2012年08月01日

武蔵境 きら星

2012-08-05 18.25.23.jpg
中央線武蔵境駅南口徒歩4分
『武蔵境 ラーメン きら星』
きら星特製ラーメン 大盛り ¥880

神津島から飛行機で調布飛行場へ。
そこから近い駅は武蔵境、となるとやはりきら星が浮かびました。
普段家系を除いて食べ歩きはしない方なのですが、やはりここまでの有名店は食べて見たいなぁと。

夕方の部が始まったばかり、ですがもう行列になりはじめております。
特製ラーメンとつけ麺は大盛りサービスってことで特製を。

さて、特製ですが、こりゃ、、噂通りに超ドロドロですなw
骨の髄が溶けるほど極限まで煮詰められた激しい豚骨スープに、
カツオの出汁が凝縮しまくったカツオ餡。

本当にこってり、なんですがかといってしょっぱ過ぎず。
個人的にはもう少ししょっぱくても良いですが、ともあれこりゃこってり野郎としては文句なしの濃厚さとケモノっぷり。
麺は極太のゴツゴツしたハードなヤツで、そこにモヤシ、タマネギ、キャベツ、ごっついチャーシュー、味玉などがところせましと投入されております。

中でも気に入ったのは家系でおなじみの昆布・ニンニクが入ったラーメン酢。
こいつを垂らすだけ一気に印象が変わってさらに旨味が増しやがります。
さらにプラス20円の生しぼりにんにくを入れてみるなどして強化を図ります。

ボリュームも含めてヘヴィだけどこりゃー大好きな濃厚スープですな。

最後はラーメン酢をかけまくりでスープを残らず胃袋に投入して大満足したのでありました。

90点

東京都武蔵野市境南町3-11-13
posted by teckl at 23:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2012年05月07日

目黒 ラーメン二郎

DSC_2582.jpg
JR山手線目黒駅徒歩10分 山手通り沿い
『目黒 ラーメン二郎 目黒店』
小ラーメン豚入り ヤサイニンニクカラメ

閉店間際。
もう間に合わないだろうなぁ、と高をくくりながらも、ちょっとダッシュしたらまだラストに間に合ってしまったので小豚をいただくことに。

さてさて。
ファイナルロットだからか、キャベツもいつもより多いような。
やっぱメグジ様、うめえっす…。

土曜日なので、誰にも気兼ねなくニンニクをたっぷりと堪能します。
誰一人喋らずに黙々と二郎に向かい合ってます。
最後のターンと言うこともあり、いつもおりも少しゆっくり食べられてちょっとお得ですかねぇ。

最近小食になってましたが、無心になってもさぼりつきます。
んー、肉、ヤサイ、麺、どれを取っても最高としか。

とりあえず今は健康診断の事は考えないでおきます…。

88点

東京都目黒区目黒3-7-2
posted by teckl at 11:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2012年02月18日

駒沢大学 せたが屋

2012-02-19 02.25.20.jpg
田園都市線駒沢大学駅徒歩12分 環七通り
『駒沢大学 せたが屋』
せたが屋らーめん ¥1000

久々に仕事後に深夜のせたが屋へ。
魚郎が品切れのため、せたが屋全部入りを。

うむ、さすがは本店、安定感のある魚介醤油っぷりがやっぱりうまいです。

四万十川青さのりがさっぱりしてたまらんですねぇ。

と、特に味玉やばし。
ラストは玉ねぎを投入、深夜2時過ぎにこんなラーメンを喰えるってのはやっぱり嬉しいもんです、えぇ。

77点

東京都世田谷区野沢2-1-2
posted by teckl at 01:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2012年01月23日

六本木 かれー麺 実之和

2011-12-16 01.19.13.jpg
東京メトロ日比谷線六本木駅5番出口徒歩3分
『六本木 かれー麺 実之和 六本木店』
タテギカレーつけ麺 ¥950

お付き合いでもって、久々に六本木で飲み。
シメはやはりラーメンです。
行きたかった参○五がちょうどスープ切れ…って事で無難にこの実之和へと。

やはりカレーつけ麺ってことでこの珍しい名前のタテギカレーなるものを。

このタテギカレー、韓国唐辛子をベースにした辛い合わせ調味料を使ったものみたいですねぇ。
みじん切りニンニクと唐辛子粉とゴマ、胡椒などでひたすら辛いのでお酒が進みます。
ノーマルカレーより相当辛いので一気に酒が進みます。

