2009年11月05日

学芸大学 香氣

091021-010927.jpg
『学芸大学 四川麺条 香氣』
担担つけ麺 大盛り ¥840

びぎ屋のちょっと奥にある担々麺メインのお店。

いよいよ学大でも残り少なくなってきてしまった未訪店を使ってしまいました。

担々麺メインのお店ってことで当然辛いもの好きな人用に紅担々というのもあり、
多少覚悟はしてたのですがノーマル担々麺を選択したため特に辛くもない担々スープで一安心。
ゴマの香り豊かなコクがありつつ結構さっぱりめの良質な担々つけ麺。
太めのストレート麺はコシがありもっちりとして良い感じ。
具は白ネギ・モヤシ・水菜系のシンプルなもので肉味噌を絡めてズルズルいただきます。チャーシューが無いと逆に恋しくなりますな。

朝4時まで営業してるっていうのと、つまみメニューが非常に豊富なのでしっぽりやってみたいなぁ、と。

後半は酢をたらしてみると、やっぱ合いますわ・・・。
なんか最近酢に頼り切りな気もしないでもないですが、美味しく楽しめればいいですよねぇ、えぇ。

74点
posted by teckl at 11:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

大つけ麺博 ど・みそ

091101-182858.jpg
『日比谷 大つけ麺博 らーめんダイニング ど・みそ』
味噌つけ麺 コーン ¥850

で、雨も降りだしてきてテントもないのでそろそろきつくなってきましたが開いてるのでもう一軒だけ検証を・・・。

ここも浅草開化楼っすねぇ。

そろそろ胃もきつくなってきたので味覚もかなり微妙な感じになってきちゃってますが、ニラと山椒が効いたピリ辛味噌で、なかなか旨し。あぁ空腹なら・・・
若干辛しょっぱいっていうんでしょうか、もうちょっとマイルドなのを予想してたのですが、まぁこれはこれで。
コーン増しはちょっと要らなかったかなぁ・・・
ジャンクガレッジのこってりと中本の特盛り麺が後を引いてしまい、かなり苦しい結果に。

とりあえず連食するときにはこってりはラストに回さなきゃ駄目ですなぁ、とか当たり前の事を感じつつ、
食欲が満たされた後は有楽町ビックカメラにPocket WiFi D25HWを見に行って物欲を育んだのでした。

70点
posted by teckl at 04:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2009年11月04日

大つけ麺博 ジャンクガレッジ

091101-175418.jpg
『日比谷 大つけ麺博 ジャンクガレッジ』
つけそば ベビー増し ¥900

続いてはお初となるジャンクガレッジ。
大崎から離れちゃったのでなかなか行きにくくなっちゃってたのでまぁ、と。

一口でそのこってり具合が襲ってまいりました。
無心とまではいきませんが、ドロドロのこってり濃厚魚介豚骨と元からまぜそば風にタレが絡めてある極太麺。
100円増ししたベビースターすげぇ。

そこにニンニクと鰹節をまぜまぜしてドロドロに和えてぐちゃぐちゃといただきます。
ぶっとい麺のためボリュームは結構ありまして、ベビースターは100円で高いと思ったけど量もあって満足。

そのままでもまぜそばなので冷めても気にならず。
チャーシューもしっかりしていて、こいつはこのイベントのためにあるような一杯ですな。

というあたりで友人のドリルマン・中本の特盛りをお裾分けしてもらっているうちにお腹の方が・・・

85点
posted by teckl at 12:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2009年11月02日

大つけ麺博 気むずかし家

091101-173757.jpg
『日比谷 大つけ麺博 頑固麺飯魂 気むずかし家』
プレミア濃厚鶏白湯つけそば ¥800

結局また来てしまいました。
夜なのでまたしても暗い中をライトのある方向に移動。

はじめはなんとなく目に付いた「家」につられて並んでみます。

このイベント、速攻で冷めていく傾向にあるので、クレラップってのはちょっと考えましたな。

見た目はまんまそばっぽい黒い細麺。こいつが噂の信州の黒小麦ってやつなんでしょうか。
で・・・うめぇ。
つけ麺のイメージじゃないですが、
酸味のある鶏白湯スープが、動物系のコクがありつつあっさり食べられちまいます。
トッピング無しでも生卵が入っていて嬉しいですねぇ。

