2008年01月22日

武蔵小杉 てんや

080112-125201.jpg
『武蔵小杉 てんや 武蔵小杉店』
大江戸小江戸拉麺セット ¥990

期間限定メニューにラーメンという表示に釣られ、検証してみることに。
うどんセットは前からやってましたが、ついにラーメンの領域にまで踏み込んできたか、という印象。はて。

ほんのりカツオダシの薄味醤油スープで、
縮れの細麺はたしかに(東京風)というのもうなづけます。
濃い天丼の合間のお口直し的なサブキャラですな。

一方、大江戸天丼の方は小穴子がいい味出してます。とやっぱこの海老天は美味い。
このセット、密かにみそ汁が付かないことには注意です。結構あの海苔のみそ汁好きなもので・・
ちなみにラーメンの単品は330円。
幸楽苑と比較したくなる値段ですが、
まぁ期間限定だから・・・というのはわかったような気がしますです。

66点
posted by teckl at 12:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月21日

青山 うーみやうーちばる

080110-165844.jpg
『青山 沖縄すろ〜ふ〜ど うーみやうーちばる』
アグーラーメン ¥880

なんとなく宮益坂上のつけ麺あじろうに向かうとベニヤ板が・・・これはもしや・・
数少ない宮益側のラーメン撤退のショックを受けながらも、気を取り直して青山通りへ。

あぁ、よかった、こっちは営業してる・・・
豊年でーびるに癒されます・・。

新メニューとなっていたこのアグーとは沖縄在来の黒豚のことのようです。島豚。
あっさり甘い優しいカツオダシの醤油スープに、
細い縮れ麺が素朴でランチにはちょうどいい感じ。
アグーチャーシューは、脂の乗った歯ごたえのある一品でした。

でもせっかく来るなら沖縄そばの方がやっぱらしくていいかなー。
思ったよりも近かったのでまた来てみます。

71点
posted by teckl at 19:34 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月20日

鹿島田 七福家

080110-013853.jpg
『鹿島田 らーめん七福家 川崎店』
ラーメン 中盛り 濃いめ かため のり増し キャベツ ¥950

久々の寝袋泊でいろいろと疲れたので、混雑する吉野家をスルーし、
チャリンコで鹿島田までやってきました。
3週間ぶりくらいのチャリですが、んーなかなか気持ち良いですな。

近場の家系が深夜2時まで営業なのは実に嬉しいかぎり。
ほんとは甘辛サイコロなぞををつまみにビール一杯行きたいとこですが、
まだ作業が残っているのでおあずけ系。
ここのつまみ、全品300円ってやすいけど結構うまそげでした。

さて、らーめん。この写真からじゃわからないかもですが、
ねっとりした濃厚な鶏脂スープと染谷製麺のコンビは心を穏やかにしてくれるようです・・・。
うま・・
せちがらい事もこの一杯で救われるようですなぁ・・・
ちゅうわけでまた平日深夜に使おうと思います。

83点
posted by teckl at 21:35 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月19日

渋谷 亜寿加

080109-153356.jpg
『渋谷 らーめん 亜寿加』
排骨坦々めん ¥950

癒やしを求めてふらふらとラーメン屋へ。
こういう時は食欲でごまかしですな。

冬ですが、冷やし系メニューをやってます。今回はふつーの排骨坦々を。

んむ、辛熱いです。
陳麻家と違って、激しい胡麻の応酬。
酢を投入してみましたが、ここは毛色が違うらしく、んー、そこまでマッチしないかなぁ・・・

パイコーはさすがに香ばしくてうまいっす。大盛じゃないはずなのにボリュームもすごい。
ただ、チンゲンサイだけはやっぱ苦手だなぁ・・・と

70点
タグ:渋谷 坦々
posted by teckl at 14:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2008年01月18日

渋谷 錦 渋谷2号店

080108-150014.jpg
『渋谷 味の店 錦 渋谷2号店』
支那麺、半チャーハン ¥750

新年早々バタバタしてますので近場の未訪スポットへ。
ここ、明治通りから裏路地に入った少し小綺麗な大衆中華店てなとこですが、
果たして使えるのでしょうか。
意外にもなかなかのチェーンらしく、桜丘町にも深夜営業の渋谷1号店があるみたいです。
で、こういうところの特徴として、真っ昼間からビール・レモンサワーを飲んであーでもない、こーでもないっていうオッサンが生息しているわけですな。