いわゆる旨辛ってやつなんですが、辛さに耐性のない自分にはちと辛すぎたようで・・・。
うまいんだけどちょっと涙目になりつつ完食。
んー、やっぱ自分にはノーマルのカレーつけ麺が最高っす…。

82点

東京都港区六本木3-13-8
posted by teckl at 04:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年11月20日

吉祥寺 洞くつ家

DSC_1839.jpg
京王井の頭線・中央線吉祥寺駅南口徒歩3分
『吉祥寺 ラーメン 洞くつ家 吉祥寺』
ラーメン 味濃め かたい ¥650

ド平日ではありますが、千葉から遊びに来た友人とさんざん飲んだ後のシメで洞くつ家へ。
こういう酔っ払い向け用なのか、珍しくミニラーメンもあるんですねぇ。
が、それではせっかくの家系がもったいないのでノーマルのラーメンを。

んー、うめぇ・・。
豚骨と醤油とのバランスが本当にお見事です。
なんだか古き良き時代の六角家を感じるような気もしますねぇ。
飲んだ後で胃袋は結構悲鳴を上げているはずなんですが、それでも自然に箸が進んでいるという美味い時の勝ちパターン。

生姜とニンニク、酢をぶちこみ、大満足の中帰途についたのでした。

82点

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-4
posted by teckl at 01:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 東京23区(西部)

2011年11月12日

武蔵小山 三ツ矢堂製麺

DSC_2315.jpg
東急目黒線武蔵小山駅東口徒歩1分
『武蔵小山 三ツ矢堂製麺 武蔵小山店』
月見納豆つけ麺 中盛り 冷やもり ¥930

天一が混んでたので結局こちらへと。
カレーつけ麺が売り切れだったので、なんとなく月見納豆つけ麺を・・。

まずは混ぜずに素の状態で。
酸味の効いた豚骨つけダレ、そのままでもさすがに美味いです。
そこに納豆と玉子をぐるぐる混ぜ合わせてつけ汁ぶち込みます。
んー、人を選ぶかとは思いますが、この組み合わせが美味くない訳がないですねぇ、えぇ。
その性格ゆえに納豆がかなり味のメインを占めちゃってますが、こいつが確かにうまい。

玉子のマイルド感とほどよい粘り気で臭みも柚子によって若干中和され、さっぱりしまくって納豆野郎にはたまらないスープに変身。
中盛りの450グラムとは思えないほどに速攻で無くなっちまいました。

最後はスープ割りをせずに納豆だけをズルズルっといただきます。
むー、うまい・・・。
どこにでもありそうだけどなかなか無い納豆トッピングですが、これは他の店でもあったらまた要検証ですねぇ。

85点

東京都品川区小山3-25-14
posted by teckl at 14:52 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年10月28日

武蔵小山 つけ麺慶次

DSC_1968.jpg
武蔵小山駅徒歩3分
『武蔵小山 つけ麺慶次』
チゲつけ麺 小 一辛 ¥680

友人と一緒に二郎インスパイア系の「RA-MEN ICHI」に行こうとするも、営業時間が終わってしまったため、この世にも珍しいチゲつけ麺専門店へ。
なかなかラーメン屋があるようには思えないディープな飲み屋街の奥にひっそりと営業しておりました。
店内には数々の酒瓶やら缶詰めが置いてあり、どうみても小料理屋の風情。
常連と思われる酔っぱらいのお客さんが数人でまったりした良い雰囲気です。

チキンなのでとりあえずチゲつけ麺の一辛から・・。
む、ほどよい辛さで結構硬めの極太麺の上にはちょっぴり牛肉、鉄鍋に入ったチゲ鍋そのまんまのつけスープがマッチしております。
一辛なので辛さはさほどでもなく、ピリっと来た後に旨味がじわじわ来る感じ。
もはやつけ麺のカテゴリーにくくれないジャンルとなっていますが、チゲ鍋好きなものでそりゃうまいわなぁ、と。