一杯目から普通に美味いので逆に困り気味のまま次へ向かったのでした。

80点
posted by teckl at 12:42 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2009年11月01日

渋谷 すずらん

091015-222409.jpg
『渋谷 中華そば すずらん』
担々麺 大盛り ¥1050

いろいろあって遠ざかってましたが、付き合いで久々のすずらんへ。
あまり腹減ってないですが、汁無しの担々麺が出来ていたのでまぁ検証してみようかと。

お、底の方に辛くて濃いめの醤油タレが溜まっております。
ここはデフォのつけダレが薄いのであえて汁無しにしてみたのですが、こいつは濃いっすな。
山椒がかかってラー油の辛さと相まってなかなかの相性。

汁無し担々麺としては一つの完成系なのかもしれないですねぇ・・・。
量は大盛りにしてはかなり少な目。
通常メニューとは異なり濃さは自分的に十分許容範囲な感じなので、中毒性はないですがさらっと喰いたい時にはいいかもですねぇ。
高いけど。

73点
posted by teckl at 16:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月30日

新橋 八七三家

091015-162214.jpg
『新橋 横浜家系ラーメン 八七三家』
ラーメン 中 かため こいめ 八七三盛りサービス ¥750

珍しく汐留で打ち合わせが入ったもので、
昼メシを調整してこの界隈では貴重な家系店、八七三家(やなさんや)にやってきました。

微妙な時間帯でしたが、結構入ってる様子。
チャーシュー丼(生姜焼き風)がすごい美味そうでしたが、
八七三盛り(のり5枚・チャーシュー3枚・卵・ホーレン草)150円がサービスタイムだったのでこっちでいいか、と我慢・・。
ビジネス街だけあって、14時ー18時までサービスってのはいいアイデアですなぁ。

で、一口目。
ん、妙にライトな豚骨醤油。
豚骨のコクはそこそこあるんですが、妙に小綺麗で醤油の角が立ってないというか鶏脂も弱め系。
いかにも家系って感じではないですが、臭みもなく胃がちょっと弱ってるときでも大丈夫そう。
品の良い豚骨醤油というか家系ですかねー。

麺はいつもの太ストレート。ちと柔らかいけどなかなかうまい感じす。
クセが無い分さらっといけてしまったのですが、
丼の底の「完食ありがとうございました。また、来てね!」は家系では珍しい仕掛けで嬉しいですねぇ。
さらに帰り間際にも店員さんに完食ありがとうございましたー。って言われてちと恥ずかしい系。

んー、こういう家系のお店、都心にももっと広がって欲しいっすねー。

79点
posted by teckl at 12:12 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月29日

渋谷 渋谷大勝軒

091014-234131.jpg
『渋谷 渋谷大勝軒』
あつ野菜 ¥950

いろいろ盛りだくさんにより疲労してしまったので、
適度に切り上げ一人ひっそりとやってきました。

オープン直後の混乱ももう落ち着き、まったり食べやすい空気が戻ってきております。

お客さんの入りは今のところやすべえと五分五分でしょうか。

あつ野菜はしっかり炒めた野菜が結構載っかってまして、
んー、旨いんですがやっぱりもりの方がいいかなー。
大勝軒のデフォがこうなのかもですが、麺がでろでろというか、ちと柔らかすぎだなぁ、と。
が、やはりスープはうまし。ついさらっと飲んじまいますねぇ。
そして何よりも肉がうまいっすねー。これでチャーシュー増しがプラス200円とかだったら・・と思うんですが。。

まぁともあれやすべえに飽きたときは普通に使えるなぁ、と再認識できたのでした。

79点
posted by teckl at 12:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月28日

大崎 凛

091013-175203.jpg
『大崎 凛』
醤油 M ニンニク少し ¥700

普通に昼飯を食ったもんで、あまり腹減ってないんですが、
せっかくの大崎チャンスってことでこの二郎系に来てしまいました。
ラーメン屋らしからぬロックなカウンターの店内。
カレーチーズに惹かれながらも、最初はドノーマルですかねぇ。

