2006年11月23日

町田 胡心房

061123_162345_ed.jpg
小田急小田原線町田駅徒歩7分 JR横浜線町田駅徒歩3分
『町田 らぁめん 胡心房』
味玉らぁめん のり増し ¥850

急遽横浜アリーナのハッスルマニア2006を観戦できることになりまして、小田急まわりだったのでこれは町田でラーメンしていくしかないな、と。
時間は微妙でしたが最近やたら人気のある「69 'n'-roll one」に向かいます。
何とか店に着いたものの、普通に麺切れらしく、乗り換えまでの時間は20分強しかなかったのでへこむ暇もなく町田駅前の虎心房へダッシュ。

が、ここでもちょうどターンの入れ代わりになってしまい、10数分待つ事に。
出てきた瞬間に一枚撮ってかっこみました。
豚骨のコクと魚介と野菜の旨味が凝縮したまろやかで奥深い乳化スープ。なんだこりゃ、形容しがたい味わった事のない不思議ーな味です。
が、それでも電車の時間は刻々と迫りきやがります。
全力で4分ちょいで麺のみ完食。
スープを最後まで味わったら電車に間に合わない、と判断し、まだ来ないのり増しについても泣く泣くあきらめてダッシュで駅に向かいました。もったいない・・。

はぁ、時間ないときは有名店に行こうなんて考えてはダメですかね。

70点

東京都町田市原町田4-1-1
posted by teckl at 16:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | edit | 小田急小田原線

2005年06月29日

祖師ヶ谷大蔵 広豚麺

image/ramen-diary-2005-07-04T03:56:01-1.jpg
小田急小田原線祖師谷大蔵駅北口徒歩7分
『祖師ヶ谷大蔵 広豚麺』
広豚麺 ほうれん草 ¥700

さて久々に祖師ヶ谷大蔵で降りてみました。
今日はもう決まり切ったように広豚麺へひたすら歩く。
なんか無性に喰いたくなってしまったからしょうがない。
前回はラフテーを頼んでちっと失敗したのを踏まえ、今日はレン草のみで堪能してみますよ。
む、家系として来たのは良かったんですが、やはりここは独自を行っているというか、チー油は入ってて濃厚なんだけど、ちと甘みがありますな。
ちょっとこいつがん〜、、てな具合でちょっとアレでありました。
体調ベストで臨めばもうちっと高いんですが、今の自分の胃はこってり系はノーマル家系しか受け入れられなくなっちまっているのかもしれませんです、へぃ。

65点

東京都世田谷区祖師谷4-2-14
posted by teckl at 23:19 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 小田急小田原線

2005年06月25日

経堂 虎

image/ramen-diary-2005-07-04T03:00:14-1.jpg
小田急小田原線経堂駅南口徒歩3分 本町通り沿い
『経堂 虎』
虎みそラーメン ¥750

非常にぐったりとした帰り道。
英に行くも行列にうんざり、適当に南口にやってきました。
大牟田ラーメンのきららを通り過ぎるとこの店が待ち受けてるではないっすか。

さてどんなもんかと虎みそを頼んでみると、自家製濃厚コク味噌、野菜スープなどが溶け込んでおりくるまや系。
こいつはニンニクが間違いなく合うと思われるが、次の日のこともありとりあえず我慢。
スタミナ系のメニューがあって、てっきり単なるニンニク系かと思っていたが、大崎さんのところによるとスタミナとはどうも「野菜、カボチャ、レバーなどをピリ辛で炒めあんかけにして麺の上にかけたもの」らしい。ふーむ、勉強になります。
さて、麺の方は最近ご無沙汰気味の極太麺で、総じて美味いと言えますな。
味噌は川崎のこうやを薄くした感じで、味濃いめにすりゃよかったなぁ、と。

63点

東京都世田谷区経堂1-17-12
posted by teckl at 21:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(3) | edit | 小田急小田原線

2005年06月24日

祖師ヶ谷大蔵 よってこや

image/ramen-diary-2005-06-27T03:54:35-1.jpg
小田急小田原線祖師谷大蔵駅北口徒歩2分 祖師谷通り せい家手前
『祖師ヶ谷大蔵 門外不出の屋台らーめん よってこや』
ねぎラーメン 味濃いめ ¥800

広豚麺に行こうと向かうも、右側の路地に怪しげな看板を発見。
看板の字はわざと隠してるのかどうか、なんて書いてあるか読めなかったが、あらま、よってこやだったのね。
もろフランチャイズチェーンじゃあないすか・・。