で、スープを残して小鍋のまま渡してプラス230円で雑炊用ライス、生玉子を追加。
さらに熱く、辛さもパワーアップしてやってきましたw
んー、こちらも旨い。こういうの、寒い日なんかは最高ですねぇ。

マスターは気さくな方で、エヴァや花の慶次が大好きとのことですが、
「チゲつけ麺」というのは日本でここしかないからね〜、ずっと研究してるんだよ、とおっしゃってました。
・・・せっかくですが、つけ麺よりこの雑炊のがうまいかもです、すみませんw

80点

東京都品川区小山3-21-23
posted by teckl at 13:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年10月17日

大岡山 虎家

DSC_2360.jpg
東急目黒線大岡山駅北口徒歩2分
『大岡山 横浜家系ラーメン 虎家』
ラーメン 並 キャベツ のり かため こいめ 小ライス ¥750

YAPC二日目。
前日は学食ラーメンでしたが、今日は本気で家系を食べに。
キャベツとのりトッピングで見た目からかなりそそります・・。

前回は相当こってりとして油がきつめだったような気がしますが、
今回はこってり度は並なものの、かなり濃いめのスープ、というかショッパめです。
しかしこれがうまい・・・。
かなりかためのキャベツ、自分の最も好きなゆで加減です。

酒井の麺、ノリ、小ライス、刻み生姜、どれを取っても自分の大好きな日吉武蔵家に近い調整で、最高です。
接客も丁寧、濃さを普通で頼んでいたら非直系の中でも相当にハイレベルな家系であることは間違いなさそうです。
普段あまりついでがある場所ではないのですが、少々離れていてもちょくちょく食べに来たいもんですねぇ、えぇ。

85点

東京都大田区北千束1-44-5
posted by teckl at 00:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年10月16日

大岡山 東京工業大学

DSC_2347.jpg
東急目黒線大岡山駅徒歩2分
『大岡山 東京工業大学 第一食堂』
ダブルスープ醤油ラーメン 大盛り ¥472

東工大のYAPC::ASIA Tokyo 2011というイベントに行きまして、せっかくなので学食のラーメンを見てみることに。
学食なのでまぁ期待はしていませんが、それでも普通の醤油ラーメンなどの上にダブルスープがあったのでとりあえず頼んでみました。

見た目は非常にあっさりしてますが、
食べてみると鰹ダシがめちゃくちゃ効いてはいるものの、実にシンプルなラーメンとなっております。
ダブルスープ、というと青葉的なものを想像しちゃったりしがちですが、
こちらは見事に期待通りの学食的ラーメン。
チャーシューは筋張ってカチカチ、なんとも郷愁を誘います。

しかしさすが学食、大盛りにしてしまったもんで、麺のボリュームについてはすさまじいです。
とりあえずワンコインもせずにお腹一杯にはさせていただき感謝であります・・。

65点

東京都目黒区大岡山2-12-1
posted by teckl at 00:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年09月05日

方南町 桂家

DSC_0992.jpg
東京メトロ丸ノ内線方南町駅徒歩1分 環七通り沿い
『方南町 家系ラーメン 桂家』
中盛り ラーメン 味付玉子 キャベツ かため こいめ ¥1000

久々の都内屈指の濃厚家系ラーメンへ。
19時開店で深夜3字までやってるのでゆっくりいけますねぇ。
さて、店内は行列こそないものの、ちょうど満席でかなりゆっくりめな回転ペース。
見てると相変わらず丁寧な仕事すぎ・・・超丁寧に寸胴の豚骨の量をチェックして調整してます。
トッピングのキャベツなんかも自分のためだけにしっかり鍋で茹でていたり、
お客の方もそれを分かって文句も言わず静かに待っている・・・んー、なんか理想のラーメン屋って感じですねぇ・・。
本当に一杯一杯を大切にしているのが伝わってきます。

さて、出てきた中盛りラーメンですが、
今回も完璧すぎる濃厚っぷり・・。
スープの一口で待つ時間や何やらをすべてを許せる気になっちゃいます。
ほとんど骨髄スープと言えるほどのねっとりと口に絡みつく濃度の高さ。
うーむ、旨すぎる・・。
濃厚こってり好きな家系野郎にとって究極の完成系でもあるような一杯であります。
当然酒井製麺で、平べったい太めのヤツに完璧に合っています。

