2010年02月02日

渋谷 乱世

100120-224128.jpg
『渋谷 ラーメン大戦争 乱世』
ラーメン ¥750

つけ麺の方ですが、ついに大盛り330グラムが50円増し、特盛り440グラムが100円増しという値段設定にw
大食い時代には怒ってたかもしれませんが、ラーメンダイエッターとしては気兼ねなく並盛りを頼めるので正直嬉しいす。

しばらくの間に店内がさらに豚くさくなってます。
デフォで結構しょっぱめの濃厚豚骨魚介醤油。甘みもあり梵天の醤油などより濃いもの好きにはたまらんですねぇ。
んーうまい。節系の良さと、ここ特有の豚骨のアクの強さがまた。

麺も若干中太に変わり、つけ麺じゃなくても乱世っぽさがしっかり出ておられます。
なにげに油もなかなかで身体には良さそうではないですが、豚骨こってり野郎には満足感もありつつ、
適度な量で止められる、理想的な形なのかもしれないなぁとか思いました。

78点
posted by teckl at 11:37 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年02月01日

渋谷 侍

100119-000209.jpg
『渋谷 横浜家系ラーメン 侍 渋谷店』
ラーメン 野菜 かため 濃いめ ¥750

ダイエット熱も高まってきたところで、レコーディングダイエット決定版を買いまして。
その直後、早速家系の看板に負けてしまいました。

寒い店内により、席が奥の方から埋まっていきます。

若干モヤシが多いですが、今日もいい野菜っぷり。安定して野菜が摂取できるのは嬉しいですねぇ。
野菜を食べてると麺が若干伸び気味になってしまうので、強引に中をかきだすのが良い食べ方かも。

と、今日はスープが薄めっすかねぇ・・・。
鶏油と豚骨のコクはそこそこ出てるのですが、カエシをもすこし濃いめにしていただけると幸いであります。

この閉店前の時間帯、お客さんがあまりいなくて若干心配になってきちゃうところもありますが、
まぁこれからもお世話になりたいと思いますー。

76点
タグ:渋谷 家系
posted by teckl at 14:31 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月31日

日暮里 彦龍

100130-174148.jpg
『日暮里 ラーメン 彦龍』
味噌チャーシューメン ¥750

ついにこの日本一まずいラーメン屋の彦龍さんも最終日前日。夜の部に一番乗りしました。
店内に入るとインコがずっとピーピー泣いてます。
インコの名前はなんですか?と聞いたところ、「ああ、忘れちゃったよ」との。さすがノリヒコさん・・・。

昼間はテレビ撮影が来ていたようで、
サンデージャポン2/7の放送に出られるそうですねぇ。

さて今日はダウンタウンラーメンでもと思ったんですが、メニューに×マークが。
これはどうしたんですか、と聞くと「売れ残っちゃったらもったいないでしょ」、とあっさりw
ホームページラーメンの1500円はさすがにアレなので、普通のメニュー、味噌チャーシューでいってみました。

引退の理由をあらためて聞くと、
やはり足のなんこつが溶けて毎日注射と薬を飲んでいて辛いから、とのことで・・・。

せっかくなので本にサインを貰いつつ、写真を撮らせてもらいました。
俺を撮るのは200円ね、とさらり。
なんでも去年に閉店を決めてから写真ばっかり撮る客が多いので200円撮ることにしたそうで。
で、さらにノリヒコさんは得意げに撮影料金200円が積み重なってもう17000円になったよ、
と千円札をペラペラめくりながら自慢してくださいましたw
現在62歳、引退後ですが、今売りに出しているこの店が売れたらどこかに落ち着きたい、とのこと。
聞くと白山・後楽園あたりの出身で、今は帰る田舎も無いということで・・・。

とか話し込んでいるうちに、味噌チャーシューが出来上がりました。
チャーシューが肉の塊だったり、ニラが生っぽかったり、
椎茸に全く味がなかったりして、ぺらぺらな味噌ですが、普通に食える味噌ラーメンです。
美味くはないけど、何気にそこいらへんの中華屋なんかに普通にありそうならーめん。
前回の時も言ってましたが、「本当に食えないような味のラーメンだったら、こうして20年も続かないよ」、と。
なるほど確かにもっともですねぇ・・・。