京都醤油とんこつとはどんなもんかと蓋を開けてみると、あっさり醤油スープで豚骨弱め、なんともつかみどころの無い印象。そつはないけど、後を引くわけでは。
麺は細ストレートで、うーむー。
具は白ネギと青ネギ、こいつらもそこまでではないですが、チャーシューはとろけて素直にうまいですな。

しかし広豚麺のつもりできたわけで、やっぱ物足りないですなぁ
外の見本は麻布ラーメンっぽく見えたんだけどなー

51点

東京都世田谷区祖師谷1-9-8
posted by teckl at 00:17 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 小田急小田原線

2005年06月15日

梅ヶ丘 せい家 梅ヶ丘店

image/ramen-diary-2005-06-15T04:18:51-1.jpg
小田急小田原線梅ヶ丘駅南口徒歩1分 
『梅ヶ丘 せい家 梅ヶ丘店』
らーめん 濃いめ かため わかめ もやし ¥600

前回行列でいけなかった時のリベンジに。今日は空いてます。
昼間明太子で飯を食べ過ぎたので普通盛りにて。
ターンが悪くて、ちと来るのが遅かったため、麺が全然かためじゃないという展開。
スープですが、家系としては非常にあっさりしてて豚骨が弱いなーと思いました。確かにわかめ、もやしは入れてますが、トッピングのせいだけじゃあるまい。
他のせい家よりさらに醤油っぽいと言えばいいのか。
それと分かったことは、家系にモヤシはあんま合わないのぅ、と。
まぁでもこれで大桜より安いってんだから、これもアリやね、とか書きつつもう寝ます・・
あとは烏山店だー。行かなそー

64点

東京都世田谷区梅丘1-25-2
posted by teckl at 00:44 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 小田急小田原線

2005年05月20日

経堂 九州麺飯

image/ramen-diary-2005-05-23T04:32:21-1.jpg
小田急小田原線経堂駅南口徒歩8分 城山通り沿い 経堂大橋付近
『経堂 九州麺飯』
九州黒塩味玉ラーメン 替え玉半玉 ¥650

梅ヶ丘のせい家に向かうも、何故か10人ほどの行列。
速攻で各駅に戻り、経堂せい家へ。
しかしこちらも結構・・ってことで、も少し奥に行ってみるとこんな店がありました。

オープン間もないみたいだが、既に結構年季の入った印象の店内。
真ん中に丸い穴が開いた椅子がしみったれていて良い感じであります。

さてラーメンは、黒いマー油がかかった塩とんこつ。
くさみは無いこってり白湯スープで、まぁなんて言いますか、
九州一番とかそのへんのやつをちっと薄くして簡単にしたみたいな。
塩メインっていうよりは、豚骨にちょっと塩っぽさが感じられるくらいのお味。
赤の方は唐辛子がかかってる辛いやつらしい。
個人的にはもっとこってりさせて、もっとガッツリしてた方がいい気もするが、
今後に期待でしょうかね。
あ、値段は1杯500円に、半玉が50円と非常によろしかったです。
まぁ近くがせい家だからねー

57点

東京都世田谷区経堂5-29-19
posted by teckl at 00:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 小田急小田原線

2005年04月30日

祖師ヶ谷大蔵 せい家 祖師ヶ谷大蔵店

image/ramen-diary-2005-04-30T01:09:03-1.jpg
小田急小田原線祖師谷大蔵駅北口徒歩3分 祖師谷商店街左手
『祖師ヶ谷大蔵 せい家 祖師ヶ谷大蔵店』
わかめらーめん 中盛り 玉子 かため 濃いめ ¥700

ちょっと早く終わったのでこいつはどこか立ち寄らねば、といつもの展開。ただいつもと違うのは「早く」終わるの基準が最近違って来てるっちゅう事でしょーか。むぅ。。

さてこのらーめんですが、予想通りの鶏ガラ比率が若干高めのマイルドな家系で、毎度の事ながら安定した味をキープしております。
この値段なんで文句はまったくないですが、玉子が半熟とかもあったらいいかもーとか、特製の濃厚ギタギタ煮詰まり系らーめんとかがあればもうこいつはタジタジですよ。
とかなんとかどうでもいい事を書きなぐりながらも、世間は黄金週間なんだよなぁとか考えながら多摩川を渡っていたら、河川敷で若者達が酔っ払って発狂してるのが見えてちょっとだけ切なくなったりしてみたそんなある日。
まぁ、明日は明日と言うことで。

