす。

88点
タグ:渋谷 魚介 醤油
posted by teckl at 03:18 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集