そのほかにもいろいろと世間話をさせていただいて、
この20年まともにまとまった休み取れなかったら、全然旅行とか行ったことなかったもんで、
落ち着いたら沖縄の石垣島あたりにも旅行行きたいと思うけど、どう思う?などとポツリ。
17歳の時から料理人の修行して、今の店を出してから20年、思い返すと本当に早かったよ、と。
ダウンタウンが来た頃の事なんかをつい昨日のことのように話してくれました。
もう少し話したかったところですが、他のお客さんが来ちゃったので名残惜しくもこのへんで・・・。

とりあえず本当にお疲れさまでした。

70点
posted by teckl at 23:13 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月30日

日暮里 一寸亭

100130-164522.jpg
『日暮里 中華料理 一寸亭』
モヤシソバ ¥750

彦龍の閉店前日ってことで千駄木までやってきました。
が、あいにく中休み中。
ってことでとりあえず近場で有名そうなこちらへ。
通りの一本横の粋な路地に結構こぎれいな新店舗がありました。
NHKの連ドラひまわりの舞台になったらしいんですが、見てないのでなんとも言えませんが、
この谷中ぎんざ界隈の商店街の町並みというか、ほんとに雰囲気にいいっすなぁ・・。
地元のおっちゃんたちがチューハイをやってまして、暗くなる前からかなり出来上がってる下町風情。しみじみ。

で、一番有名っぽいもやしそばを。
醤油ラーメンの上に熱々・トロトロのモヤシのあんかけがのっかってます。

餡はまろやかな甘みのついた優しい味わいですが、とにかく火傷しそうなほどの熱さ。
柔らか麺と絡めてスルスルっと入ってしまう不思議なうまさで、渋谷の喜楽のモヤシ麺なんかとはまた別の魅力がありますねー。
昔懐かしく、具もシンプルだけどやめられないのは共通です。
派手さはないですが、気付くと全部行っちゃってました。
このあと彦龍があるというのにお腹が・・・w

78点
posted by teckl at 23:02 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | edit | 未編集

2010年01月28日

武蔵小山 らーめん亭26

100112-000234.jpg
『武蔵小山 らーめん亭26』
特製みそねぎらーめん ¥800

昔ながらの街道沿いのらーめん屋風。26っていうのはどこから来てるんでしょうかね。
昭和を感じさせるようなラーメンショップ的ではありますが、
客の年齢層が高いこともあってか、何気に値段はそれなり。
瓶ビールが600円、餃子が400円ってのはそういう事なのかもしれませんねぇ。

特製味噌ねぎラーメンですが、懐かしい味噌の要件をしっかり満たしている感じのレトロな味わいでした。
化調的な味わいもアルコールが入るとやっぱり味覚にダイレクトに響いてきますねぇ。

個人的にはナニワ金融道とか金と銀あたりが置いてあるところがツボだったのでまた読みに来ようかなぁ、と。

68点
posted by teckl at 12:04 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月27日

学芸大学 円満家

100111-210707.jpg
『学芸大学 円満家 学芸大学店』
油そば ¥650

ご近所のこちら、今日はなんとなくこの油そばで行ってみました。

お。カエシはしっかり家系っぽいケモノ風醤油ダレ。
油は少な目で単純にあっさりめ。太麺に絡めてシンプルにいただくスタイルですねぇ。
デフォルトトッピングはチャーシューとメンマ・ノリだけで、
ジャンク的な側面は限りなく少ない感じですが、ラー油と酢をつっこんでしかり味の変化は楽しませていただきました。
量も一玉程度でサクッと食い終わってしまったので、新メニューの円満餃子300円も試してみたり。
ちなみに大盛りにはプラス200円のようです。
んー、意欲的に挑戦し続けてるのは実に素晴らしいですが、普通にノーマルの家系が一番好きかなぁ・・・

71点
posted by teckl at 12:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月26日