さて、ラーメンですが、ちょっと生姜の効いた鶏ガラ醤油。
程よい濃さで、細い縮れの支那麺に。
麺メニューにプラス300円の半チャーハンですが、これはなかなかうまい。
比較的あっさりした中で、ベーコンが妙に印象的に。

発泡酒も置いてあるし、夜ふらっと一杯飲むには実に使い勝手のいいお店だな〜、とか思いました。

75点
タグ:醤油 渋谷 中華
posted by teckl at 02:16 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2008年01月17日

渋谷 塩金伝丸

080106-014953.jpg
『渋谷 塩金伝丸』
黄金特塩らーめん 平打ち 濃いめ かため ¥880

このセンター街のムジャキ系ラーメンビルの地下に塩専門店としてひっそりと構える塩金伝丸。
金伝丸にはしょっぱい思い出がありますが、敢えて乗り込んでみました。
深夜までやっててくれるのはうれしいですな。

ほんのり黄金色の透き通った鶏ガラ塩スープの中にはカツオ・アジ・サバなどのダシが入っているようで。
うむ、シンプルな割に中に旨みを感じられて悪くないです。
濃いめは全飲みにはちときついかも。

色々入ってる具の中では鶏肉は良いですな。と、海苔がパリパリ溶ける系であっさり塩にはよいっす。
ニンニク・柚子胡椒もおもしろくて予想外に満足。
これはまた検証に来なくてはならないか・・・

80点
タグ:渋谷 魚介
posted by teckl at 01:52 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月15日

佐原 寶龍

080102-225638.jpg
『佐原 寶龍』
寶龍ラーメン ¥840

えーと帰省中ラストラーメンです。
恒例の高校の同級生柔道部系飲みと言いますか。
佐原の壱源で飲みはじめ、気づいたときはこの向かいのラーメン屋に瞬時に移動しておりました。
しかしさらに気づいたときはミナミボウルに移動しておりました関係上、
実際のラーメンの味は一切覚えていないという有様。
さらに何故か髪の毛に大量の香辛料やらジョリジョリする的なものが付着している惨状でありました。
んんむ。
で、その後は毎度のようなグダグダな流れでボウリングとエ○雑誌とマニキュアとガスト店員英語とデコに肉、
ってな正月的流れで成田線の始発に乗り込みましたわけで。
小見川駅前はやはりまだタクシーは動いてませんでしたー。ガストもしまるのね。

あぁくるまやには行けずじまい。
そして翌日から現実に帰っていきました、と。。

70点
posted by teckl at 05:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月13日

小見川 壱番亭

080102-135625.jpg
『小見川 壱番亭 小見川店』
海苔醤油ラーメン ¥683

帰省ラーメンその2です。
一応毎年恒例の香取神宮へ参拝し、厄除けお守りなどを買ってから軽くメシでも、と小見川(香取市ですが)へ。
ほんとはくるまやに行きたいところでもありますが、まぁ昼間っからニンニクまみれになるのも、と
小見川のパチ屋を食い荒らしてくれたダイナムの方へ。
いやしかしあのパールショップともえ1号店が終わってたのはなんとも言えない気分ですなぁ・・
まぁGoodyでインディジョーズ打てたから許すとするか・・・

さて、話が脱線しましたが、この壱番亭の新メニューらしき海苔ラーメンを。
メニューの写真が神栖のがんこやの岩のりに似ていたという理由です。
で。
うむむ、たしかにノリでありますが、普通の濃さの醤油スープとの相性はどうかなぁ、とかちょっと思ってみたり。
決して悪くはないんですが、ノリがガッツリ乗ってるのなら、もっと強烈な磯風味にするとかだと面白いんですが。
やはりここは看板の味噌の方が特徴あっていいかなー。
でも味噌となるとくるまやラーメン様がひかえているという・・・うぬぬ。

67点
posted by teckl at 02:07 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月10日