業務の途中ですがせっかくなのでニンニク少しで。
ジロウって聞くだけで構えてしまうもので、覚悟していた分結構ライトに感じました。
背油多めの醤油豚骨、というか二郎系汁。
二郎系は久々でしたが、もろもろ気にしなくていいのならやっぱうまいっすねぇ・・・。
醤油については案外弱めで、味はもっとカラメの方が良かったかな、、と思ってたんですが、ゴツゴツの麺がだんだん病みつきに。
気付けば若干のニンニク片を残して空っぽになってしまわれました。
こりゃMじゃなくてLも行けそうかな、と。

80点
posted by teckl at 12:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

大つけ麺博 無心 

091025-204102.jpg
東京メトロ日比谷線日比谷駅徒歩1分 日比谷パティオ内
『日比谷 大つけ麺博 無鉄砲 つけ麺 無心』
豚骨つけ麺 ¥800

大つけ麺博もなんつッ亭の後の3杯目。
量が少ない、と分かっていればこそ最強のこってりが恋しくなりまして。
大阪で衝撃を受けた無鉄砲のつけ麺専門店である奈良県の無心。
あの時はビビらされたので、今回はどうなっているのかな、と。

さて、そのスープですが・・・、うぉ、予想通りドロドロw
極太の麺を絡めると引っ付いて落ちないかと思えるような、呆れるほどのドロドロさがたまりません。天一とかの比較にならないくらいす。
豚骨の臭みがモロにでていて、こいつは効きます。
一杯目がこれだったらやばかった・・。
隣で食べていた二人組が、
「なんだこりゃ、失敗したわ・・」
とか言ってましたが、まぁこってり耐性の無い人には厳しいかもなぁ・・とか思いながら一人味わっておりました。

まだまだ行きたいとこあるのにこれは腹に溜まってまずいなぁ・・・とか思いながらダッシュでかっこんでいたところ、なんと閉店予定の21時を20分ほど残すところでチケット販売自体が終了・・・。売り切れていたのはTETSUだけだったはずですが。。
うむー、これ以上喰うのはやめておけ、ということなのでしょうかねぇ。

とりあえず今回行ってわかったのは、夜寒い中行くくらいならやっぱ明るい店内でじっくり食べるのが一番だなぁ、と。
見慣れない店を移動無しでいくつも回れるのは非常に面白いし、
日頃見られないメニューなども堪能できるという面ではかなり興味があったのは事実で、そこは正直楽しませていただきました。
自分も時間が許せば全部回りたいくらいですが、ラーメン好きってほどじゃない一般の方々がどう思ってたのかな、とちょっと気になりました。

あとこれはイベント全体に言えることなんですが、公式のパンフに各店ともつけ麺の写真とかを載っけて欲しかったなぁ。
店の名前なんかを見てもピンと来ない人が多いだろうし、(夜に行ったのもあるかもですが)列に並んでいてもどんなものが出てくるのか分からないという意見が周りでも結構あった気がします。(自分は並びながら携帯のフルブラウザで公式サイトを確認してたのでなんとかなりましたが・・)
まぁ超期間限定のお祭りですんで、細かいことは置いておこうってのはもちろんなのですが、スープ割りをくれとまでは言わないので、せめて水くらいはフードコートにあるようなので構わないので欲しかったなぁ・・・
まぁなんだかんだでこの企画、正直楽しいのは事実なので、近くて時間が合えば全食行きたいかも、ってとこなのですがw

84点

東京都千代田区有楽町1-4-1
posted by teckl at 04:15 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(2) | edit | 未編集

2009年10月25日

武蔵小山 じらい屋

091012-220021.jpg
『武蔵小山 らあめん工房 じらい屋』
じらいやらぁめん とりたま かため ニンニク ¥800

なんとなくむさこで遊んでいる内にまた小腹が減ってきてしまったので、地元でも有名なこちらに入店。
カウンター6席のみの超こじんまりとした笑えるお店。
店主のおっちゃんが良い味出してます。