沼津 卓朗商店

100110-191201.jpg
『沼津 麺屋 卓朗商店』
醤油特製らーめん くんたま ¥950

帰りは浜松からのんびり青春18切符でゆっくり戻り。
密かに狙っていた吉村家直系らしいという沼津家があいにく定休日だったので、
素直にあきらめてこの卓朗商店へ。

特製トッピングは、チャーシュー・ワンタン・のり・ネギ・メンマ・玉子。この玉子をこちらの名物のくんたまに変更してもらいました。

で、スープは実に澄んだトリガラ醤油。
魚介と鶏ガラのまさに今風の淡麗系ダブルスープって感じでしょうか。
自分であまり得意とは思ってなかったジャンルの一杯ですが、はっきりいってうまい・・。
失礼ながら沼津でこのレベルのものが普通に食べられるとは・・・いい街ですなぁ。
後で調べてみたら店主は中村、くじら軒、支那そばやなどに影響を受けたようですねぇ。

くんたまは相変わらずピンと来なかったですが、チャーシューは超上質かつ柔らか系で、もっと喰いたいですねぇ。
国産小麦だという細麺は、ツルツルでまぁ正直完璧なバランスでした。んむー、ちょっと歩いたけど行って良かったすー。

・・というわけで、この沼津の後東海道線沿線でもう一杯家系でシメようと思ってたのですが、電車の中で良い感じに酔っぱらってるうちに東京に着いてしまったのでした。
とりあえず1日3杯ペースってだけでも実際相当ハードル高いなぁ、とか実感した今回の検証旅行でありました。

83点
posted by teckl at 11:04 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | edit | 未編集

静岡 一刻堂

100110-135753.jpg
『静岡 極旨醤油らーめん 一刻堂 静岡インター店』
こってりしょうゆ ¥680

翌日はチェックインギリギリまで緊急対応などをしながら話題の静岡空港などを見物しつつ、
静岡市の日本平など、観光らしい事をしていたらお腹が空いてきました。
家系を探そうにも我慢できなくなってきたのでもうどこでもいいや、ってことで街道沿いでふらっと目に付いたこちらへ。

極旨、とのことですが、んー、個人的印象としては背脂たっぷりな普通の豚骨醤油ラーメンって感じすかねぇ。
いかにもな感じの街道沿いのラーメンって感じで、特に可もなく不可もなくですが、とりあえずお茶どころらしく水がお茶でやたら美味しく感じたのが印象に残っておりますです。

68点
posted by teckl at 02:57 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月25日

掛川 大門

100109-215532.jpg
『掛川 ラーメン 大門』
野菜入りつけ麺 ¥800

福助の後、無事3連トンネルの検証を。途中、何枚か怪しい陰が写真に写り込んだり、謎の物音がしたりしましたが、なんとか生きて帰って来れました。

で、ちょっと安心したのでこの超地元っぽいお店へ。昔ながらの店構えでつけ麺は珍しいなぁ。
店内には名刺がこれでもかと貼ってあります。換気扇を使っていないのか、すさまじい湯気。
どうみても街のラーメン屋さんなのにジャズが流れていてシュールな店内。
そこをおやっさんが淡々と調理をしてくれました。

ん。昔ながらのビジュアルのつけ麺。
冷えた麺に甘くてピリっと来る中華スープ。
モヤシ・キャベツ・ワカメ・人参・タマネギなどの野菜達を絡めていただきやす。
硬めの中太の麺をツルツルと・・・。
ん・・・これは・・・つけ麺というよりは・・・なんか原点に帰ったような気にさせてくれました。

65点
posted by teckl at 12:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月24日

掛川 福助

100109-190102.jpg
『掛川 福助ラーメン』
豚骨ラーメン かため ¥780

稲川淳二の解明・恐怖の現場でおなじみの、静岡県の某怨霊トンネルの検証前にちと腹ごしらえをと、掛川でも評判っぽいこちらにやってきました。
焼肉台が置いてあり、ラーメンと一緒にホルモン、カルビなどが楽しめるお店。
醤油・塩・味噌・つけ麺までもありますが、ここは数量限定メニューの豚骨を。限定なのに夜でもまだ置いてある事については気にしない事にしようと思います。