が、スープがちょっと濃厚過ぎるというのもありまして、
中盛りでも相当お腹にたまってきやがりましてかなりのボリュームに感じられます。

下手なつけ麺屋の大盛りよりもずっと多いように感じられまして、後半ちょっと息切れがしてきちゃうので頃合いを見て酢と生姜を投入です。
酢と生姜で若干スープを飲みやすくなっちゃうので気付くと完食。んー、超苦しいっす・・。
いやー、吉村家直系とは全然別方向ですが、本当に都内では最強の家系ですな。

うまいんですが、次回は身体のことも考えてかため少なめで攻めようかと思います・・。

95点

東京都杉並区堀の内1-3-13
posted by teckl at 15:47 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年08月03日

緑が丘 らーめん日記

4e0c70db64525d1b35000043.jpg
東急大井町線緑が丘駅徒歩2分
『緑が丘 らーめん日記』
焼チャーシューメン ¥850

東工大のお膝元、この緑が丘に「らーめん日記」なるお店があることを知り、ついに潜入に成功しました。
以前から検証せねばと密かに思っていたのですが、ようやく実現です。
店主は中目黒の「夕やけラーメン」でやられていた方だとかだそうですねぇ。

中はいたって普通の街の中華屋さんといった風情ですが、
チャーシューは「焼きチャーシューメン」、「煮チャーシューメン」を選択できるということで早速検証。

焼きチャーシューが別皿で5枚。
中太縮れ麺はもちもちして良い感じですねぇ。
焼きチャーシューと言っても炙ってあるわけじゃなくちょっと焦げ目感。

スープは若干塩っぽいあっさり醤油。なんだかしみじみ落ち着くような感覚ですねぇ。
チャーシューは甘く味が染み込んでしみじみうまいです。
味噌ラーメンじゃないのにニンニクの小瓶が付いてくるのがちょっと珍しいかも。

んー、雰囲気からもっと大衆中華系を想像していたのですが、なかなかうまし。さすがはらーめん日記w。
なんか個人的に感動ですが、常連さんが多くご主人は談笑中。
なかなか話すタイミングが見つけられずにいたのですが、勇気を出して「らーめん日記って名前、珍しいですね〜」と訪ねてみました。
どうやら「らーめん日記」の屋号として商標を取られているとのことで、しばしお話しさせていただきました。

うむー、らーめん日記野郎としては、これはまた行かねばならんですな。

78点


東京都目黒区緑が丘3-5-13

posted by teckl at 13:55 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年06月13日

大岡山 虎家

DSC_0449.jpg
東急目黒線大岡山駅北口徒歩2分
『大岡山 横浜家系ラーメン 虎家』
ラーメン 中盛り のり かため こいめ キャベチャシングル ライス小 ¥850

大岡山に家系が出来たと聞きつけ、早めに切り上げてやってきました。
駅から近いですがちょっと路地の奥なので少し行きにくいかも。
外の看板に「タダメシ食わせたる」(ライス無料)ってのが笑えます。

さすがは大岡山、客層はほとんど学生中心ですな。
メニューにはキャベチャのシングル、ダブル、トリプルの文字が。お、これは・・。
ということでラーメンとキャベチャでシンプルに検証開始。

お、予想していたよりもかなり濃厚でオーソドックスな家系スープ。
脂も凄いけど、こってりしていてこれは旨いっす。
豚骨の臭みもかなりあって豚骨の骨髄が溶けているようなところもあり。こってりと豚骨の臭みが苦手じゃなければこれは良いですねぇ。

海苔はスープに浸けててもブレない上質なモノ。
この臭さはクセはあるけどたまらんすな。
麺は酒井製麺の平打ちの太麺。うむー、すばらしい。

直系の系列でも無いですが、ちゃんと生姜も置いてあって嬉しい限りです。
店主に聞いてみると吉祥寺の武蔵家などで修行されていたそうで、なるほどキャベチャトリプルっていうのはそういうワケなんですねぇ。
とりあえず弱点は見つからなかったのですが、次は油少なめがよさそう。
家から歩いて行けない距離でも無いので、あとは営業時間を延ばして欲しいですねー。