佐原 根ぎし

071230-223929.jpg
『佐原 ラーメン 根ぎし』
チャーシューメン ¥800

千葉に帰省中っちゅうことで山岳部系の仲間と佐原の又兵衛で飲みを。
ここ、今日場所が隠れてますが非常に安くて美味いもつ鍋やホッピー達でありました。

いい感じにぐでんぐでんになるかならないかというくらいになりまして、
適当に佐原駅北口に歩いていきました。
個人的にはSLOT VEGASがまだ営業していた事に驚き。5号機のご時世に大変だろうに・・・とか考えながらも、
タコスロ時代の頃の思い出もあるので来年もそのままやってて欲しいな、とか。

で、そのVEGASのすぐ脇にあるのがこのラーメン根ぎし。
一見ラーメン屋にはみえないですが、
ぶっきらぼうな主人の繰り出すラーメンは、なにげにうまく。
シンプルな昔ながらの醤油ラーメンですが、飲んだ後のシメともなるとこういうのもアリだなぁ、と。
ってまぁその後は朝まで家飲み編に突入したわけですが。

81点
posted by teckl at 12:43 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月09日

千葉 一蘭

071230-071827.jpg
『千葉 一蘭 千葉店』
ラーメン ¥750

友人宅にて焼酎を飲んだあと仮眠してから千葉駅まで早朝7時に送ってもらいまして。
が、送り届けてもらった先は千葉駅じゃなく何故か一蘭の手前。
むむむ・・・。
こいつは・・・こんな寝起きからさすがにラーメンは・・・松屋の朝定か駅そばでも・・・との誘惑と戦いながらも、
この挑発に屈するのも負けな気がするので、気がついたらあの独立カウンター席に吸い込まれておりました。

むー、さすがに寝ぼけながらの一蘭はちとレベル高いですな・・・
隣にはキャバ嬢らしき女性とアフターしてるかのような見るからに酔っ払いの3人組。
元気だなぁ・・・・

で、蕎麦代わりとしての濃いめこってり超かために調整していただきやした。
うむむ、朝からかなりハードであります。
うまいっちゃあうまいんですが、さすがにこいつは効くぜぇ・・・
思いがけない朝食をうまくいなしながらも、やり遂げた感で満足しながら成田線に乗って帰ったのでした。

62点
posted by teckl at 12:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月08日

蘇我 鐵

071229-225535.jpg
『蘇我 旨みこってりらーめん 鐵(TETSU)』
醤油味玉 ガッツリ ¥700

で、続いてすぐ近くのここにやってきました。
あのこってり野郎達の聖地・なりたけで修行した人がオープンさせたというこちら。
果たしてどんなこってり具合なのでしょうか。
しかし油普通がガッツリて(笑)

鰹にも興味がありましたが、ここはひとまずシンプルに醤油で。
おぉ、なかなかの背油チャッチャ系ってなもんですな。
醤油のスープはなりたけ的野菜の甘みが染み込んだうまみ醤油的なもんで、
少し味が控えめな気もしますが、背油のギタがバランスよくもちっとした太麺に絡みます。
なりたけ野郎にはなかなかたまらないだろうと思われますが、
本家に比べますとスープの深みといいますか、奥の深さがもう少し欲しいかもですな。

腹ペコだったらかなりよさげですが、家出る前に吉村家のカップラーメン、んで今さっきちゃんこラーメンを食べてきた直後の身には2杯目でこいつはちとキツすぎました・・。

68点
posted by teckl at 13:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

蘇我 ちゃんこラーメン 総豊

071229-223527.jpg
『蘇我 ちゃんこラーメン 総豊』
らーめん しょうゆ 濃いめ かため ¥550

年末の帰省のついでに、
久々に千葉のラーメン友達のところにやってきました。

といってもすでに夜10時を過ぎてるので、まぁ並ばなくて良い適当な店をみつくろってもらうことに。
千葉駅から適当にながしていきまして、千葉拉麺通信の山路氏も密かにお気に入りという噂のこのちゃんこラーメンへ。
店内はこじんまりとした味のある香ばしい系。

むむ・・・ちゃんこと銘打ってはいますが、そのメニューは至って普通に見える醤油、味噌、塩、つけ麺。
おろしラーメンとか惹かれるものはあったのですが、まぁここはノーマルに醤油へ。

さてさて・・。

お、見た目普通の背油醤油。
が、飲んでみると、醤油の後から旨みのコクといいますか魚介の旨みといいますか、
スープの後からじんわりとやってきます。
なんていうか、後からの方がうまくなってきます。