お、あっさりライトな豚骨に、豚のコクと野菜のダシが効いてます。ニンニクチップなどでバランス良くまとめられてる感じですねぇ。
昔懐かしい甘めのスープですが、んー味噌の方が美味そうに見えてしまいますな・・。
と、厚切りのチャーシューが炙ってありまして、コイツが実に良い具合。と思ったら上州麦豚とやらを使用しているとのことみたいですねー。コイツは正直旨し。
替え玉なんかもありですが、まぁ夜はお酒も飲まなきゃなのでこのへんで・・。

ここ、後で調べてみたらピリ辛ごま味噌つけ麺が人気ナンバーワンだったみたいなのでちょっともったいなかったかもです。
さて、小腹も入ったところで、ヘッドライトなどの装備を万全にして、トンネルの検証へと向かったのでした・・。

70点
posted by teckl at 22:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月23日

伊良湖岬 伊良湖亭

DVC00518.jpg
『伊良湖岬 伊良湖亭』
中華そば ¥550

翌日は浜松から浜名湖などを通りつつ伊良湖岬までやってきました。
途中の国道1号は学生の頃にママチャリレースで通った場所で、当時を思い出して泣きそうになってみたり。

で、渥美半島は初めてなもんで、普通に岬の観光などをしつつ、
それっぽいラーメンが無いかなぁ、と探すも普通のラーメンばかりですな。
まぁアサリが名物なもんで、普通の中華そばに一個入れてみました。

んー、本体は実にふつーの中華そば。
値段も値段なので、全然OKなのですが。

まぁ行った記念に食べたかっただけなのかも、と言ってしまっては元も子もないですが、とりあえずアサリはうまいっす。

それと、灯台に向かう坂の途中の大アサリ屋のおばあちゃんが凄まじくいい人で、いろいろ話しかけていただきすごい癒されました。あぁまた数年後に行きたいなぁ・・・。

63点
posted by teckl at 14:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月22日

浜松 浪花

100109-004855.jpg
『浜松 中華そば 浪花』
浪花中華そば ¥700

三太の方ですでに、小腹がたまってしまいましたが、
まぁここまで来て1杯だけってのももったいないのでネットで探してもう一軒。
まさに横丁の中にひっそり佇む一軒といった感じで、地元のリーマン達がうまそうにスープをすすってますねぇ。

古くからある老舗のようで、ビールを頼もうとしましたが置いていないとのこと。レンゲも無し。ストイックですなぁ。

昔ながらの中華そばですが、鶏ガラあっさりっていうのとは異なり、
豚骨っぽいダシにラードが浮いていて結構重さがあります。

細縮れ麺なのでスルスルっと入っちゃいましたが、スープはヘビーだったので途中で断念。

んー、東京でも数少なくなったこういう味のあるお店はいつまでも流行ってて欲しいですねー。

70点
posted by teckl at 11:35 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月21日

浜松 三太

100109-001207.jpg
『浜松 とんこつラーメン 三太 モール街店』
醤油ネギラーメン かため 濃いめ ¥750

仕事を早めに切り上げ、いきなりの浜松編へ。
最終のひかり433号で僅か70分ですか。発泡酒をやりながらつまんでいるうちに速攻着いてしまいました。んー贅沢。

で、浜松駅前の一泊3900円にチェックインしてからラーメン屋に繰り出しました。

浜松でも老舗の家系っぽいという噂だったのですが、
甘さと背脂がちょろっと入って家系というよりは懐かしの豚骨醤油的でしょうか。
なるほどーって感じの一杯です。

食べ方について、三太のオヤジの独り言がズラズラと書いてありました。それに従い、半分ほど食べてからニンニクを投入してみたり。
んー、普通にいけます。

後ろの方を見ると、三太の娘から
「あまり気にしないで食べてね・・・三太の娘より」
とのw

「家系」っていう感じで構えていかなければ、それっぽい雰囲気が味わえて普通に楽しめるナイスなお店でした。

73点
posted by teckl at 11:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月20日