86点

東京都大田区北千束一丁目44-5
posted by teckl at 02:58 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年06月03日

表参道 火風鼎

DSC_0352.jpg
東京メトロ半蔵門線表参道駅徒歩2分 青山通り沿い
『表参道 本格手打ちらーめん 火風鼎』
ちゃーしゅーめん ¥950

白河の名店、火風鼎の都内2店舗目がオープンしたらしいということで、ちょい歩いてやってきました。
昼の部は親父さんの伝統的白河ラーメン。夜は息子さんの現代風白河ラーメンとのことですが、まずは親父さんのランチタイムから。

せっかくなのでちゃーしゅーめんにしてみましたが、こいつが美味かった…。
まさにいかにもな透き通った鶏ガラスープの淡麗系、何気ないビジュアルなのに醤油のコク、キレがあります。

そして白河ラーメンということで、スープ以上に存在感のあるコシのあるもっちり手打ち縮れ麺。
さらにはスモークチャーシューまでも。スープがこういうタイプなので、家系直系のチャーシューよりも自然な風味でじわじわ来るうまさですな・・。
んー、しみじみうめぇっす。
麺はちょっと少な目ですが、チャーシューのごっつい塊もあって満足感もなかなか。
黒胡椒を適度に混ぜつつスープまで残さずいただきやした。
来る前はきっと自分には物足りないんだろうなーって思ってたのですが、たまにはこういうほっと一息付ける味も良いですねぇ。
ぜひまた夜にも来たいと思います、えぇ。

84点

東京都港区南青山3-13-20
posted by teckl at 02:34 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年05月26日

吉祥寺 武蔵家

2011-0417-205810370.JPG
京王井の頭線吉祥寺駅中央口徒歩5分
『吉祥寺 武蔵家』
ラーメン 濃いめ かため キャベチャートリプル ¥900

渋谷のラーメンにも飽きてしまったので、酒を飲むついででもって、井の頭線に乗って吉祥寺までやってきました。
「武蔵家」というと、自分が好きな日吉の武蔵家は新中野の武蔵家の系列ですが、
この吉祥寺の武蔵家は新中野の武蔵家さんとはまったく別系統の、本家六角家で修行されたそうですねぇ。
その昔六角家から家系に目覚めた自分としては、どちらも大好きなので全然問題無かったりします。

メニューの中に「キャベチャートリプル」などという危険な香りのするメニューが。
キャベチャ好きとしては黙っていられず、缶ビールのつまみにトリプルにのキャベチャをいただきながらノーマルラーメンを待ちました。

・・お、予想よりオーソドックスな家系スープ。
豚骨の中に鶏油の甘さが強く引き立った、なかなか正統派家系スープっぽい感じで、青物横丁のまこと家にも通じるような気も。
んむ、ふつーにハイレベルではっきり言って旨いっす。
家系の文句は俺に言え
と言うだけの事はありますな(笑)

太麺は平ぺったくて酒井製麺だと思ったらちょいと違う様子、しかしながらなかなか食感がよい塩梅。

そしてキャベチャー、少しずつスープに投入して行ったんですが、トリプルのボリュームはやはり強烈・・。
結局スープが無くなるまでキャベツを堪能することができました。

新中野武蔵家ファンとしては少し懐疑的な印象でやってきたのですが、
なんだ、こっちの武蔵家も悪くないなぁ、と。
麺の量は少なめですが、これで600円は素晴らしい。
すぐ近くには洞くつ家もあるし、吉祥寺もラーメン的に結構住みやすそうだなぁと再認識したのでした。

83点

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-11-1
posted by teckl at 03:53 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年04月19日

武蔵小山 ボニートボニート

DSC_0198.JPG
東急目黒線武蔵小山駅徒歩2分
『武蔵小山 ボニート・ボニート』
正油あらびき全部のせ ¥1050

言わずと知れた土佐鰹節の有名店。近所にありながらなかなか分かりにくい場所にあってようやく来られました。
かつおをフランス語やスペイン語でボニートっていう見たいですねぇ。