かための麺も実に良い感じ。
なんていいますか、インパクトというよりは、毎日食べても飽きのこない味ですな。
近所にあると実に重宝しそうな具合でありました。

73点
posted by teckl at 01:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月07日

渋谷 中央軒 ランタン亭

071227-161112.jpg
『渋谷 長崎ちゃんぽん・皿うどん 中央軒 ランタン亭』
長崎皿うどん定食 ¥950

そろそろこの渋谷の辺もまわり尽くしてきた感があるので、
未訪店へ手を出してみます。
とりあえず長崎皿うどん定食から。
小盛りの説明で「普通盛りの方が明らかに得です」的な事を書いてあるのは少しウケました。

さてさて、野菜・海鮮類がリンガーハットより丁寧な味わいで、なるほど値段のことはあるかもです。
白湯スープはかすかに豚骨の臭みがミックスされていていい具合。

ライスは何をおかずにして喰えばと思いながらも、後半皿うどんにソースをちょっとたらしたらほどよい香ばし系おかずに。
突如相席になった向かいの初老のおじさんと軽く会話になり、台湾のビーフン、曙橋のさぬきうどんなどの情報を入手。
そのほか皿うどんにまつわる蘊蓄を教えていただいたのですが、今となっては覚えてない系に。むぬ。
とりあえずリンガーハットよりちょっと本格的なのを味わいたかったらなかなか良いのかな、と。

77点
posted by teckl at 01:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月05日

川崎 ちくらっぽ

071229-001628.jpg
『川崎 ちくらっぽ』
青葱めん かため こいめ ¥900

稲川淳二先生のミステリーナイトツアー2007ファイナルの、
川崎チネグランデのオールナイト公演にやってきました。
正直、冬の部は今回はじめてであります。
凍えるような雨が降りしきる中ですが、続々と淳二ファンが行列になってきます。

で、朝までの長丁場を耐えるために、チッタのすぐ裏のラーメンで腹ごしらえを。
変わった名前の当店ですが、家系っぽいという情報を都合よく信じての検証です。

何がおすすめなのかはよくわかりませんが、ひとまず目に付いた緑鮮やかな青葱麺へ。
む・・・ベースとなっている醤油豚骨は、一瞬かなり家系っぽくあって、
その直後に甘い旨味が広がっていきました。
葱も辛い白髪ネギではなくて大きめの青葱なので、結構新鮮で良い感じです。
実にライトな甘い家系と言ってもいいかもしれませんね。
立地はかなり良いとは言え、もうちょい安くして欲しいですな。
もう少し早い時間だったら雷家に逃げてしまいそうになります。

で、いい具合に空腹を満たした後は稲川先生の怪談ライブを堪能させていただきました。
後半にお約束のアレが来てくれまして夏の部より満足度は高かったっす。
心霊写真も新作が多く、奥秩父のヤツあたりとかはかなーり楽しめました。
ちゅーことで早くも来年のチッタが楽しみになっているわけですが、これでも一応らーめん日記(笑)。

73点
posted by teckl at 19:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2008年01月04日

渋谷 唐そば 渋谷二丁目店

071225-223641.jpg
『渋谷 唐そば 渋谷二丁目店』
つけ麺 大 ¥700

またまたも。
今日はチャーシューが妙に味が染みてうまかった。

タマネギが多いが、他には無いこの味は好きですねぇ。
スープ割りしないで飲み干し系でした。

77点
posted by teckl at 23:35 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月03日

恵比寿 香月

071225-153400.jpg
『恵比寿 らーめん 香月』
味噌らーめん かため こいあじ キャベツ ¥950

今月の恵比寿検証は4\xA55年ぶりの再訪です。
当時、確か2軒目で期待してきたら見事打ち砕かれた記憶があるんですが、
そろそろほとぼりもさめたかな、と再検証してみました。

まったく期待しないで来たわけですが、自分の好みのままにオーダーしてみたところ、
んむむ、こいつ、うまい・・。
恵比寿のラーメンブームの前からずっと続いてきたこともあって、
懐かしの背油チャッチャといいますか、
ホープ軒風の似たようなベースのスープに濃厚な味噌のコクが出ておりました。
さらに何となく頼んだキャベツとシャキシャキ感ともの凄く相性良く、
ぶっちゃけうめぇうめぇってなもんで、何気に恵比寿の中でも最も美味い系に躍り出ました。
しかもインパクト勝負の流行りの味でもないもので、こいつはなかなか飽きずに食べられそうだなぁと。
んーむ、やはり実際に何種類か喰ってみないとわかんないもんですなぁ・・・