祐天寺 花月 嵐

100108-003732.jpg
『祐天寺 らあめん 花月 嵐 祐天寺店』
ギンギラ星 豚もやし ¥830

昨年後半から着実に肥えてしまった体をなんとかするため、
2010年ということで本格的にレコーディングダイエットを再開。
可能であればなるべくラーメンを控えようかと・・。
が、その決断も3日目にしてやっぱり禁断症状が出てきちまいました。

らあめん花月の期間限定のきら星とコラボシリーズ。
普段は家系以外はなかなか食べ歩く気にならない性分なので、
武蔵境のきら星は行ったこともないんですが、こういう企画嫌いじゃないっす。

豚もやしでならしていると到着しました。
おぉ、濃いぃ豚骨とカツオ餡のダブルスープ。
かなりねっとりと絡みつくこってりした重いスープにタマネギがアクセントになってます。
キャベツに載っかってるのは、なんとソースでした。が、これがうまいす。

まぁパックの味なんだろなーとか思ってたので、これは期待以上の手応えす。
もうちょっとカエシ的な味の濃さがほしくなりますが、これが730円なら全然アリですな。
こりゃきら星本店はさぞうまいことじゃろうて・・・

ってことでまぁカロリーの件は地道にレコーディングしようと思います・・・。

77点
posted by teckl at 12:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月19日

錦糸町 ハッスルラーメン

100104-223213.jpg
『錦糸町 ハッスルラーメン ホンマ 錦糸町店』
ハッスルラーメン かため こってり ¥580

錦糸町で毎年恒例の同級生新年会で珍しくとらふぐなどを堪能しまして、
だいぶ満足していたのですが、やっぱり胃袋的にこのままで解散っていうのは無いでしょう、と近場でラーメン屋探し。

夜の錦糸町って案外定番なお店が無かったりするのですが、
とりあえず目に付いたハッスルラーメンホンマへと。昔亀戸店にはちょっとお世話になりました。

さて、まぁビールでちびちびやろうやってことで、つまみ代わりになりそうな「くずチャーシュー」が100円っていうのを発見。
おつまみチャーシューで100円ってどんなんだろ、と純粋な興味でつまんでみると、、
おぉこいつはすばらしい脂身!
半分くらい脂肪になってそうな豪快なブツがごろごろと入っております。
以前の自分ならガツガツ行ってるところですが、さすがにみんないい年なもんで、完食は・・・。

そんなこんなしてるうちにハッスルラーメンがやってきました。
昔と変わらぬ背脂チャッチャ系、くずチャーシューの後だとなかなか手強い・・・。
なりたけにも勝りそうなこってりっぷりには麺を食べきるので精一杯でした・・。
でも体調万全だったらウマイんだろうなぁ・・・。

72点
posted by teckl at 11:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月18日

船橋 六角家

100104-181426.jpg
『船橋 横浜 六角家 船橋店』
ラーメン 固め あじこめ ¥650

上京の途中で船橋駅駅ビルシャポー内にある船橋ラーメン横町へ。
ここの六角家、以前から知ってはいましたが、
味が薄いとかの噂だったので検証にやってきました。

で。
お、確かに豚骨スープのコク的な意味では若干薄目ではありますが、
サクッと食べる分には悪くない具合。
しっかり家系の必要要素は満たしております。ていうか普通に美味いす。
六角家にしては醤油ダレが濃いけど、まぁこれはこれでいいかな、と。

ラーメン横町の中でも青葉などをさしおいて一番客入りが良かったみたいですが、
とりあえずこれだけ手軽に食べられて近所にあったら通っちゃいそうですねぇ。

78点
posted by teckl at 23:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月17日

小見川 さかえ食堂

100101-181424.jpg
『小見川 さかえ食堂』
ねぎみそラーメン ¥630

ん、まだ正月のものが残ってましたということで。

元旦から地元で初ラーメンを。
恒例のくるまやが珍しく閉まっていたので、このずっと昔からあるすごい老舗の食堂へ。
まぁ食堂とは言っても地元民はみんな中華屋さんとして使っているようですが。
親父さんとおかみさんが素朴で良い人で、年季を感じますなぁ・・。

