2011年06月06日

長野 いろはのい

DSC_0632.jpg
JR長野駅善光寺口徒歩3分
『長野 中華そば いろはのい』
ひらひらーめん 九条ねぎ すこし盛り 長切り ¥700

よし家の後、宿に荷物を置いてからせっかくなので旅打ち気分を味わいに街へ。
でまだあまり腹も減ってないですが貴重な長野の夜なので目に付いたラーメン屋へ飛び込んでみました。
昭和浪漫の中華そばがメインらしいですが、その他に昔かたぎの中華そば、天下分け目の中華そばなど多様な中華そばが楽しめるようで。
その中でも目を引いた、「日本初?包める麺」なる「ひらひらーめん」ってやつを検証してみることに。

むむ・・・これは・・。
なるほど確かにこれは極太麺とかの定義を超えちゃってますなw
ワンタンのようでワンタンでない、っていうかやっぱりどうみてもワンタン。
ぶっとすぎるのが笑えてきますが、スープの方はシンプルなあっさり鶏ガラ醤油。
胡椒が効いていて、トッピングで増量した九条ねぎも麺みたいに長く見た目も鮮やかっす。

麺の方はこの太さのため、非常に食いにくさはありますが、シンプルな醤油スープにネギってことでなかなか美味いかも。
予想通り胡椒が合うのでテーブルコショーとブラックペッパーを入れまくり、
味もしつこくないので飲んだ後でもさらりと食べ切ってしまいました。

醤油だけでこれだけの種類のラーメン屋も東京でもなかなか見たこと無いですが、
なかなかユニークなのでもっと広まって欲しいですねぇ。

75点

長野県長野市北石堂町1369-4
タグ:長野県 醤油 日記
posted by teckl at 03:51 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 長野県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。