2010年05月09日

飯田 上海楼

100501-202810.jpg
JR飯田線飯田駅徒歩10分
『飯田 中華そば 上海楼』
中華そば 並 ¥600

寒いながらも原付でさらっと飯田まで到着。
酒屋さんのご主人からここが飯田ラーメンの元祖でオススメですよという話を聞きつけ、ローメンが胃に思いっきり残ってる中ですがやってきました。

清潔で明るい感じの店内には醤油の香りが漂ってます。
ハーフがあるっぽかった中、見栄を張って並を頼んじゃったんですが、並々とたっぷりのスープが。

・・が、これは美味い・・・
王道の鶏ガラ醤油スープ。

飯田ラーメンがどんなのかは予習不足でしたが、これぞ中華そばって感じの、このスープにしてこの麺ありって感じですな。

ツルツル・モチモチのストレート麺が舌に絡みつき、ネギ・メンマ・チャーシューだけのシンプルな構成ですが、もうこれ以上何もいらない、隙のない旨さ。懐かしくも新しいあっさり醤油の完成系に近い感じですな。

見方によっては幸楽苑的な味という人もいるかもしれませんが、こちらはスープから麺から深みというか完成度が全然違うといいますか、
当然コショーもめちゃくちゃ合いますが、全然飽きが来ないので毎日でも食べられそうな感じ。

美味い、って期待していくよりは半信半疑で行ってみたらうまかった、的な美味さの発見がありました。
腹減ってなかったけど大盛りでも行けたわー的な。
これはまた飯田に来たら絶対来るしかないっす。

88点

長野県飯田市銀座3丁目1-1 ヴィスタパレス銀座
タグ:長野県 醤油 日記
posted by teckl at 15:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | edit | 長野県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。