とりあえずニンニク入りのとりたまを検証。

熱々の真っ黒な濃い口醤油の中に大量のタマネギと刻みネギなどの野菜のダシ。
なかなかのコクと熱々の和風醤油ですが、しょっぱいばかりではなく、しっかりと甘みがあって、なかなかに旨いっす!
人によっては濃いとかあるかもですが、このくらいの醤油が自分的にはちょうどよさげ。
油や豚骨に頼るわけでもないとりたまの優しい味わいと、中太のコシのある麺、
普通においしいらあめん屋だと思いますが、
水を冷水機に置きっぱなしだったり、券売機が狭い店内に組み込まれていたり、
営業時間がきまぐれだったりするというのもまたこのお店の魅力なのかもしれないですねぇ、えぇ。
posted by teckl at 19:34 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月24日

武蔵小山 じゅうはち

091012-195230.jpg
『武蔵小山 トンコツ焼きそば じゅうはち』
エビスセット 肉野菜炒め ¥1200

世にも珍しいトンコツ焼きそばなるものがお隣の武蔵小山にあると聞きつけたので、軽く検証に。
商店街から一本離れたところにポツンとある小綺麗な店内。
焼きそば系メニューの中には濃厚トンコツ焼きそばもあるようですが、
初めてとなるとやはりノーマルからっすかね。

このエビスセット、エビス生一杯におつまみ小鉢も一皿ついて、じゅうはち焼きそば。
一杯やりたいときはこのエビスセット、バランスいいっすなぁ・・。

さて、トンコツ焼きそばですが、トンコツの味わいとソースの風味がちょうど良くマッチした見事な焼きそば。
んー、まさに焼きそばというほかないですなぁ・・・。
麺は中太のほどよい食感。
豚骨さはそこまで強烈には感じられないですが、このラーメンにはない香ばしさ、たまにはいいもんですねぇ・・。
元祖トンコツということで、インパクトはそこそこですが、良い気分転換になりました。

見るとトンコツラーメンもあるようですが、ここでそれを頼んでも、ってのはあるので次頼むとしたら濃厚トンコツでしょうか。

普段なかなか焼き物系の店に一人では入りにくいのですが、ここは気軽に入れて焼酎などを一人飲みって時に使えそうだなぁ、とか思いました。

80点
posted by teckl at 17:31 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月23日

学芸大学 カドヤ製麺所

091010-205637.jpg
『学芸大学 カドヤ製麺所』
つけめんセット 季節のつけめん 野菜爆 硬め こいめ ¥1100

4日間続いた地獄の拘留から一旦釈放と相成りました。
体中から香しい豚骨醤油的スメルがしてますが、
睡眠不足でまともな思考能力が残ってなかったのでそのまま気になっていたこちらに入店。
一杯だけビールを。

いやぁ、野菜爆って良い響きだなぁ・・・。
セットは焼餃子と季節の御飯のセットでなかなかお得。食えるときなら。

見た目からして、明らかに野菜を全面に押し出したつけ麺で、
紅いもチップス的なのとかゴボウとかトマトとか、全く見慣れない面々。
産地直送という緑黄色野菜などをつけ汁にぐわっと浸けていただくというのはなかなかオツなもので。

堅い野菜は不思議な食感ですが、身体には良さそう。
つけダレは流行りの魚介豚骨などではなく、キリッと醤油が強く立ったピリ辛で、山椒が深みを出しております。
極太の縮れ麺は若干ゴツゴツの硬めっぽかったのですが、野菜との組み合わせが面白いっす。

つけめんセットなので更に焼餃子と季節の御飯も付いてしまうのですが、
御飯の方はかわいい茶碗にほんのり鮭が載っかっただけのシンプルなやつでして、
久々のシャバの味で満腹にさせていただきました。

80点
posted by teckl at 11:31 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月22日

東中野 麺家ばく

091005-013722.jpg
『東中野 横浜家系らーめん 麺家ばく』
全部盛りらーめん 中盛り 硬め 濃め ライス小 ¥1050

休みが取れないストレスを原付家系で解消、っちゅうことで終電後ですが悠々と山手通りを中野方面へ北上。

この店を探してきょろきょろと挙動不審気味にしてたところ、突然覆面パトカーに
「そこの原付、止まりなさい」
と誘導され、やばい何かやっちまったかなぁ、とか思ってたら、
バイク整備に異常がないのを見ると、
「ちょっと息吐いてくれる?」
とどうやら酔っぱらい運転と間違われたようで。。
もちろん全然大丈夫だったので、逆に東中野駅の場所を聞き出しなんとかたどり着けました。