店内は鰹節の香りが漂いまくり、期待させられまくりですが、
初めてなのであらびきラーメン全部のせで行ってみました。

さてさて。
・・・うお、超魚介醤油スープでうまいっす・・。
煮干し、鰹節効きまくりで、油も結構ありますが魚介なのでしつこくないまま不思議に箸が進みます。
底の方に厚切りの鰹節の塊が沈んでますが、これもしっかり食えまして、
ほぐしチャーシューや海苔を鰹スープに浸すと実になんとも言えない最強和風の雰囲気。
太麺ももっちりして良くスープに絡んでくれまして、全く無駄のないハイレベルな一杯です。
値段は少々高いですが、また行くしか無いですねぇ、ええ。

84点

東京都品川区小山4-1-8
posted by teckl at 02:11 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年04月14日

表参道 北斗

DVC00849.jpg
東京メトロ表参道駅A3出口徒歩1分
『表参道 中国家常菜 麺菜家 北斗 青山店』
味噌麺 ¥700

髪を切りに行ったついでにこの表参道をふらふら。
土地柄か、この辺りは本当にラーメン屋が少ないですねぇ。

そんな中、青山通り沿いにようやく麺を食べられるお店を発見。
ラーメン屋というよりは中華料理屋さんですが、カウンター席が妙に奥深くて実に落ち着いた雰囲気です。

「青山麺」なるものが気になり尋ねてみるも、「普通の醤油ラーメンです」、とのことだったのでこちらの味噌麺を。

当然と言えば当然ですが、オーソドックスな味噌スープ。
モヤシ、キャベツ、コーン、メンマにいかにもなプロ仕様のチャーシュー。

ということでラーメン的には取り立てて変わったところはありませんが、まぁ普通においしいですねぇ。
他にも年齢層が高めのお客さんが味噌を頼んでいたので、
変にこだわるよりもこのラーメン屋が少ないエリアではこれがニーズに合ってるのかもですねー。

まぁたまにはこういうのもアリかなぁとか思いましたです。

67点

東京都港区北青山3-5-17
posted by teckl at 03:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年03月23日

駒澤大学 ふくもり

DSC_0272.JPG
田園都市線駒沢大学駅徒歩15分 環七沿い
『駒澤大学 中華そば ふくもり』
つけぶと 浸け玉子 ¥890

計画停電で電車が混乱しているため、久々に自転車通勤。
ちょっと元気が無かったのですが、せっかく自転車なので積極的に外食せねばということで246を廻って環七へ。
途中で警官に呼び止められたりしながらも、このふくもりの営業時間に間に合いました。
いつもは深夜営業の本家せたが屋に流れてしまっていたので、同じグループですがこのふくもりは何気に初めてだったりします。

テーブル席メインのこじんまりとした店内。もうちょっとカウンター欲しいかなぁ。

さてさて、中華そばがメインのふくもりですが、入り口の写真に魅せられてしょっぱなからつけぶとを。
・・おぉ、イメージとは異なりかなり濃厚めな煮干しスープ。
生臭くなるちょっと手前の、一口目から煮干しの風味がぐわっと広がり、麺も極太のゴツゴツ麺で結構ヘビーです。
これ以上強烈だと臭みが出てしまって苦手だったりしますが、
このくらいだとぶっちゃけかなり好きなサカナ系つけ麺です。こいつはうまいです。
並み盛りだけど極太なので量もなかなか。
んー、うまいなぁとか思ってるうちに、スープ割りも忘れて飲み干してしまいました。
昔はせたが屋系列にはちょっと苦手意識があったりしたのですが、こうなると普通の中華そばも行ってみたいっすねぇ・・。

84点

東京都世田谷区野沢4-9-18
posted by teckl at 03:51 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年03月03日

池尻大橋 誠屋

DSC_0221.JPG
東急田園都市線池尻大橋駅徒歩5分 R246沿い
『池尻大橋 豚骨醤油らーめん 誠屋 池尻店』
太麺 のり キャベチャン かため ¥800

今日はちょっと歩きたかったので神泉へ向かうも、どちらも閉まってしまっていたので246方面へ方向転換。
三軒茶屋に着く前にこちらへ吸い込まれてしまいました。
先日百麺を食べたばっかですが、またしても太麺です。