そんなわけでねぎみそラーメン。
見たまんまに味が濃いめです。
素朴な味噌ですがニンニクの程良く効いて、予想通り濃厚で旨いっす。
ネギの辛さとほどよいバランス。昔ながらの健全にジャンクな味ですな。

中細麺は若干伸び気味ですが、麺固めにできれば下手な専門店より全然うまいかなと。
下手すりゃすぐ横の24丸昇のインスタントラーメンにせざるを得なかったところなので、実に助かりました。
というわけでこりゃ地元も一通り回りたいなー、とか思った2010年の年明けでした。

76点
posted by teckl at 14:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月16日

柏 めん吉

091229-232236.jpg
『柏 背脂豚醤 屋台らーめん めん吉』
らーめん 並 ¥600

猪太の後、もういい加減にお腹いっぱいっちゅうことで、
後はせっかく来たのでホッピーでも飲もうやと我らの味方、さくら水産にやってきました。
腹は相当満タンながらアルコールがまわり、良い感じに満腹感が麻痺してきたので
じゃあもう一軒シメはこの背脂豚醤で行きますか、ちゅうことに。

とは言うものの胃袋の方は悲鳴をあげていたので、
大盛りまで無料というサービスをやってくれている中、敢えて並盛りを・・・。

ジャンク感のある豚骨醤油スープにマー油(?)とたっぷりの背脂が良い具合に混ざり合ってこってり野郎にはたまらない・・・んでしょうが、
正直味わえるような体力は残っておりませんでした。。
なんとか麺・具までは詰め込みはしたのですがスープを飲んでしまうと無事に帰れないことにということで・・・ぬーもったいない・・。

77点
posted by teckl at 04:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

2010年01月15日

柏 猪太

091229-201333.jpg
『柏 ラーメン 猪太』
ラーメン ¥750

続いて柏駅の東口に回りまして、友人の薦めで来たのはこの猪太。「いぶと」と読むらしいですな。
連食なので大盛りサービスを我慢して軽めに並を・・・。
と思ったんですが、スープはなかなか強烈な豚骨で、とろみのあるこってりっぷり。
新型博多豚骨とのことですが、豚の旨味が出て旨い・・・。
ただこってりなだけじゃなく、地元産の野菜をたっぷり盛り込んだ深みのある豚骨醤油的味わいです。
大根おろしを合わせてさっぱりもアリで、ふつーに美味しいなぁという印象す。
肩ロースチャーシューも完成度が高く、すばらしゅうございましたー。が、2杯目ってことにより若干・・。
これ、腹減りで来たらウマイだろうなぁ・・。

77点
タグ: 千葉県 豚骨
posted by teckl at 12:06 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 未編集

柏 王道家

091229-192938.jpg
『柏 家系総本山吉村家直系 王道家』
ラーメン 半熟玉子 のり かため こいめ ¥820

流山に住んでいる友人に会いに来た、という用件にかこつけて、
ついに千葉ナンバーワンの家系とも言われる王道家にやってきました。
ちょうど行列が途絶えたところだったので運良く待ち無しで着席。

前回の反省から野菜は控え、シンプルに半熟玉子とノリのみです。

うーん濃い。
そして文句なしに美味い濃厚豚骨鶏ガラスープにスモークチャーシューに酒井製麺。
直系ならではの安定したキレのある醤油ダレの味が流れ込んできました。

だいぶ直系にも慣れてきてしまったので、インパクト的には環2家とかを食べたときの印象にはかないませんが、
しかし自分は本当にこの味が好きなんだなぁ、と再確認。
せっかく柏まで来たのでこの後もまだラーメンを喰わねばならないんですが、
しかしここでスープを残せるわけもなくラーメン酢と刻みショウガを投入して胃袋に流し込ませていただいたのでした。

85点
タグ:家系 千葉県
posted by teckl at 02:43 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | edit | 未編集