70点

東京都世田谷区祖師谷3-34-10
posted by teckl at 00:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 小田急小田原線

2005年04月07日

経堂 らあめん 英

image/ramen-diary-2005-04-08T03:03:59-1.jpg
小田急小田原線経堂駅北口徒歩5分 すずらん通り沿い
『経堂 らあめん 英』
らあめん ねぎ 煮たまご こってりかため 替え玉 ¥880

張り詰めた空気。狭さ、雰囲気ともに殺伐度はかなり高い。完全な男だけの世界。
誰一人として喋らず、淡々とスープをすする音のみの空間。水を取りに行くのすらためらわれる。
それなのに客は続々と訪れ、その辺のくたびれたラーメン屋とは違う格のようなものを思い知らされる。
この空気に圧倒され、手を震わせながら写真を一枚撮るのがせめてもの抵抗であった。

さてらーめんであるが、こちらは一転して落ち着いた大人の風格を漂わせており、非常に安定した純粋な豚骨らーめんであった。
豚骨特有の臭みの無い、長い時間をかけて乳化した濃厚な豚骨の出汁が口の中に溢れ出し、この混沌とした日常を忘れさせてくれる。
麺は芯が数ミリ残るこれぞまさに豚骨といったストレート麺で、まさに「このスープにあってこの麺」という当然の帰結と言えよう。
ていうか、こういうのはひどく疲れるのでもう寝るのが吉と言えよう。

62点

東京都世田谷区経堂2-8-7
posted by teckl at 21:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(6) | edit | 小田急小田原線

2005年02月16日

祖師ヶ谷大蔵 広豚麺

image/ramen-diary-2005-02-21T03:21:03-1.jpg
小田急小田原線祖師谷大蔵駅北口徒歩7分
『祖師ヶ谷大蔵 広豚麺』
広豚麺 かため 味濃いめ ラフテー 替玉(細麺) ¥950

昨日よりも一時間早く余裕があったため、各駅に出張を。
駅からせい家を横目にちょいと歩いて行く。
普通に家系(?)が2店もある通りって羨ましい・・
で、開けてみるとちょいと甘みの強いスープにデカいラフテーが入ってる。
つか、これは大きすぎってくらい。二郎の肉塊に比べたらかわいいもんですが。
スープのベースは家系としてはうまい方なんだけど、
らふてーが甘めなのでスープに溶け込んでしまっているのがちと残念。
替え玉で出てくる細麺も、家系としては非常に珍しいもんですが、
あの豚骨醤油スープにはやっぱりぶっといくらいの方がスープに絡んでいいかなと思ったり。
てかいろいろと文句付けてるけど、レベルは標準以上なので次はらふてーではなく普通のラーメンで行ってみたいと思われます。
まぁ結局残してるけど。普通に喰えないクセに頼みすぎっちゅう話ですな。オェ、もたれた

66点

東京都世田谷区祖師谷4丁目
posted by teckl at 22:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | edit | 小田急小田原線

2005年01月25日

経堂 らーめん せい家 経堂店

image/ramen-diary-2005-02-01T00:59:27-1.jpg
小田急小田原線経堂駅南口徒歩6分 農大通り沿い
『経堂 らーめん せい家 経堂店』
薬味ネギらーめん 中盛り 濃いめ かため ¥700

小雨降る中わざわざ降りる人が。経堂、正直初めての素人です。
ふらふらと農大通りを行くと結構使えそうな店がちらほら。てかそんな事はどうでも良くて、途中にせい家はあったわけです。
店内は学生とオッサンが半々。
店が混雑してきて客が後ろに立って店員に「お荷物よろしいですか?」と言われても微動だにしない剛の者がいて一瞬ひやり。

で、とりあえず目についた薬味ネギらーめんを頼んでしまったが、うーむ薬味ネギって良く考えると蕎麦屋とかで入れ放題だったりするじゃないすか。登戸の橘あたりで。

さて、家系のラーメンとしてはちょい煮詰まり度が足りない気もするが、
500円からというこの値段なら納得。
まぁこれで同業他社と変わらなかったらそりゃ通うわっちゅうもんで。

66点

東京都世田谷区経堂1丁目
posted by teckl at 23:23 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(2) | edit | 小田急小田原線