さてこのメインのスープですが、表面に油が張り、口に入れると豚骨の臭みが後から追いかけてくる感じの家系ライクな豚骨醤油でさすがにうまいすねぇ。
今日は濃いめじゃないので本来のこってりさが本領を発揮しています。
と、今回はこちらオリジナルのキャベチャン(キャベチャー)をプラス。
ざく切りキャベツにラーメンダレがかかって、旨し。本来おつまみ的扱いですが、これ、100円にしてはお得すぎる感じで替え玉の代わりにもう一個頼みたかったかもw
このキャベチャンにより替え玉はなんとか我慢できましたが、気付くとスープは跡形も無くなってしまっており、なかなか満足で帰ったのでした。

78点

東京都世田谷区池尻2-34-12
posted by teckl at 02:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年03月02日

西麻布 麻布ラーメン

DSC_0085.JPG
六本木駅徒歩12分 西麻布交差点そば
『西麻布 屋台の味 麻布ラーメン 西麻布店』
正油ラーメン キャベツトッピング 麺硬 濃いめ ¥900

飲んだ後に一人流れてこちらまで。
知らぬ間に麻布ラーメンがこちらまで侵食していたようで、この高級エリアの中で一気に親密感が。

この西麻布店、他の店舗と異なりネギ入れ放題などはなく店の作りも大分違ってまして、どこか他の店の居抜き店舗なのでしょうか?

さて、それはそうと正油ラーメンにキャベツをトッピングしてまいります。
ベースの醤油豚骨はあの味に近い、んですが若干あっさりで背脂なんかも弱め。
麺が細縮れ麺っぽく、どうもしっくり来ないなぁとか思ってたら容器には「桃季」と、、

んー、全体的にコクが弱めでちょっと期待した麻布ラーメンとは若干違いました。
が、キャベツはなかなか旨し。

というわけで、麻布ラーメン好きとして行くのではなく、普通にラーメンで締めて帰りたいときなんかには普通に良いかもですねぇ。

73点

東京都港区西麻布4-1-5
posted by teckl at 02:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)

2011年02月25日

武蔵小山 そとのいそべ

DSC_0175.JPG
東急目黒線武蔵小山駅徒歩15分 中原街道沿い 平塚橋交差点
『武蔵小山 つけ麺処 そとの いそべ』
つけいそべ 白 ¥800

武蔵小山のパルム商店街の一番奥の先にあるこの屋台、というかバス屋台に連なる仮説テントという感じでしょうか。
ここがうまいらしいという話を聞きつけやってきました。

屋台といっても隣の焼きカレーの店舗と同じ系列みたいで、カレー屋の店の中でラーメンを食べる事もできるそうな。
ホルモン鍋や豚白菜鍋などすごい惹かれますが、当方一人なので素直にラーメンとホッピーなどを。

この季節なので当然寒いですが敢えてこのテントの中で食べてみる事に。
どことなくアジア的屋台の雰囲気漂う中、ホッピーを生キャベツをつまみにしばし待ちます。

「ノーマルいそべ」は「にんにく入れますか?」との事でして。うぉぉ、めちゃくちゃ食べてみたいですが、しかし明日は仕事なので我慢です。。
メインのメニュー、つけいそべですが、出てきたのは例によって濃厚魚介豚骨つけ麺。
ドロドロのつけダレに太麺をぐちゃぐちゃにまぜていただきます。

なんとも麺がべちゃべちゃにくっついちゃってはいますが、んー、うめぇっす。
屋台でこの本格的なつけ麺とな。
大盛り頼んだ訳じゃないのに丼にたっぷりの麺。
三田製麺所より魚介風強めにした感じの、まぁうめぇってアレですな。
密かにドデカイ角煮チャーシューが潜んでます。

つけ麺としても完成度が高いのですが、屋台とあって実に雰囲気がいいのでこりゃ夏なんかは楽しいだろうなぁ、なんて想像してしまいますな。
武蔵小山でつけ麺と言えば三ツ矢堂製麺などがあったりしますが、ぶっちゃけ屋台のこちらの方自分好みかもなぁ、と思ってみたり。
いやー、また来ますです。

83点

東京都品川区荏原2-17-14
posted by teckl at 02:04 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | edit | 東京23区(西部)