入り口に十一時〜十二時まで、とあって妙に暗いのであぁ終わったか、、、とか思ったら普通に深夜2時までで一安心。
っていうかこれマジでお客さん逃がしちゃってると思うんですが・・・

このお店、目黒にある武蔵家の姉妹店の麺家黒にチラシが置いてあったので、一応武蔵家とも姉妹店?でしょうかね。
テーブル席メインですが、北斗の拳が揃っていることが個人的に高評価。

さて、その家系スープですが、豚骨分がぎっしりと詰まって甘めのちょっとマイルド系スープ。
油はさほど強くないですが、こってりした濃厚さはさすが。
鶏油をもうちょっと欲しいところもありますが、やはり家系、ベースが旨いっす・・・。
麺がツルツルで家系っぽくないというか酒井じゃない?印象でしたが、キャベツはほんとに合いますねぇ。
で、ライスも当然無料。

家系的に特筆すべきは、テーブル上にごまとすり鉢が置いてあるところでしょうか。

あまり来ないエリアだったので欲張って全部入りにしてしまいましたが、
やはりトッピングはノリ・キャベツが(値段的にも)最適かなぁ、とか思いました。
ぶっちゃけ家系に味玉・チャーシューは無くても、なんて・・w

84点
posted by teckl at 12:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月21日

青物横丁 まこと家

091004-045856.jpg
『青物横丁 家系ラーメン まこと家』
ネギラーメン かため こいめ ¥900

原付で来たのはいいもの仕事でハマって気付くと夜明けに。
気分転換がてらに朝5時に青物横丁までやってきました。

いやー渋谷からここまでサクっと来れちゃうって、足があるってのはあらためてすごい事っすな・・・。

で。
んー、やっぱこの豚骨スープ、最高っす。
豚骨の甘みと辛味のある白ネギとの絶妙具合。
コクがあるくせにあっさりしてて、でもって酒井製麺特製とやらの真宏麺。
いやー旨い。

あまり綺麗とは言えない酢とショウガを大量にぶち込み、むさぼり食います。

街道沿いだけあって喰うか喰われるかといった風のアナーキーなお客さんが多いのもまた楽しいといいますか、好きですねぇ。
小川から対して時間も経ってないのにスルスルっと行けちゃいました。
決して値段は安くはないですが、まぁこりゃ仕方ないっす・・。

88点
posted by teckl at 11:37 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月20日

渋谷 やすべえ

091002-233654.jpg
『渋谷 つけ麺屋 やすべえ』
つけ麺 中盛り やすべえ特製 ¥1020

大勝軒が閉まっちゃってたのですぐさまこちらへ。

たまには豪勢に特製を。
味玉・チャーシュー・水餃子・野菜・ノリ。
んー、300円増しにしては結構嫌がらせのようにボリュームがあって良いですねぇ。

麺中盛りでも量多すぎ、けどたまにいただくとうまいすなぁ。

チャーシューの肉肉さが好きな人などにも間違いなくお得なのですが、
1000円越えっていうのをどう見るかですかねぇ。

82点
posted by teckl at 12:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月19日

渋谷 小川

091003-225247.jpg
『渋谷 らーめん専門店 小川』
ノリノリラーメン ねぎ増し ¥800

ちょっと前から和風ニンニク醤油系の小川節が元の魚介豚骨の小川へ様変わり。
元に戻すっていうのはいろいろ勇気がいったと思いますが、この大英断には感謝の一言ですねぇ。

久々でしたが、やっぱノリノリ最高っす・・・。
豚骨の濃度も申し分なく、じっくりとノリの1枚1枚を浸して楽しめます。
青ネギが辛いのはちょっと苦手ですが、チャーシューのやわらかさも健在でほんと嬉しいですなぁ、と。

おがわや幡ヶ谷店との家系店もあるようで、今後もいろいろ楽しみですねぇ。

85点
タグ:渋谷 魚介 豚骨
posted by teckl at 12:28 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月18日