86点
posted by teckl at 23:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月02日

日吉 武蔵家

071224-224844.jpg
『日吉 横浜ラーメン 武蔵家 日吉店』
ラーメン 中 こいめ かため のり キャベチャー ねぎ ¥1050

こんな日でも何事もなく客が入ってきます。
せっかくだから、俺はこの白のネギを選ぶぜ、ちゅうことで奮発してネギを試してみました。
家系にネギ、ということで、まぁ千家とおんなじパターンといいますか、
単品としてはいい具だとは思うんですが、
この辛さが家系の魅力であるあのチー油スープのコクを上書いちゃうような
そんな気がしちまうようなといいますか。
と、キャベチャーはこの寒い日にはちょっと冷めてて味わいにくい印象が。

んー、やっぱりここはいつものが一番ですな。

70点
posted by teckl at 17:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2008年01月01日

渋谷 喜楽

071221-152724.jpg
『渋谷 喜楽』
もやしワンタン麺 ¥850

ストック分がまだあるのですが、年をまたいでしまいました。
何か年のまとめでもとおもったのですが、
まぁしばらく集計でもしてからにしようかなぁ、と。
というわけでひとまず今年も適当にらーめん日記をよろしくお願いいたします。


この日は保険の説明ついでに駅前に。
たまには、と思って「はやし」へ向かうもやはり15時ではスープ切れ。
ならばと喜楽へ切り返しました。

この時間は空いてていいですな。
店のおやっさんが麺上げしながら「シュー、シュー」言ってるのがかっこいいです。

んー、なかなか普遍的なうまさでありますな。
揚げネギとわずかに芯の残るもちもち麺。
やはり文句のつけどころがありません。
もやしは他の店だと単なる安い具で可もなく不可もなく的な印象があるのですが、
ここのは立派な一品として完全に独り立ちしてます。
ワンタンも旨みがじわっと広がってきて上品でうまいっす。

途中、コップの水を交換してくれたと思ったら残り分を豪快に床に投げ捨て。すげ。
やはりここはさりげなくレベル高すぎでした。

81点
タグ:渋谷 醤油 日記
posted by teckl at 19:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2007年12月31日

渋谷 チャオタイ 渋谷東口店

071219-145319_m.jpg
『渋谷 チャオタイ 渋谷東口店』
Aセット(タイラーメン 豚) 大盛り ¥780

たまにはこういうのも。
タイラーメンはビーフン麺がぎっしり詰まった中にシンプルな豚のチャーシュー的な構成で、
スパイス・ニンニクの効いたあっさり塩スープ。
ん、結構普通にうまいかもです。

ほんとはカレーも食べたかったんですが、カレーソースとライスは別なのでプラス400円になってしまう罠が。
しかし大盛りはビーフン麺まみれでさすがに飽きますな。

とりあえずまぁサラダ、春雨、デザートもついてるので、値段の割に結構な満足感でありました。
今度は普通にトムヤムクンセットでも食べようかと。

70点
posted by teckl at 11:06 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2007年12月30日

渋谷 櫻坂

071218-174427_m.jpg
『渋谷 中華ソバ 櫻坂』
焼豚つけソバ 大盛り ¥1000

2ヵ月ぶりくらいでしょうか、渋谷の中でもお気に入りの桜坂へやってきました。
途中、伊豆高原イーグルの跡地には焼鳥屋のようなものができていました。ううむ。

ここ、さらに人気が出てきたのか、ついに営業時間が21時までになったみたいですな・・・。
美味い店が正当に評価されるのは嬉しいのは嬉しいんですが、
どんどん行きにくくなってきちゃうなぁ、と。
あ、メシ時の18時前でもお客はどんどん来ておりました。

さて、今日のつけ麺ですが、ん、やっぱうめぇ!
鰹魚粉スープの一口一口が濃厚な何とも言えないっす。
麺もコシがあって最後までだれることがありません。
チャーシューはちょっと逆に多いくらいでしたが、それでもまぁむさぼり喰いまして大満足のまま戻ったのでした。

90点
posted by teckl at 08:25 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。