新宿御苑前 佐高

091001-194910.jpg
『新宿御苑前 らーめん 佐高』
納豆らーめん ¥700

珍しく御苑前まで来たので1杯検証を。
全くの未開の地ですが、なんとなく評価が高そうだったこちらへ。

あれ?お姉さん一人しかいないな、とか思ったら注文するなり2階からマスターが降りてきました。
一杯作り上げるとすぐまた2階へ・・・。
なかなかユニークですが、そういうシステムなんでしょうかねぇ。

さて、面白そうな納豆らーめんですが、
大盛りを頼んだ訳じゃないんですがモチモチ・ツルツルな平打ち麺が予想以上にぎっちり詰まっております。

卵で溶いた納豆と、あっさりさっぱりながらも動物系のコクもあり系のさっぱり醤油。
青ノリと納豆が不思議な合わせ技で結構するするっと行けちゃいます。
味については自分的には物足りない濃さではありますが、とにかく麺の量が・・・・。
後半、底の方にたまった納豆を処理。

チャーシューで有名な満来出身との事ですが、残念ながら納豆らーめんには肉は見あたらず。

ただでさえ麺が多いノーマルのラーメンが550円なのに、
チャーシュー麺にしたら約二倍の1000円、ってだけでその破壊力が伝わってきますが、
まぁそれはまた胃袋の調子が良いときにでもしましょうかね、と。

76点
posted by teckl at 13:13 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月16日

恵比寿 一風堂

090930-151903.jpg
『恵比寿 一風堂 恵比寿店』
本店かさね味 ¥850

恵比寿にきたらそろそろもうネタ切れだなぁとか思ってたんですが、
こちらが残ってたんですねぇ。

で、考えていた赤丸が無くなって、代わりに本店かさね味なるものが。

どんなもんでしょうと検証してみたのですが・・・
うーむ、かさね味という響きからの予想に反してあっさりしてるというか、
濃厚さが物足りない感じっすな・・・。

決して美味くない訳じゃないんですが、
なんか赤丸のようなパンチ力があってハマる感じを期待してしまったのがアレだったのかもですねぇ。
とりあえず赤丸カムバックっちゅうことで・・・。

70点
タグ:恵比寿 豚骨
posted by teckl at 16:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月15日

渋谷 KAWAKEI

090929-003324.jpg
『渋谷 KAWAKEI』
味噌つけ麺 ¥700

なんとなく流れでこのJRのガード下で一杯やって帰ろうか、と。
ビールと枝豆やらの健全なセットでもって、月曜から良い具合に。

で、酸味のほどよく効いた、良くあると言えばある味噌つけ汁。
細めの中華縮れ麺でかなり量少な目ですが、すでにある程度出来上がってるおっさん達にとってはちょうど良いバランスで。

気付くと終電が行ってしまいましたが、しかしまだ我らが東急が誇る深夜バスミッドナイトアロー号が。
都立大までタクシーなどよりも大幅に安い600円でなんとか帰りつけたのでした。

全然らーめんとは話が逸れるんですが、この深夜バス、
一種独特の雰囲気で面白いですねぇ。
みなさん仕事やらに疲れ切ってぐたーっと死んだようになってるこの状況は、なんか妙に一体感的なものが。

64点
posted by teckl at 12:26 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2009年10月14日

渋谷 中本

090928-150744.jpg
『渋谷 蒙古タンメン 中本 渋谷店』
蒙古タンメン 辛さおさえめ ¥770

初の辛さおさえめで。
今日は3人で来たのですが、ここ、カウンターメインなので席がないもんでカウンターが空くまで結構並びました。

で、辛さおさえめですが、んむー、自分的にちょうどよい辛さですな。
部分的に辛いですが、すぐリカバリできるので、なんとかなる感が。

たっぷり煮込まれた野菜達を味わいつつ、それでもじんわりと汗が浮き出てくるくらいなもんで、
実にバランス素材を良く味わえます。

底に溜まったニンニクと大量の酢、紅ショウガを投入しつつ、めずらしく余裕で完飲。
北極についてはもっとレベルがあがってからにしようと思います・・・。

77点
タグ:渋谷
posted by teckl at 11:03 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | edit | 未編集